横須賀Life

横須賀大好き、少しでも伝えられたら嬉しいな

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

普通学級への障害児参加について考えてみる

2006-10-30 21:48:26 | ひとりごと
 
先日、喉に障害を持ち、
1時間に1回タンの吸引をしなければいけない、
女児の入園を拒否していた東大和市に対して、
東京地裁が入園を命じる決定を出しましたね。


鈴花ちゃん、いい顔してました、
ほんとうに良かった。


障害の度合いにもよりますが、
選択肢が広がったという事は、
評価出来るのではないかと思います。





鈴花ちゃんの件とは少し違いますが、
障害を持つお子さんを、
やはり普通学級に入れたいと思う親御さんは多い、


そこで今回は、
「普通学級への障害児参加について」考えてみたいと思います。



特殊学級や養護学校は専門に作られているだけあり、
スタッフも数人に一人付いてくれたり、
学ぶ事も特化しているので、
その子の能力を引き出せることが出来ると思います。


施設としてよく出来たところですが、
やはり親としては、普通に行けるのであれば、
行かせてあげたいと思うのが心情でしょう。


兄弟や近所の子が通っていたり、
多くの人の中で生活させたいと思ったり、
普通学級に通わせたい理由はそれぞれ。
(と言っても小学校は試験や検査にパスしないと、
 普通学級には入れてもらえないシステムになっていたと思うので、
 思うように行かないのが現状ですが)




普通学級でも、
クラスのみんなや教師などがが周りをサポートしていけば、
いい方向に向かっていくと思う。

特殊学級や養護学校なら、
そこでしか学ばない知識と、そこでしか得られない仲間も出来ると思う。
(もちろん普通学級でしか得られない知識や仲間もありますよね)




正直自分にはどちらに進んだほうが未来が開けるのかは分かりません。




みなさんはどう思いますか?









追記:先日鈴花ちゃんのニュースを見てから、
   このネタを書こうと思っていたのですが、
   少し重い内容だったので、
   なかなか文章を書くことが出来ず、
   更新が出来ずにいました。

   文章をまとめる能力が低くって、
   書いていた文章も結局上手くまとめられず、
   追記で補足する形でアップです。


   自分、親類に障害児がいます、
   お陰で障害児の知り合いも数人、
   普通学級には通っていません。
   

    
   最近横須賀市の中学の先生と話す機会があり、
   障害児を普通学級に入れたいと希望する方が多いという話を聞きました。
   
   そこで自分が言いたい事は一つ、
   特殊学級や養護学校もわるくないですよ、
   その子の力を伸ばせる可能性は十分にありますし、
   将来に繋がる学習を色々学べます。


  
   障害児をお持ちの親御さん、
   普通学級だけじゃないですよ、
   視野を広げて、色々調べてみてくださいね。
   



ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 近づくと可愛く感じる | トップ | 昨夜世界は姿を変えた(はず?) »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (クニ)
2006-10-30 22:41:58
重厚な内容に記した柊さんに拍手したいですね。

鈴花ちゃんの話は本当に良かったと思いました。

ただ、医療関連に従事するものとして、あの吸引は非常に困難であり、故障する事も多い器具であることを理解してほしい。鈴花ちゃんの努力で一人でできるようになったとの事ですがなかなか出来ることではありません。

学校と言う名の重身障者の病院に出入りしていますが、そこの子供たちに比べると鈴花ちゃんは元気であり、活発であり、前向きであることに救われます。あれだけ元気であれば普通学級に進める事が望ましいと思います。

でも、重ねて書きますが、吸引というの呼吸器科に於いては酸素吸入よりも重要性の高い物で、看護士を配置することは困難とまでは言いませんが、トラブルの対処はなかなか素人には出来ないということは家族や関係者など本当に納得の上で通ってもらいたいですね。私もまとめられなくてすみません。
クニさんへ ()
2006-10-30 23:16:18
こんな重めの話題にコメントありがとうございます。

鈴花ちゃん、努力もあったと思いますが、

テレビで見る限り、彼女なら普通学級で大丈夫そうかなと思います。

あれぐらいの子だと、

やはり特殊学級や養護学校ではつまらないかもしれませんね。



でも吸引もやはり医療行為、

入園させるからは、市側がしっかりと対処してもらいたい、

こうやって少しづつ、

改善していくといいですね。
私も (tomosuke)
2006-10-31 15:49:35
テレビで見ました。良かった反面、やはり医療行為にあたる吸引に不安も・・・・。入園先できちんとやってもらえるのかどうか気になります。
確かに親御さんの普通学級に入れたい気持ちは分かりますが、それが本当に子供にとっていい事なのか難しいですね。養護学校の子供達も元気ないい笑顔見せてくれますもん。子供にとっては普通でも養護でも「友達と一緒に学べる」って事が重要なのかもしれません。
私の考えは楽観的すぎですけどね
難しい問題ですね。 (TETSU)
2006-11-01 00:27:22
実を言いますと私の姉も身体障害者です。
当初小学校は普通に通いましたが、いじめなどの問題や授業の進行速度に関する問題もあり、養護学校へ転校しました。
新しい学校では同じ障害を持つ人との交流や、能力に合わせた教育が受けられ、できる力を伸ばす、できない事を練習するという充実した時間を持てたと思っています。
人と同じことができない、という劣等感のようなものを引きずって一般の学校へ通うよりは、気分的にもよかったのではないかと思います。
ただ、できることならば、健常者と同じ授業を受け、友達も作って、普通に通わせたかったと思うのは、今でも変わりありません。
障害の重さと、受け入れる側のサポート体制など考慮すべきことは多く、一概に言えることではない気がします。
その決定やよし! (あお空)
2006-11-01 01:48:25
 本当に難しい問題だと思います。

