横須賀Life

横須賀大好き、少しでも伝えられたら嬉しいな

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「涙そうそう」は見る?見ない?

2006-09-29 22:15:01 | novel&cinema
 小説って読み出すと止まらない、
  
   先日友人から、
     「涙そうそう」を借りた。


  映画あっての小説だったので、
    役のイメージが浮かべ易くて、
      サクサク読んでしまいました。



   ほとんど部屋で読んでいたのですが、
      最後の方は喫茶店で読もうと決めていたので、
        少し読まないで残してたんですよ。



    でもそんな休みに限って、
      手が空かなくて、
        動き始めたのは夜の7時過ぎ、

     行きたいところはあったんだけど、
       喫茶コーナーは7時半まで、

   ケーキだけ買って持ち帰ることにしました。 
     


  

     大好きなリュン・ダルジャンの
        モンブランを一つ持ち帰り。





   部屋まで帰るのもなんなので、
      車の中で読むことに。

  


   基本的にいつでも珈琲を自分で淹れて持ち歩いているので、
     車内でケーキと一緒にちょっとした至福の時間。


   
   
  「涙そうそう」、歌の歌詞や、
    CMで内容がかなり予想出来たため、
      淡々と読んでしまったのですが、
        分かっていてても、
         最後の方は少し涙が出そうだったかな?




   映画はどうしよっかな?

     小説通りの映画化っぽいから、
       DVDを待つか悩むところ。


  でもCMの妻夫木君の涙にやられ気味なんだよな~
    (実際はたいしたシーンではないんだけどね)

    「オレンジデイズ」が好きになって以来、
       妻夫木君の出る作品は気になるところです。
      


ジャンル:
ウェブログ
コメント (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっとですが、ベイクォー... | トップ | たまにはこんなスタイルで »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なんか素敵な感じが。。 (itownpagestaff)
2006-09-29 22:44:43
「涙そうそう」も気になったのですが、珈琲を淹れて持ち歩いている、モンブラン、車の中での読書、そんな柊さんの行動がとても気になりました。素敵な時間を過ごされているなー、と思いました。
itownpagestaffさんへ ()
2006-09-29 22:59:10
いえいえ、ただのアホですから。



ただ、いつでも珈琲を持ち歩くのは、

(休みの日だけです)

無駄なお金を遣わないためと、

ちょっとしたところの珈琲ぐらいなら、

自分で淹れた珈琲の方が美味い、

と思ってるので、

(少なくとも缶コーヒーやインスタントには

  勝っているはず。)

ついつい持ち歩いてしまいます。



つまみ食いの好きな自分には、

珈琲がいつでもあるのは好都合なんです。
Unknown (バチオ)
2006-09-29 23:08:01
「涙そうそう」今日のTV番みてしまいました

こっちの方は3姉妹の物語 

いや~全快で入り込みました 是非見ていなかったら

DVD借りてでもお勧めですよ 

戦争はどんな理由でもしてはいけない

ホント思います

 ラブ&ピースのバチオでした。
わかります (カプリ)
2006-09-29 23:08:34
「最後を読むのは喫茶店で」というの、すごくわかります。私も本が好きでよく読むんですが、小説の最後を読み終えて、感慨に浸りながらコーヒーを飲む。小説の感動が自分だけのもので、周りの人にはわからないんだなぁ・・・っていう、なんとなく優越感みたいな。

『涙そうそう』読んでみようかな。
小説 喫茶店 珈琲 車 (みつたけ)
2006-09-29 23:35:24
柊さん、こんばんは^^

ワードがそのまま小説になってしまうくらい、ぴったりですね^^

確かに余韻に浸るには自分の空間が必要かもしれないですね。

自分も最近本を読む機会が増えてきましたが、今のところ通勤の車内で良しとする感じです。
自分は・・・。 (シティ-ハンタ-)
2006-09-30 00:05:59
正直悩んでます。

横須賀に沖縄のショップを通ると、涙そうそうのポスタ-があるのです。

う~ん…。悩む



とりあえずは、自分は、「天使の卵」を借りたので、そっちから読んでいこうと思います
ずれたコメントですいません (あお空)
2006-09-30 00:49:51
 わたしも、コーヒーを淹れて持ち歩いている、というところに感心してしまいました。見習いたいです。確かに、缶コーヒーを買うよりずっといいはずです。



 「涙そうそう」はドラマ、映画、小説いずれも知りませんが、歌は好きです。森山良子の「さとうきび畑」もいいですね。
Unknown (Y.K)
2006-09-30 10:48:58
「涙そうそう」夏川りみさんのCD持っています。DVD化されたんですね。

歌詞の感じでどんな物語か分ります。



「リュン・ダルジャン」割と近くです^^;

モンブラン苦手なんですが、

柊さんが美味しいとの事なら一度味わってみようかなぁ~。



珈琲、持ち歩いているるんですか。

ペットボトルじゃなくてちゃんとした

ボトルに入れているんでしょうね。

柊さんのばやい。



私はたまぁ~に、空いたペットボトルに入れていますが。。。(風情無いなぁ~
バチオへ ()
2006-09-30 21:50:26
テレビの特番でも

「涙そうそう」やってたよね、

俺も見ました。

三姉妹の話も良かったんですが、

(以前も見たけどまた見てしまいました。)

先にやっていたショートストーリーの方が、

俺にはグッときたかな、

結構涙目になってたよ。
カプリさんへ ()
2006-09-30 22:15:07
喫茶店で本を読むのが好きなんですよ、

月に何回も行くわけではないので、

たまに行くその時間が、

自分にとっての至福の時。



「涙そうそう」

展開は分かりやすいですが、

妻夫木君を思い浮かべて読むと、

気持ちが入ってぐいぐい読めました。

(妻夫木君好きだからかも)

コメントを投稿

novel&cinema」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事