らいおんさんからの贈り物

らいおんさんが
感じ・考え・行動してきたことがみなさんのお役に立つことを願って

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

情熱 × 考え方 = 経験

2009-07-16 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

本日も、ありがとうございます。

ここ最近、この贈り物で何度も話題にしていますが、
息子が、「できない」「わからない」「嫌だ」と口にするのは、
本当は、
 「できない」 = できるようになりたい
 「わからない」 = 知りたい
 「嫌だ」 = こうなりたい という想いの裏返しになっている話。

息子は、
「できるようになりたい」「知りたい」「こうなりたい」という想いがあっても、
「できない」「わからない」「嫌だ」と考えて口にしてしまうので、
結局は、「できない」「わからない」「嫌だ」という経験になってしまう。

だからこそ、らいおんさんは、
「何がしたいのか?」「どうしたいのか?」と言い続け、
息子自身で、自分の本当の想いをよい、好ましい、豊かな経験として欲しい。




さて、本日の贈り物について

情熱とは何でしょうか?

 どんなものが好きか?
 どんなものに興味を持っているか?
 どんなことに感心を持っているか?
 どんなことに好奇心を示すか?
 どんなものに熱中しているか?
 どんなものに対する情報に敏感か?
 ずっと行っていても飽きないこと?
 やってみたいこと?
 一生追いかけ続けてみたい夢?
 すばらしいと思うこと?
 好きな人の為に何かを一生懸命に頑張ったこと?


「情熱」は、想い 気持ち 心 こころ の発熱、激しい高まり、
いわば、人間にとっての行動の推進力、原動力となることが多い。

だから、
学校の先生や学級委員の想いや情熱が原動力となり、
クラスが一つにまとまって、文化祭・体育祭に取り組む。

部活やスポーツで、コーチや部長の熱い想い、情熱が原動力となり、
チームのメンバーが一丸となって優勝を目指す。

上司や社長の仕事、お客様に対する想いや情熱が原動力となり、
社員が一丸となって、仕事に取り組み業績を上げていく。

なんてことがあったりする。

逆に、「情熱」がなければ、推進力、原動力がなくなるので、
自ずと動かなくなる、進まなくなる。

そんな、人間にとっての行動の推進力、原動力となる「情熱」。

では、「情熱」さえあれば、いいのかというとそういうわけでもないだろう。

「情熱」に何を混ぜるのか? 何を掛け合わせるのか?

混ぜ合わせ、掛け合わせたら、どんな化学反応をもたらすだろうか?


情熱は、想い 気持ち 心 こころ の発熱、激しい高まりであり、
人間にとっての行動の推進力、原動力。

その情熱に「好き」を混ぜ合わせ、掛け合わせたら???

 情熱 × 好き = 恋愛

その情熱に「嫌い」を混ぜ合わせ、掛け合わせたら???

 情熱 × 嫌い = 憎悪

その情熱に「ポジティブ」を混ぜ合わせ、掛け合わせたら???

 情熱 × ポジティブ = チャレンジ

その情熱に「ネガティブ」を混ぜ合わせ、掛け合わせたら???

 情熱 × ネガティブ = マンネリ


情熱に 好き、嫌い、ポジティブ、ネガティブを混ぜ合わせ、掛け合わせると
恋愛、憎悪、チャレンジ、マンネリ、という経験になる。

つまり、
 情熱 × 考え方 = 経験

あなたは、どんな経験を積みたいですか?

 その経験を積むためには、どんな情熱と経験を
  混ぜ合わせたら、掛け合わせたらいいでしょうか?


それでは、バージョンアップして
今日も、明日もHappyになりますように。

ちなみに、明日は、
考え方 × 経験 = 技術
をお届けする予定です。
コメント