 でも東京地裁の決定は良かったと思います。柊さんが言われるように、選択肢が広がったということに意義があります。

 みなさん書いているように、なんでもかんでも普通学級がいいのかといえば、そうではないでしょう。
 ただ、本人と家族がなんらかの意見を持っており、かつそれが妥当である場合、それを尊重して態勢を整える努力をすることを受け入れ側に求めるという決定は、とても前向きであると思います。

 これがはじまり。これからも家族、行政、教育機関、地域などが連携して女の子を見守っていってあげてほしいと思います。
みなさんへ ()
2006-11-01 20:38:10
tomosukeさん、TETSUさん、あお空さん、
難しい記事にコメントありがとうございます。

はっきりした答えはない、難しい問題ですよね、

鈴花ちゃんのニュース見ていてふと、
このブログを作ろうとしたのですが、
結構書いていくと、
自分でもこれは書き過ぎかな?
と思い、何度もやり直していたら、
いまいちはっきりしない文章になってしまいました。
こんな文章にほんと、コメントありがとうございます。


正直なところ、自分は中~重度の障害を持つ子で、
普通学級に入れた親御さんの話を聞いたことはないので、
なんとも言えないのですが、

養護学校に子供を行かせている親御さんと話していても、
養護学校のわるいところを聞いた事がありません、
やはり先生方も、
慣れてるといいますか、
普通なら大変なことでも、当たり前に過ごしてくれる、
もちろんどこでもそうあって欲しいのですけどね。


そんなわけで、自分には養護学校、特殊学級に悪いイメージはありません。


親御さんが普通学級にというのも分かるのですが、
広く見て欲しいと思ったのです。





今回の判決、
いい意味で一歩踏み出したのだと思ってます。

今街にはバリアフリーの考えで、
段差のない設計が増えてきてますよね?

この考え方が、
学校でも必要になってくるのでは?

心のバリアフリーなのだと思います。



もちろん症状も人それぞれ違うので、
養護学校などは必要ですが、
普通学級に設備をいくら整えても、
色々問題は発生してくると思います。

先生も、生徒達も当たり前に接してくれる、
それが一番なのではないでしょうか?

最近のいじめの問題もそう、
どんなに豊かになっていっても、
心に伝わっていかなきゃダメなんだ、

ずっと続いていく問題だからこそ、
ちゃんと考えていきたいですね。


心のバリアフリー (カプリ)
2006-11-02 18:19:24
「心のバリアフリー」って良い言葉ですね。本当にそのとおりだと思います。
私の親類にも障害児(自閉症)がいます。その子(今はもう成人していますが)も養護学校に通っていました。親がいろいろな学校を見て決めたそうです。柊さんが言うように、可能性を伸ばすために。
普通学級で得られるもの、養護学校で得られるものいろいろあると思います。自分の子供が障害児だったら・・・なかなか難しい問題ですよね。
難しい問題 (よこすかよいとこ)
2006-11-03 00:55:46
初めてコメントいたします。
私は小学校の授業のお手伝いをしていたことがあります。
普通学級でしたが、特殊学級の児童が朝の会や時折授業にも
参加していました。もちろん1人ではムリなので、介助員と
いう方が一緒について参加します。
私がいた学校では特に大きな問題もなく、むしろ普通級に
一緒にいることで、他の児童には思いやる気持ちが育ったり、
障害について考えたり…と、とてもいい感じでした。
市町村によって対応がまちまちなので、一概にどうだとは
言えません。本当に難しい問題ですよね…
よこすかよいとこさんへ ()
2006-11-03 22:32:01
コメントありがとうございます。
TETSUさんや、友達のブログでよくコメント拝見してますよ。

難しい問題ですよね、
どれが正しいとは言い切れない問題ですが、
周りを支えているみんなの気持ちが大切なんでしょうね。
カプリさんへ ()
2006-11-03 22:35:11
自分もよく置き換えて考える事があります、
もし自分に子供がいて、
障害児だったら、自分ならどうする?
考えても考えても、
きっと答えは出てこない気がします。

どっちにも行きたい、
と思えるぐらいに、
いい環境が整ってくれるといいんですけどね。

コメントを投稿

ひとりごと」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

いろんな色 (Be capricious)
11月1日(水) 青空と夕焼けが目の前に広がっている。青からオレンジへ向かってすこしづつ変化していく空の色。いろんな色が空の色を作っている。 人間も然り。私達が生きているこの世界にも、いろんな人がいる。 最近久々にドラマを見ている。フジテレ ...