中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ

地域活性化を目指すプロフェッショナル人材をリンクさせイノベーションを目指す中小企業診断士、地域活性化伝道師です。 

半数の企業が人材不足である。。。

2017年11月28日 04時57分20秒 | 2017年版「中小企業白書」
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は2017年版「中小企業白書」459ページ「第2-3-52図 個人におけるシェアリングエコノミーを利用する上での課題」をみましたが、今日は466ページ「第2-4-1図 本章における人材の定義」をみます。

下図の通り白書は、中小企業が求める人材として、高い専門性や技能等を有し、事業活動の中枢を担う「中核人材」と、そうした中核人材の指揮を受けて、事業の運営に不可欠たる労働力を提供する「労働人材」の二つに区分して分析を行うとあります。

これを踏まえ、下図からそれぞれの人材区分の過不足状況を見ると、約半数もの中小企業が不足感を抱えていることが分かります。

現場に行っても人材不足は当たり前で、この状況は克服できないと考える傾向にありますが、白書はどのように人材不足を考えているのでしょか。明日から見ていきます!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シェアリングエコノミーの効... | トップ | 製造業では過半数が不足を感... »
最近の画像もっと見る

2017年版「中小企業白書」」カテゴリの最新記事