いまから ここから

趣味のこと・家族のこと・ワンコのこと、
日々の生活を思いつくままに綴っていきたいと思います。

義妹宅を訪問

2018年06月27日 | 身内

  

  地震があった翌日(19日)に主人のすぐ下の妹Kちゃんの家へ行って来ました

 

 2カ月前に約束していて、やっと会う約束の日が来たのに前日は大阪に震度6弱の地震

 私は地震直後なので取り止めようかとKちゃんに打診かけたところ

 「折角だから来てよ」と言ってくれたのです。

 

 義妹も一人暮らしなのでお土産と昼食のお弁当を買って義妹宅訪問

 我が家には、主人が存命中にKちゃんは、ちょくちょく来てくれていたけれど

 私が訪問するのは10数年ぶりのことです。

 

 義妹は写真を写すのが大嫌いと分かっているけれど、私はもし機会があったらと思って一応カメラ持参

 壁には私がパッチワークを習いだして間がない頃の作品”ユリの花”の作品が飾られていました。

 20年は経っているのに作品を飾ってくれているのが嬉しかったです

 それでもカメラを出さずにいたところ義妹がやはり私がプレゼントしたバックを出してきました。

 私は、やっと思い切って滅多にKちゃん家に来ないので写真写していいかな?と尋ねてから

 ずっと大事に持っていてくれているのが嬉しくて写真におさめる事が出来ました

     

 

 義妹は私より3歳上なので話の内容は今の年齢になって感じる高齢者ならではの話が多かったです。

義理の姉妹になって50年近くお互い歳は取ったけれど長い歳月を経て今では

本当の姉妹の様に話せているのを有難く思いました

昼になったので手土産のお弁当を二人で食べている途中に

主人の話になると私は涙が出てきたのです

私を見て「兄ちゃんは幸せだったね」とKちゃんは言ってくれました。

 

パッチワークは写真写したものの後は一切写真無しです。

 

 色んな話をしている時に写真嫌いのKちゃんが役所に提出する証明写真が早急に必要だと話し出しました。

義妹が急に「〇〇さん、申し訳ないけれど証明写真用を写してくれるかな?」の言葉にビックリです

私は勿論OKの返事をしてKちゃんを写そうとカメラを構えていたのですが

あれほど写真が嫌いでいた義妹が私と向きあっている姿を想像して可笑しくって 可笑しくって

笑いが止まらなかったです。 

 Kちゃんを数枚写して、この際とばかりに二人の写真も撮らせて貰うねと話し自動で撮りました。

  

そうこうしている内に時間は瞬く間に過ぎて私が帰ろうとした時に義妹が駅まで

送ってくれるとのことで上着を1枚はおりました。

綺麗な色でKちゃんに良く似合っていました

義妹から又「この服装で写真写して貰えない!」との言葉です

私は写真嫌いのKちゃんから再度の写真依頼に可笑しくて笑い転げてしまいました

義妹も同じように笑っていました。

ついでに又二人で記念写真です。

     

デジカメの写真確認をKちゃんに見て貰い写真を送る約束をして帰ろうとした時に

Kちゃんの近くに住んでいる主人の末妹のMちゃんが来ました。

MちゃんはKちゃんに頼まれて私への土産に完熟のトマトを買いにお友達の車で

奈良まで行っていてくれたらしいのです

 

Mちゃんとは玄関口で少しの時間、話してしている時に主人の話がMちゃんからも出ました。

Mちゃんの話の時も私は涙が出たのです。 今でも主人の話がでると涙が出るのですね。

その私を見てMちゃんは驚いていたのです

KちゃんはMちゃんに「〇〇さん兄ちゃんの話になると、さっきも泣いていたのよ」と

私は「長年、夫婦でいたものだから涙がでるのよね」と話しました。

写真の話も出たのでMちゃんを撮ろうと思ったらスッピンだからとのことで止めです。

 

同じ大阪内でも滅多に会うことが出来ずですが地震直後でどうかと思ったけれど

義妹に会いに来て良かったと思いました。

末妹のMちゃんは連れ合いの食事の用意があると帰られた後、私は駅までKちゃんに送って貰いました

  

義妹に貰ったトマトとキュウリを家に帰る途中、娘の所に寄り半分を娘にあげてきました。

お土産に貰ったトマトとキュウリ、娘と半分づづした分です。

  

KちゃんとMちゃんの二人して「完熟のトマトを朝取りなので、ほんまに美味しいねんで」と

言っていた通り美味しかったです。 有難うね

 

 

