お平に

日本の歳時記・暦・四季・日々の暮らしの
忘備録です。
足を崩してどうぞ楽にお座りになって
ご覧下さい。

令和2年7月16日・日めくり

2020-07-16 06:41:00 | 日めくり

令和2年
7月
16
[木]



今日、
China「GDP」(4~6月期)
  〃「鉱工業生産」
(6月)
  〃「小売売上高」
(6月)
  〃「都市部固定資産投資」
(1~6月) 
欧州 「新車販売」
(6月)発表



干支庚申   (かのえさる 、こうしん)
九星四緑木星   (しろくもくせい)
旧暦令和2/5/26
六曜赤口
(しゃっく、じゃっく、しゃっこう、
じゃっこう、せきぐち)
十二直除   (のぞく)
二十八宿奎   (けい、和名:とかきぼし)


  「庚申」(かのえさる・こうしん)の日
この夜、人体内にいる「三尸」(さんし)の虫が
眠っている身体からこっそりと抜け出し、
天上の帝釈天の所へ行き、その人の60日間の行状を報告。
(庚申の日は帝釈天の縁日になります)
帝釈天は、 悪事・悪心の報告を受けると、その人の寿命を減らしていきます。それを妨ぐため、宴席などを設けて夜を明かしました(庚申待ち)。

「三尸」(さんし)は、
上尸を「彭倨」(ほうこ)、中尸を「彭質」(ほうしつ)、下尸を「彭矯」(ほうきょう)と呼び、この「三彭」は小児や馬の姿に似ていて、
それぞれ頭部、腹中、下肢にあって害をなすとされています。


選日
吉日神吉日、大明日
[凶日]八専
[他]庚申、初伏


  「初伏 」
「初伏」「中伏」「末伏」を合わせて「三伏」と言います。
凶日とされています。


令和2年 新月・満月カレンダー
前回山羊座満月(7/5)
今日の月齢24.9
次回蟹座新月(7/21)


季節
二十四節気小暑 (しょうしょ)
暑さも本格的になる時期。
暑さがどんどん強くなっていくという意味があり、この頃から暑さが本格的になってきますが、梅雨の終わる頃で、集中豪雨が多く発生する時季でもあります。
この日から暑中見舞いを出し始めます。
(正式には大暑から)
七十二候蓮始開
(はすはじめてひらく)
蓮の花が咲き始める頃。
優美で清らかな蓮は、天上の花に例えられています。


この記事についてブログを書く
« お中元 | トップ | 「7月16日」という日 »
最新の画像もっと見る

日めくり」カテゴリの最新記事