感 謝 ☆ 観 劇 ♪

懸賞・観劇・カピバラさん・スヌーピー好きの私。観劇の記録等を簡単に綴っています。感想は個人的な気持ちですので、ご了承を。

ミュージカル スリルミー 7回目

2011年09月30日 | 新 納 さん出演
ミュージカル スリルミー 7回目
9/30 20時~ アトリエフォンテーヌ
出演:田代万里生 新納慎也
原作・音楽・脚本 STEPHEN DOLGINOFF
翻訳・訳詞 松田 直行
ピアノ伴奏 朴 勝哲
演出 栗山民也


今日はマイ千秋楽、客席には新納さんの前の共演者も先日の壁の穴も修復されていました。


久しぶりの公演なので、微妙な間のずれとかがありましたけど、今日も熱演でした。
新納さんが咳き込んじゃったり、声が裏返っちゃったり、襟首つかむところがすべっちゃったり
なんてことがありましたけど、二人の関係とか、空気感は伝わってきました。

今日は前方での観劇&マイラストでしたので新納さんメインで観劇
万里生さん、ごめんなさい

クールな目つきとか、最後のすがるような目つき、大好きだわぁ。

そうそう、来年3月再演が決定しましたね!
早速客席には速報のリーフが

大人チームのみですが、私に嬉しい再演!
銀河ではなく、こちらの劇場だということが嬉しいですね




コメント (2)

10月の観劇お出かけ予定!

2011年09月29日 | 気の向くままに(その他)
10月の観劇お出かけ予定です。
明日かけそうに無いので、とりあえずご報告!

10月はスリルミー千秋楽が外れちゃったので、新納さんには30日まで会えないのね

でも、楽しみなライブや観劇が待ってます!
どこかで会ったら、声をかけてくださいね。

オーデュポンの祈り
ロミオとジュリエット(千秋楽)
ア・カプリッチョ(ライブ)
アプローズ
サイドショウ
ババレスク
二宮優樹くんバースディライブ
泣き虫なまいき石川啄木
おこんさーと
SONGS FOR A NEW WORLD
眠れぬ雪獅子
ロックオブエイジズ
トライアングル 探しやジョニー山田(初日)

そうそう、BEST STAGEの「楽屋へようこそ!」新納慎也さんですよ。
ファンにはたまらない

コメント

ミュージカル スリルミー 松下 柿澤ペア

2011年09月28日 | ミュージカル
ミュージカル スリルミー (6回目)
9/26 20時~ アトリエフォンテーヌ
出演:松下洸平 柿澤 勇人
原作・音楽・脚本 STEPHEN DOLGINOFF
翻訳・訳詞 松田 直行
ピアノ伴奏 朴 勝哲
演出 栗山民也


6回目にして初 松下柿澤ペアでした。
客席は、新納さんたちに比べると男性が多く年齢層が高めな感じがしました。
若者チームなのに不思議な感じ、通なお客さん的な感じでしょうか。

どちらが、どうとはいえないのですが、やっぱり比較してしまいますよね。

どちらもチームも良いのですが、今回はさらっと違いと感想を。。。

こちらのペアのほうがやはり練習を積んだ感があるような気がしました。
柿澤さんは、良い意味でも悪い意味でも、教科書的な感じかなぁ。
きちんと言われた通りに演技している感じ、しかも余裕で合格点って感じなんです。

洸平くんは、凄く悩んで生み出した感じがしました。
まだ、悩み中なところもあったかなぁぁ。
でも、50代の私の演技は、万里生くんより落ち着いていて年齢を重ねた感じの演技ができていたように思います。
裁判中の男性の演技はすごく良かったです、こうへいくん。
最後の、二人の立場の変化のところでは、ちょっと柿澤さんに負けちゃっているかな。
万里生くんのほうが、優位にたったという優越感や達成感が目チカラや、姿勢態度から強く感じました

