中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ

地域活性化を目指すプロフェッショナル人材をリンクさせイノベーションを目指す中小企業診断士、地域活性化伝道師です。 

できるだけ取引のある方に引き継いでいく。。。

2019年08月09日 04時44分29秒 | 2019年版中小企業白書
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は2019年版「中小企業白書」115ページ「第2-1-33図 再就職・独立を希望する従業員について」を読みましたが、今日は116ページ「第2-1-35図 販売先・顧客の引継ぎについて」を見ます。

下図から経営者の引退決断時点における継続的な取引のある販売先・顧客の有無とその引継ぎの有無を見ると、約6割の廃業企業が、継続的に取引のある販売先・顧客を有しており、そのうち、65.6%が他者に引き継いでいることが分かります。

また引継ぎを実施した販売先・顧客について、どのような先に引き継いだかを見ると、従業員の引継ぎと同様、同業種への引継ぎが中心となっていることが分かります。

廃業するからといってすべてを終わらせるのではなく、引き継いでくれる企業を見つけることも経営者の最後の役割ということなのでしょうね。。。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

この記事についてブログを書く
« 残った従業員の再就職・独立... | トップ | 販売先・顧客の引継ぎをしな... »
最近の画像もっと見る

2019年版中小企業白書」カテゴリの最新記事