後日に証明書用の写真を4,5(縦)X3,5(横)に切り残りの写真も一緒に送らせて貰ったら

喜んでお礼の電話をくれました。

 

 


恐怖の地震が・・・

2018年06月19日 | 日記

 

 昨日の朝、私が住んでいる大阪に震度6弱の地震です。

 ガタッ!ガタッ!と大きな揺れを感じたので急いでテレビを付けました。

 テレビで7:58の表示と共に大阪で地震のニュースが全面に流れ出しました。

 私はソファに座っていたまま揺れている最中に周囲を見渡していました。

 目の前のテレビが大きく揺れていて倒れそうという具合です。

 少し物が倒れている感じで我が家は1階なのでか被害は殆ど無し状態でした。

 

 地震があって間もなくあっち、こっちから電話やメールです。

 姪っ子や甥っ子までが一人暮らしの私を気にしてとメールをくれました。

 そして自治会関係の人が次々と訪ねて来てくれました。

 独居老人ということで皆さんが気にかけてくれているようです。

 

 娘や息子や嫁からも頻繁に電話やメールです。

 娘の話では家の中はグチャグチャで片づけが大変という事。

 Kくんが学校へ行く寸前に地震があったので良かったわと。

 もしエレベーターに乗っていたら・・・エレベーターが途中で動かなくなったりと考えるとと。

 婿が通勤最中に電車が止まり歩いて会社まで行ったらしいとのこと。

 今朝は何も聞いていないけれど、たぶん婿は昨日の帰宅は大変だったと思います。

 

 息子に姉(娘)のとこの部屋がグチャグチャみたいと写メールを見た私が伝えたところ

 息子から「俺の部屋もグチャグチャや」と写メールが送られて来ました。

 本当に娘のとこも息子のとこも大変だったようです。

 私の住まいのマンションでも上の階の人は被害があったようです。

 

  ウォーキング仲間の人から「余震があるかも知れないので暫くウォーキング中止しましょう」と

 昨夜に連絡のメールがありました。

 

 ブロ友さんからもお見舞いのメールをいただいています。

 有難うございました。

 ブロ友さんへ近況をと思いブログを急いで書いているつい今、地震がありました。

 7:52です。  

 

 こんな状態で私は被害がないのですが今回の地震で痛ましい辛いニュースが伝わっています。

 被害を受けられた方々にお見舞い申し上げます。

  これ以上、被害がないように祈ります。

 

 

 

 

 


錦帯橋観光へ      ⑥

2018年06月15日 | 旅行

 

      (5月28日)

  湯田温泉駅で錦帯橋観光へ行くため新岩国方面行きの電車待ち        新岩国方面行きの電車が来たので乗車すると間もなくSくんネンネ                                       

     

  新岩国駅に着いたら丁度いい感じにSくんお目覚め

 タクシーに乗って目的地の錦帯橋の所まで行って貰いました。

   

 

 錦帯橋に着きました。  錦帯橋観光の始まりです。 (まずはパンフレットで錦帯橋を案内です)

 奇跡の名橋ともいわれる江戸時代から変わらない伝統の架橋工法

 

 橋の全長193,3m     アーチ部分の最高点は床から約13mもあるとのことです。

 

 

 いよいよ錦帯橋を渡ります。                   Sくん母子は、早くも上の方に上がっています。

    

 記念写真を写して貰いました      私は始めのうち錦帯橋を渡るのは怖かったです      錦帯橋の往路を渡りきりました。

   

 錦帯橋の往路を渡り切った目の前は吉香公園です。

   

 重要文化財の目加田家を通り抜けて

     

 岩国城ロープウェーのゴンドラに乗りました。     眺望が良くてゴンドラの中から錦帯橋写したらバッチリです

      

 ゴンドラで山頂駅に着くと広場の中央に時を告げるときだけ中の人形が動き、岩国にゆかりのある

 音楽が流れる「からくり時計」の塔がありました。       幼児用の滑り台が、あったのでSくん喜んで何回も滑っていました。

     

           山頂から見た眼下

  

 ゴンドラの降りる時間になったので下山して復路になる錦帯橋を渡りました。

 帰りは錦帯橋を渡るのが2度目なのでか怖くなかったです

 息子がSくんを抱っこして渡っていました。

  

  錦帯橋を渡り切ってお目当ての食事のお店に。 お嫁ちゃんが下調べし捜してくれたお店です。

                              窓際の席に座ることが出来、ゴンドラの中から写した錦帯橋とは違って、これも又グーです

     

 大人3人が頼んだ食事 Sくんはこの中から好きな物を。  

   