お二人とも若いのにあっぱれって感じ。

ふたチームの違いは、私が一番違うかなって思ったのは、空き巣に入り、逃げるところかな。
新納さんたちは、妙齢チームですが、2周一生懸命走り回りますが、こちらは1周のみ。
荷物をあけた時の、出てくるものもちょっと違っていて、新納さんは、最後にいとおしそうに指輪のようなものを見ますが、
柿澤さんは、その指輪のようなものは出ず、あっさりとした感じでした。

新納さんと柿澤さんでは、柿澤さんのほうが、感情が表に出ない秘めた感じ。
新納さんのほうが冷酷な中に、人間も出ているように思いました。
とくに、牢獄での取り乱し方や、空き巣や放火での嬉しそうな表情といった強弱がはっきりしているよう。
(ファンの贔屓目かしら

両チーム見れてよかったです

今日は、堀井で「さらしなそば」食べてから向かいました。
麻布十番は有名なお蕎麦屋さんが多いので、また別なお店にいってみたいな。


さらしなそばだけでは足りず、結局浪速家でたいやき1匹買ってしまいました。
今日は暖かいたいやき。やっぱり「あん」がおいしいですね。私はここのは皮よりあんかな



コメント

アサヒチューハイ 果実の瞬間「贅沢みかんテイスト」

2011年09月27日 | モラタメ


アサヒチューハイ 果実の瞬間「贅沢みかんテイスト」
モラタメさんのサイトでいただきまして、試してみました。

ホント、ポンジュースにお酒が入ったというのがぴったりな感じでした。

オレンジジュース好きというか、ポンジュース好きにはたまらないおいしさでした!


コメント

トリスハイボール ジンジャー缶/トリスハイボール缶

2011年09月27日 | モラタメ
トリスハイボール ジンジャー缶/トリスハイボール缶



モラタメさんのサイトでいただき試してみました。

ハイボールっておじさんの飲み物かと思っていましたが、
チューハイのような感じで、私でもOK

すっきりとさわやかな感じで、おいしくいただけました!
コメント

ミュージカル スリルミー 5回目

2011年09月27日 | 新 納 さん出演
ミュージカル スリルミー 5回目
9/26 20時~ アトリエフォンテーヌ
出演:田代万里生 新納慎也
原作・音楽・脚本 STEPHEN DOLGINOFF
翻訳・訳詞 松田 直行
ピアノ伴奏 朴 勝哲
演出 栗山民也


私の見られるのは、このペアは今日を含めてあと2回。今日もあの世界を堪能してきました。

今日は関係者の方とかもいらしていましたね。

何度も見ていくと、初めの頃聞き流していた台詞が、後につながる重要な言葉になることがわかったり、
いろいろ気がついたり、二人のチカラ関係や、その行動に出る前のふりの目の動きとか。

うまく伝えるのが難しいけど、そんなちょっとした表現で空気が変わっていくんですよね。

日本人の耳に残るフレーズというより、ちょっと暗めで単調(短調でもあると思う)な曲も
心に残る感じ。

今日は上手側の新納さんが、殺人後にバンって壁をたたくシーンで、その壁が手の形に抜けて落ちてしまうということもありましたが、今日もあの世界観健在でした。

ねた少なくてすみません。

今日は、開演前に浪花家cafeで、焼きそばと、たい焼きとドリンクを食べてきました。


cafeは19時までに入り19時半までとのこと、ギリギリでした。
焼きそば後に、たい焼きを食べたのですが、作りたてではなかったのが残念
あんこは、おいしかったわ。
アツアツのパリパリが食べたかったけど、閉店間際は無理なのかな?
焼きそばは500円 ドリンクとたい焼きで600円 CPは低いかも。
コメント

ミュージカル スリルミー 4回目

2011年09月25日 | 新 納 さん出演
ミュージカル スリルミー 4回目
9/24 20時~ アトリエフォンテーヌ
出演:田代万里生 新納慎也
原作・音楽・脚本 STEPHEN DOLGINOFF
翻訳・訳詞 松田 直行
ピアノ伴奏 朴 勝哲
演出 栗山民也


