お平に

日本の歳時記・暦・四季・日々の暮らしの
忘備録です。
足を崩してどうぞ楽にお座りになって
ご覧下さい。

令和2年7月13日・日めくり

2020-07-13 05:58:58 | 日めくり

令和2年
7月
13
[月]




今夜から明日にかけて激しい雨に警戒
   
 
 


干支丁巳   (ひのとみ 、ていし)
九星七赤金星   (しちせききんせい)
旧暦令和2/5/23
六曜先負
(せんぷ、せんぶ、せんまけ、さきまけ)
十二直開   (ひらく)
二十八宿危   (き、和名:うみやめぼし)


 「巳(み)の日とは」
 芸術や財運を司る弁財天(べんざいてん)という神様に
 縁のある日のことです。
 巳(み)の日に弁財天の遣いである白蛇(巳:へび)に
 願い事をすれば、その願いが弁財天に届けられると
 言われており、 金運・財運にまつわる縁起のいい
 吉日のひとつとされています。


選日
吉日母倉日
[凶日]八専、凶会日
[他]重日


令和2年 新月・満月カレンダー
前回山羊座満月(7/5)
今日の月齢21.9
次回蟹座新月(7/21)


季節
二十四節気 小暑 (しょうしょ)
暑さも本格的になる時期。
暑さがどんどん強くなっていくという意味があり、この頃から暑さが本格的になってきますが、梅雨の終わる頃で、集中豪雨が多く発生する時季でもあります。
この日から暑中見舞いを出し始めます。
(正式には大暑から)
七十二候 蓮始開
(はすはじめてひらく)
蓮の花が咲き始める頃。
優美で清らかな蓮は、天上の花に例えられています。



この記事についてブログを書く
« 七十二候「蓮始開(はすはじ... | トップ | 「7月13日」という日 »
最新の画像もっと見る

日めくり」カテゴリの最新記事