らいおんさんからの贈り物

らいおんさんが
感じ・考え・行動してきたことがみなさんのお役に立つことを願って

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新商品ではなくてもいい、新しいと感じてもらえればいい

2010-05-19 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

本日も、ありがとうございます。

息子が、本棚から心理テストの本を見つけたらしく、
読んで、回答している。

それが、けっこう面白いらしく、
ここ数日、帰宅すると心理テストの本を手にしている。

心理テストで、自分自身が思ったこと、感じたこと
それが、どんなことなのかそのギャップが面白いらしいのと
自分自身を知っていくということが面白いらしい。

自分の新しい一面みたいなものが視えて、
自分自身を理解しようとしているのかもしれません。

もしかして、これも自立の一歩かなぁ。




さて、本日の贈り物について

昨日に続き、B級グルメ、ご当地グルメの話を少し、

B級グルメ、ご当地グルメ
その地方、地元で食べられている食材、料理法
栽培、生産されている食材を使った、
安くて旨くて地元の人に愛されている地域の名物料理ってことですが、

このB級グルメ、ご当地グルメって、
探せばまだまだあると思います。

そう思う理由は、
自分たちは日常的な感じで当たり前のように食べているけど、
他の地方からしたら日常的でない、当たり前ではないというのは、
けっこうあると思うからです。

例えば、マヨラーは、
なんにでもマヨネーズをかけて食べる。
マヨラーの人にとっては、日常的で当たり前。

でも、他の人にとったら、
「えっ、それにもマヨネーズかけるの? おいしいの?」と
思ってしまうことってけっこうある。


自分たちは日常的な感じで当たり前のように食べているもので、
他の地方からしたら日常的でない、当たり前ではないというのは、
自分たちではちょっと発見しづらいと思うのからこそ、
探せばまだまだB級グルメ、ご当地グルメはあると思います。


あなた自身が、日常的に当たり前のように食べている料理で、
他の人、地方では日常的でなく、当たり前でない料理って何かありますか?


もしかしたら、
そのあなたが日常的に当たり前のように食べている料理が、
B級グルメ、ご当地グルメになったりするかもしれませんよ。


つまり、
自分自身にとっては、日常的で当たり前のようであっても、
他の人、他の地方にとっては、
日常的でなく、当たり前でない = 新しいもの
と感じられるということ。

知らなかった人にとっては、初めて知る=新しい ということ。

こんな風に、
新商品ではなくてもいい、新しいと感じてもらえればいい
のではないだろうか。

例えば、
映画のリメイクも、
昔の映画を観たことがある人にとっては、知っている内容でも、
公開後に生まれた人にとっては、新しい映画だし、
また役者や俳優、監督が変わると映画全体の雰囲気も変化するので、
観たことある人にとっても、新しい印象となる。

復刻版として、生産中止になったものを復び生産して販売することも
以前のものを知っている人にとっては、新しくなくても、
以前のものを知らない人にとっては、新しいものとなる。

○○地方限定商品を、全国発売する。

限られた数量だけ販売されていたものを、
大量生産することで多くの人に販売できるようにする。

ある一部の人、マニアックな人だけに対して売られていた商品を
一般の人たち向けに広告宣伝して販売していく。

お店の中を改装、リニューアルして、オープンさせる。


こんな風に、自分自身、社会、世の中にとって、
全く新しい商品を開発、創り上げなくても、
「新しい」と感じてもらえればいい


まだまだ、身近なもので
自分自身、地域などにとっては、新しくないものでも、
他の人、他の地域、社会にとっては、新しものって、
まだまだたくさんあるように思う。

それが、
新しい商品、サービス、事業となっていく可能性は
十二分にあると思います。

あなたの身近ものを、他の人に新しいを感じてもらうには、
どうしたらいいと思いますか?

ちょっとした工夫で新しいと感じてもらうことはできると思いますので
思いついたら試してみてください。


それでは、バージョンアップして
今日も、明日もHappyになりますように。

↓贈り物の みどころ、成分解析へ ポチっとな↓
blogram投票ボタン

ちなみに、明日は、
どんなコラボレーションが生まれるだろうか
をお届けする予定です。
コメント