中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ

地域活性化を目指すプロフェッショナル人材をリンクさせイノベーションを目指す中小企業診断士、地域活性化伝道師です。 

【特別編】採択される「持続化補助金」の書き方について(5/11)

2019年08月15日 05時06分36秒 | 2019特別編_小規模事業者持続化補助金事業について
おはようございます!株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は、申請書に記載すべき8つの項目の中のまず一番目である「1.企業概要」について書きました。今日は二番目の「2.顧客ニーズと市場の動向」です。

この項目が仮説と必然性を結びつける重要な項目であるため、
私は8つの項目の中でこれが最も難しく時間がかかると思っています。

まず、以下の文章を読んでください。

この文章からは安価な有料駐車場が欲しい理由を感じたので、何を購入したいのかを申請書に確認すると、駐車場の看板を整備したいとあります。

であれば、本来はここには看板が欲しい理由を書くべきです。しかし、その理由が記載されていないので、話が流れなくなってしまうのです。

では、どのように考えるべきでしょうか?

経営戦略を学ぶとSWOT分析という手法がでてきます。内部環境を「強み (Strengths)」と「弱み (Weaknesses)」に、外部環境を「機会 (Opportunities)」と「脅威 (Threats)」 に分類していく手法ですが、「2.顧客のニーズと市場の動向」で求められる記載は、この中の「機会 (Opportunities)」と「脅威 (Threats)」です。補助金が欲しい理由を立地の背景等から間接的に記載する必要があります。

例えば、次のような文章はいかがでしょうか。



ガソリンスタンドを取り巻く経営環境は、自動車離れを筆頭に脅威が多いと言われていますが、その中でも、行楽の足はやはり「車」であるということを、あえて言いたいがために、このグラフを掲載しています。

さらに、市場の動向では、ガソリンスタンドは、今、廃業が増加しているが、東日本大震災でも見た通り、ガソリンスタンドはライフラインであることをグラフから伝えようとしています。

このように「2.顧客ニーズと市場の動向」では、仮説を設定し必然性を高めるために、都合の良い「機会 (Opportunities)」と「脅威 (Threats)」に関するグラフをネット等から情報収集し、グラフを中心に文書を展開していきます。

手順としては、申請書を書く前に、以下の内容をコピペしておき、この赤字の部分に沿った内容を書いていくと、ぶれない申請書が書けると思います。


今日のポイント
-------------------------------------------
 ・ここは補助金で導入したい機械や設備等の間接的な理由を書く項目である
 ・必然性が強くなる情報とグラフをネットから探し出そう!!
-------------------------------------------
~つづく~

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
最後までご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
是非、応援クリックをお願い致します!お待ちしております!!
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ  
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

申請書はプロに任せましょう!
経営者の仕事は経営戦略を考えるです。申請書の方向性を考える時間は重要ですが、書く作業はムダな時間です。
短時間のヒアリングで申請書を完成させます。是非、当社にご用命ください。

たまには違う専門家を呼びませんか!
持続化補助金、ものづくり補助金、経営力向上計画等の経営計画策定を開催する商工会・商工会議所の経営指導員の皆様。
専門家派遣・セミナー講師等々、是非、当社へお気軽にご相談ください。

この先どうやって進めて良いか分からない・・・
事業維持・拡大・縮小、事業承継、等々・・・こんな悩みを抱える小さな会社の経営者を応援します。
今後の進め方を整理しながら、今後に向けた事業戦略の構築をお手伝いします! 是非、当社へお気軽にご相談ください。

売上が上がらない時代には・・・
消費税が増税しても売上高は上がるものではありません!このような時代には事業と個人のお金の使い道を見直しましょう。
中小企業診断士として「事業支出」を分析しながら、FP技能士として「家計のムダ」を整理します。
是非、当社へお気軽にご相談ください。