今日は最後列からの観劇、後方は前でのシーンは見えにくいけど、全体的に見られて二人が離れていても一緒に同じ視界に入ってくるんですね。後列は、前の人との間が凄くあいていて足伸ばせてゆったりシート。後ろに人がいないので、もしかして立ち見してもいいなら、したいかもって感じでした。しかも、二人の視線がくるような錯覚に何度も陥りました

劇場にはライフの山本芳樹さんと、元宝塚の方、この方ラカージュにもいらしていたような。。。(違ってたら悪いので名前は伏せておきます)
狭い劇場なので逃げ場ないから、関係者の方は大変ですよね

前回の前方とは違い、音なども前だと「ドキッ!」としますが、後方ですとそんなには感じないかな。

二人のキスシーンとか、そんなに刺激を受けずすんなりと受け入れられる感じかな。
後半の、万里生くんの勝ち誇った表情や、新納さんの狼狽した様子が、前ですと一人しか目線に入ってこないけど、二人一緒に対比できるように見えるので、後方は後方の楽しみ方がありますね

そうそう、あの音楽って、何か使われていない音ありますよね~。音楽の世界から遠ざかってしまいましたが、独特な曲はそうかな?と、思って。詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてくださいませ。

あと3公演のうち、楽を除く2回見てきます。
楽日の当日券に並ぼうかと思ったのですが、先日の台風の振り替えの方が優先でみられるとのことなので、当日券本当に少ないのかもしれないので、あきらめることにしました
(でも、体はあいているのですけど・・・チケットどっかに落ちてないかなぁぁ)
コメント (2)

五大輝一CONCERT ~愛・夢・笑~

2011年09月25日 | ライブ
五大輝一CONCERT ~愛・夢・笑~
9/24 14時半~ 和光市サンアゼリア 小ホール

出演:五大輝一
   谷内雪 林とう子 藤崎みどり 水野里香 わたりあずさ
   蝦名孝一 大塚庸介 他

バンド:ピアノ 宇賀村直佳 パーカッション 渡辺修身 チェロ 井上真那美

ゲスト:大塚庸介 原田優一


朝新宿で用事を済ませて、和光市へ。初めての場所で埼玉は遠いと思っていたら以外に近くてびっくり。
道を歩いている途中に、私の事を劇場で見かけているという方に声をかけていただき、会場まで一緒に歩いていったら思ったより近く感じました。一人で心細かったので、ありがたかったです。
入場の45分前くらいに着いたのに結構並んでましたね。

会場は、センターのステージ以外にも客席の真ん中にもステージがあり、近い位置でも楽しめるようにという五大さんの配慮かしら。
開演前の注意事項は、大和田美帆ちゃんの声でのアナウンス。ワンダフルタウンつながりですね

最初は、キラキラの帯を前で結んだ花魁姿のような着物で登場。
ダンサーさんたちも同じような姿でセンターで踊りを披露してくれました。

会場を大衆演劇のような感じで練り歩いて、周りのみんなと握手したり、おひねりを首にかけられたり、襟元に入れてもらったりと
近くを通ってくれました。汗いっぱいだけど、どんな人にも優しく対応していて人柄がでてましたね。

着物だけでなく、先日のロイヤルホストクラブで登場した衣装(マイフェアレディやラカージュのザザのピンクの衣装)
などや、小林幸子さんばりの、金の衣装、そして今回はなんと電飾にまでチャレンジ。
頭や胸の周りが輝いていました
五大さんが楽しみながら、私たちお客さんを楽しませてくれようというプロ根性が凄いですね。
なんせ、衣装も手作りで五大さんが作られたものだそうです。

