ことのはの咲く頃

 シンプルに生きる。







  



飾りっけのなさ。

2016年10月17日 | pickup

さっき書いた記事の中で「飾りっけのなさ」

この言葉がひっかかり。

飾りっけのない人、好きですね。いいなって思うわけですが

自分は、どこかに出かけるならおしゃれをしたいと思う。

と言うより、それはひとつの楽しみのようでありながら、習慣化されているもの。

実際のところ清潔感だけかも、大事と思うのは。

化粧っけもなく(口紅ひとつ塗らず)さりげなく

ジーンズにTシャツ、スニーカーでいいじゃないか。

 

組み合わせを考えたり

そんなことに(着る服だとかに)、こだわらずに、もっと大事なことがあるだろうとふと心によぎることがある。

いつだったか、姉が「お洒落は趣味だから」と言っていて、なるほどと思った。

ありのままが良いなと思う

ありのままの自然体、自分は自分で何者でもない。

逃げも隠れもしないという感じ。

お洒落をしていれば、褒められることもあり、「素敵な靴ね」とか。

ふわっと喜んでみたり

でも、本当は、そんなことで喜びたいわけじゃない

それは、ほんとにそう

それでもお洒落の魅力、綺麗なものに憧れる。

他にもっと大事なことがあることを知っていて、真剣に取り組むものも持っている。

そうしながら、お洒落も、そこそこ楽しみたい。

でもいずれは、自然体で

ジーンズにポロシャツ、化粧っ気もなくつやつやしている。

そうして、輝いている

と・・・・・理想です

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やさしい紅茶。 | TOP | その一言は。 »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | pickup