中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ

地域活性化を目指すプロフェッショナル人材をリンクさせイノベーションを目指す中小企業診断士、地域活性化伝道師です。 

独立系フリーランス向け!「フリーランス、利益はいくらにすべきか??」_#7

2019年10月22日 08時48分33秒 | フリーランス診断士

おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション ”フリーランス診断士”の長岡 力(ながおかつとむ)です。
今日も『独立系フリーランスが苦手とする”お金”をテーマとするブログ』を読んでいただき、ありがとうございます。


このブログは、我々フリーランスが個人と事業の両面において不安を抱えている”お金”をテーマに、
中小企業診断士・FP技能士として私自らが人柱になり、知り得た情報を不定期で発信していきます。

 ・株式会社や合同会社等の法人を設立した小規模企業経営者の方
 ・会社や組織等から仕事を受けている個人事業主の方
 ・定年退職者や主婦等でお仕事をされている方
 ・これから独立を考えている方

等々、自身の専門知識やスキルを提供して対価を得る”独立系フリーランス”を読者として想定しています。

【過去の投稿】
 第1回:「独立系フリーランスが苦手とする”お金”をテーマとするブログを始めます!
 第2回:「お金に関する10の質問」
 第3回:「フリーランスの現状について知る!」
 第4回:「フリーランスの年収はいくらなのか??」 
 第5回:「フリーランスは給料を貰えるのか??」 
 第6回:「報酬の源泉は売上高と利益である!!」 
 


前回は、『報酬の源泉』について書きましたが、フリーランスの報酬についてもう少し突っ込んでいきましょう。

フリーランスの課題は第4回で見た通り、収入が不安定であることです。。。
私も同じです。今年の売上高を100とすると、来年が100である補償は全くありません。
得意先の方針や担当者の異動等により、取引が100から0になる可能性は十分にありますし、
実際に前年度に取引があった顧客と今年度は全く取引していない。。。ということは、毎年の当たり前です。

売上というのは昨日今日の営業で得られるものではありません。
これまでの積み重ねが今日の売上になるのであって、今日の営業の花が咲くのはしばらく後のことです。

このような不安定な状況だからこそ、フリーランスは、できれば売上高を一定に保ちたい・・・ところですが、
残念ながらどんなにジタバタあがいても、その通りにならないのが売上高です。

そのためにフリーランスが取るべき手段は、売上高が500万円であっても、1000万円であっても、3000万円であっても、
一定の利益を捻出する経営体制を構築しておくことです。

では、一定の利益を捻出するためにはどうしたら良いか??

そのためにはフリーランスは会社と個人の経費を徹底的に把握しておき、自社を取り巻く経営環境が悪化し、売上高が低下したら、経費を削減して一定の黒字を出す体制を構築しておく。

これが一日でも長くフリーランスであり続ける秘訣だと思っています。

では、一定とはどこなのでしょうか??ここで参考になるのが資本金です。弊社の資本金は300万円です。特段の理由はなかったのですが、会社を立ち上げるときに、手持ち資金で準備できる額がこの額だったので、この額としています。

ROEという言葉があります。自己資本利益率(Return On Equity)のことで、資本金に対する当期純利益の割合です。
お客様の決算書を見ていると、ROEが90%の年もあれば、大幅な赤字になったりと、まさにジェットコースター経営である決算書を多くみます。
確かにこういう不確定要素があるのですが、できるだけ、利益率が一定となるようにコントロールすることがフリーランス経営には重要です。

それまで、年度末にいくらの利益にすべきなのか?いくらの利益が妥当なのか?毎年悩んでいたのですが、ROEで決めることにしました。

2018年に東証一部に上場している企業の平均ROEは9.8%です。ですので、私は資本金300万円であれば30万円の利益を目処にすれば良いと考えました。

これが利益をコントロールすることです!

そのためにはどうしたら良いのでしょうか??次回、見ていきましょう!!


フリーランスは自分の売上高が下がると、”自分の市場価値の低下”、”自分の努力不足”、”自己責任”と考えてしまいがちです。本文にもあった通り、私を含め多くのフリーランスが不安定な中にあります。気にしながらも気にしすぎない楽観的な姿勢を持つことも大事です。このような中、10月から消費税が上がりましたが、皆さんの報酬は増税されていますか?税込みのまま同額になっていませんか?・・・私もフリーランスの一人として、お金に対して様々な悩みを持っています。会計は中小企業診断士として、家計はファイナンシャルプランナーとして、この解を探ることが私に課せられたテーマと考えています。このブログを通じてお金に関して不安や疑問を抱える「独立系フリーランス」の皆様と情報交換をする場にしたいと思っています。 



新宿にあるラグビーグッズショップは多くの外国人で賑わっていましたが、昨日の日本ラグビーはとても残念でしたね~!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

最後までご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
是非、応援クリックをお願い致します!お待ちしております!!
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ  
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 
この先どうやって進めて良いか分からない・・・
事業維持・拡大・縮小、事業承継、等々・・・こんな悩みを抱える小さな会社の経営者を応援します。
今後の進め方を整理しながら、今後に向けた事業戦略の構築をお手伝いします! 是非、当社へお気軽にご相談ください。
 
売上が上がらない時代には・・・

消費税が増税しても売上高は上がるものではありません!このような時代には事業と個人のお金の使い道を見直しましょう。
中小企業診断士として「事業支出」を分析しながら、FP技能士として「家計のムダ」を整理します。
是非、当社へお気軽にご相談ください。

申請書はプロに任せましょう!
経営者の仕事は経営戦略を考えることです。持続化補助金、ものづくり補助金等における申請書の方向性を考える時間は重要ですが、書く作業はムダな時間です。
短時間のヒアリングで申請書を完成させます。是非、当社にご用命ください。

たまには違う専門家を呼びませんか!
持続化補助金、ものづくり補助金、経営力向上計画等の経営計画策定を開催する商工会・商工会議所の経営指導員の皆様。
専門家派遣・セミナー講師等々、是非、当社へお気軽にご相談ください。

採択される「持続化補助金」の書き方について
持続化補助金の書き方を、全11回でまとめてみました。是非、参考にしてみてください!


この記事についてブログを書く
« 専門家・支援機関に相談しな... | トップ | どのような経営資源を引き継... »
最近の画像もっと見る