路地裏で逢いましょう。  

 
*** lily of the alley ***

 月は瞳の奥に
 太陽は心の奥に
 本能は身体の奥に

なぜ猫を愛するのか。

2019-07-11 | 猫じいさんとりりちゃんと路地裏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 わたしの猫じいさんは。

先輩の熟女猫達に連れられて、

昨年6月に旅立ちました。

漢らしい、

安らかで天晴な最期でした。

 

 

猫じいさんの夢を。

わたしはずっと見ませんでした。 

でもたまに気配を感じることがありました。

それはなんでもないときに。

お日さまのようないい匂いがして。

わたしは笑いながら泣きました。

 

 

一年が過ぎました。

やっと猫じいさんの夢をみました。 

ただただやわらかい。

あかるく淡い印象だけが残る。

とてもやさしい夢でした。

 

 

それでわたしは。

わたしの猫じいさんが。

ほんとうに旅立ったのだなと思いました。

 

 

そばにいてくれてありがとう。

夢に出てこられなかったのは、

きっとわたしのすぐそばにいたからね。

そんな風に思いました。

おじいさんなのに心配をかけてしまいました。

 

 

あいしてる。

あいしてる。

ずっとあいしてる。

 

  

こんどあえるときまで。

わたしこっちでがんばるから。

だからちゃんとむかえにきてね。

やくそくね。

ぜったいのぜったい。

 

 

あいしてる。

あいしてる。

ほんとうにあいしてる。

 

 

 

 

 

 

 

先週買ったドルチェヴィータさんは。

今朝もいい香りがしました。

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 今夜はワンプレートごはん。 | トップ | 上海帰りの炒麺。 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (-o-chan)
2019-07-11 19:37:44
ほんとに、、
なぜ猫を愛するのでしょう?

自分の場合は
人に媚びずに人と同じ目線で
主張を通す生き方に惚れているのかもしれません。
猫は飼われてるなんて思ったことがない、、
人を同等に思っているのかもしれませんね!
Unknown (lilyalley)
2019-07-12 06:43:53
@-o-chan さま。

おはようございます。
コメントありがとうございます。

媚びないこと。
精神が自由なこと。
いろいろ勉強になりますよね。

いつだったか。
猫のように生きたいと言ったら、
もう、そんな感じじゃないかと言われました。

そんな風に見えるのかしら、ヘンねー。
と思いました(笑)。
1年が過ぎて (チェロ)
2019-07-13 23:21:56
こんばんは。

そんな風には見えなくても、
たぶん、そういうこと、なのだろうと思います。
ようやく1年が過ぎてしまって、
美し過ぎるドルチェヴィータさんは、

危険な雰囲気、満載です。

チェロはん。 (猫又。)
2019-07-14 08:25:44

おはようございます。

そんな風に見えなくても、
そんな風なのでしょうか…?
全然そんなことないのにねー。

路地裏はこう見えてもチェロさまより従順。
ただ、なかみが夜叉なだけ。
あと、しっぽの先がわかれてる。

たったそれだけなんだけどな。
へんなのー。
変でした (チェロ)
2019-07-14 08:42:29
おはようございます。

雷様と雨のせいで、
昨日は、私、変でした
ごめんなさい。
心と言葉の、変換機能が、
長雨の湿気で、
故障していたのです。

修理、只今完了です。
Unknown (lilyalley)
2019-07-14 11:40:33
書生さん。

こんにちは。
気にすることなんかないわ。
路地裏、生まれてまだたったの23年だけど。
変じゃない人なんか見たことないわ。
はっきり言うけれど、
自分以外の人間はみんな変なのよ(笑)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。