だって見たいんだもん!

映画と共に生きてきた私。大好きな映画と芝居と絵画をメモします。

パターソンに住むパターソンの7日間

2017-07-14 21:12:59 | 映画
最近、ちょこちょこ(?)見かける俳優に、アダム・ドライバーがいます。本名は、アダム・ダグラス・ドライバー。1983年11月19日、カリフォルニア州…

サンディエゴ出身。クリント・イーストウッド監督「J・エドガー」(11)、スティーヴン・スピルバーグ監督「リンカーン」(12)、ノア・バームバック監督「フランシス・ハ」(12)

ジョエル・コーエン監督「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」(13)、ジョン・カラン監督「奇跡の2000マイル」(13)、ノア・バームバック監督…

「ヤング・アダルト・ニューヨーク」(14)、サヴェリオ・コスタンツォ監督「ハングリー・ハーツ」(14)、J・J・エイブラムス監督「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(15)

マーティン・スコセッシ監督「沈黙 サイレンス」(16)などに出演。ねっ、結構見ているでしょう?身長189cmで、「SW」の悪役カイロ・レンも大きかった…。

その彼の最新作は、ジム・ジャームッシュ監督「パターソン」(16)。ニュージャージー州パターソン。バス運転手のパターソン(アダム・ドライバー)。

彼の1日はいつも同じ。横に眠る妻ローラ(ゴルシフテ・ファラハニ)にキスし、仕事に出かけ、決まったルートを走り、フロントガラス越しに通りを眺め…

乗客の会話に耳を澄ます…。そんな乗務をこなす中、心に浮かんだ詩をノートに書きとめる…。帰宅すると、工夫を凝らした妻の食事を楽しみ…

愛犬のマーヴィンと夜の散歩へ。いつものバーに寄って、1杯だけ飲んで帰ります。そして妻の隣で眠りにつく…。映画は一見変わりない毎日を…

過ごすパターソンの7日間を描きます。大変な事件は起きませんが、そこがジャームッシュ監督らしさ。詩人役に永瀬正敏が共演。ドライバーの代表作になるかも。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人類の未来を賭けた実験とは? | トップ | トランスフォーマーもホント... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事