わたりさんはじめ女性の方々の衣装の手作りだそうで、ギャザーがたっぷり入って綺麗に刺繍されてて買ったら高そうだわぁ。
布もふんだんに使われていて贅沢な感じ

そうそう、今回は体を張って魅せてくれていて、なんとパン一シーンまで登場。

2部では、ラカージュのありのままの私の歌にのせて、今までしていたカツラやマスカラ化粧を落として素顔に戻るという演出などもありました。

ゲストの大塚さんのダンス、原田くんは、黒人シンガーのような衣装で1曲披露。
この前の100年のI LOVE YOU で、柴田りえばりのおばちゃんで登場されていましたが、今回も負けていなくて、
ダイアナロスばりの髪、メイク、きらきらラメラメの衣装で登場されていました。
今度、ババレスクもご出演ですよね~。私もチケット取ってあるのでそちらも楽しみ!

わたりさんの歌、藤崎さんのダンスなどなど、他の出演者の方々もそれぞれに魅せてくれて見ごたえのある2時間のショーでした!

誘ってくださった、megumiさんに感謝です


コメント

プラネタリウム コズミックコリジョンズ

2011年09月24日 | イベント関係
プラネタリウム コズミックコリジョンズ
9/23 16時 コスモプラネタリウム渋谷


今日は学生時代の友人とプラネタリウムを見に行きました!
プラネタリウムは、かなり久しぶり。

前半はコズミックコリジョンズといって海外で作られた宇宙大衝突の様子や、その原因や、その時代のことなどを地球を中心に作られた内容。

映画のように終わった後に関係者のロールが、出て日本人の方の名前なんかもありました。
何億年も前をこういった星や惑星から推測するって、ロマンですねぇぇ。
映像も最近はカラーでかなりリアルで、ディズニーランドのアトラクションかと思うほどよくできていました。

後半は昔ながらのような、学芸員さんが今の星空の様子を教えてくれる内容。
こちらは、学生時代というか小学生の頃五島プラネタリウムへ行っていた時代のことを思い出しちゃいました。

観劇が最近続いているけど、こういうのも楽しいかもと思いました!

大人600円と割とリーズナブルなお値段で渋谷の近く。
いかがですか
コメント

ミュージカル スリルミー 3回目

2011年09月22日 | 新 納 さん出演
ミュージカル スリルミー 3回目
9/21 20時~ アトリエフォンテーヌ
出演:田代万里生 新納慎也
原作・音楽・脚本 STEPHEN DOLGINOFF
翻訳・訳詞 松田 直行
ピアノ伴奏 朴 勝哲
演出 栗山民也


今日は台風の中、なんとかたどり着き観劇!
一応出る前に、ホリプロチケットガイドへ電話してみたけど、開演しますとの案内でした。
電車止まっているものもあり、最初の予定していた電車ではたどり着けず(お客さんのところからの外出)
一番地下を潜っている大江戸線から入りました。

たぶん、いつもの職場からだったら行けなかったかもしれません。
早めに麻布十番についたので、友人と夕飯を食べ、その後観劇。
入り口は台風のためグッズ販売は地下でとのこと。
会場に入っても、まだたくさん席が空いていましたが、8~9割りは入っていましたでしょうか。
みんな頑張った

今日は前方だったので、新納さん中心で観劇しました。新納さんだけを見ていると、
私(田代くん)の声が、外から聞こえてくるような不思議な感覚。


ちょっとネタバレあります。





最初の彼優位の関係から、どんどんと関係が私があやつっていたという感じが
ひしひしと伝わってきました。
殺人の意味もばちっと入ってきて、なんだか本当にパズルが解けたような感じがしましたね。

前方だったからの贅沢?次回は後方なので、後ろから全体かな。

今日前だったのえ、田代くんが、彼の家にいき、彼が寝ているところを見るときに、体育すわりをするのですが、
そのときに、ひざがポキッって鳴る音まで聞こえて、なんだかリアル。
(国民の映画の舞台を見た方は、このツボわかってくれるかな?)
彼(新納さん)が、足でバンってやる壁はなんだかボコボコになっていました。
これも演技ゆえかなぁ

コメント (2)