 評判のお店だけに、とても美味しかったです    ラッキーにも窓際の席だったのでいい景色も見れて満足 満足

   

 食後は錦帯橋の下の川辺で遊びました。

 ここでは石がゴロゴロ。  Sくんは石を積んで喜んでいます

           

 息子達親子と錦帯橋、バァさんは こんな光景大好き          4人でも自動シャッターで。

   

 パンフレットに錦帯橋を世界遺産に!というのを目にしました。

 今回、錦帯橋を観光したことで本当に実現してほしいものと思います

 

 たっぷり遊んで息子達と私との旅も終盤近くなりました。

 

  タクシーに乗って新岩国へ  

 ここから息子達が行く宮島は近いのですが私が広島から帰るので息子達は

 わざわざ私を送るため広島まで行ってくれました。

 Sくん、ずっとご機嫌でおばあちゃんは本当に楽しい旅行できたよ。 

                                新幹線に乗った私を息子家族が送ってくれています

   

  本当に素晴らしい「母の日」のプレゼントをしてくれました

 

 息子が帰宅した頃にお礼のメールを入れたら

「期待以上の満足感やったな。今回は〇〇さん(私のこと)が元気に、いてくれてるから

行けた旅行でしたわ。 又 行きましょう」と嬉しいメールです。

私は「楽しい充実した二日間やったわ。ほんまにそうやね。母も思うわ。元気でこそ楽しめるんやね。

二人の心遣い本当に感謝してるんよ」と返信しました。

 

一泊二日の旅行でしたが、ブログを数回に別けてUPしたのは、どれも大満足だったのです

この旅行を企画、プレゼントしてくれた息子夫婦に感謝

ずっとお利口でおばあちゃんを和ましてくれたSくんに感謝

最後までお読みくださった皆様に感謝です 有難うございました

 

         

 


湯田温泉の「松田屋ホテル」で宿泊     ⑤

2018年06月12日 | 旅行

 

 (5月27日)

 SL「やまぐち」号を湯田温泉駅で下車して直ぐタクシーに乗り、この日に宿泊する「松田屋ホテル」へ

 湯田温泉での行動は、息子夫婦は「松田屋ホテル」で宿泊したいが第一目的だったようです。

「松田屋ホテル」は創業以来300余年らしく明治維新の志士たちが集い語り合った場所として知られているとのことです 

 

ホテルに到着後、客室係の人がお部屋に案内してくれて「おもてなしです」と言われ抹茶を出してくれました。

抹茶で「おもてなし」は初めてで心配りが凄く嬉しかったです

こちらのホテルはお客が到着時より客室係の人は、お1人の方が専任でお世話してくれるとのことでした。  

                                                                       木の電話機は初めてだわ                         

   

 ホテルに着いて少し休憩した後にお風呂に入りました。

 気持ちが爽やかになって予約していた時間に楽しみの夕食です

 食事は嬉しいお部屋食。 

 美味しそうなお料理が食べ終わる頃に、次のお料理がお膳の上に置かれる気遣いが有り難いと思いました。

 4人で乾~杯

   

    

       

 美味しいお料理に息子と私はビールの飲む量が進みます     Sくんは親からプレゼントのトレインに大喜び

   

 飲んで食べてお腹パンパンになって、後は寝るだけ

お嫁ちゃんと私の意見が一致して一つの部屋に4つのお布団を敷いて貰いました。

息子とSくん、なんてことでしょう    二人がそれぞれスマホをいじっています

  

 息子夫婦の話ではバアサンとSくん早々に寝たらしいです

 

 (5月28日)

 翌朝、全員機嫌よくお目覚め。

 「松田屋ホテル」は廻遊式日本庭園が素晴らしいという事で朝食前に庭園を散策しました。

     

            立派に育っている松田屋のアカマツ                         全員揃ってSくん得意の指サインをしています

     

 こちらの庭園の池にも錦鯉がいっぱいです    1人づつ、鯉の餌を貰って鯉に餌をあげました。

鯉は大きな口を開けてパクリと喜んで食べていました。

     

 見応えのある庭園で庭の中には鳥居もありました。

     

  広い庭園で親子三代、朝の長閑な時間に、たっぷりお庭を堪能しました

     

   朝食もお部屋食が嬉しいわ                    朝から満足な食事です。

   

  午前10時にチェックアウト      向へに来て貰ったタクシーの方に待っていただきホテルで写真を写して貰いました

       

 ずっと私達のことをお世話下さった客室係の女の人が私達を見送ってくれています。

 タクシーの中からお礼の気持ちを込めて写させて貰いました。

 お世話様でした。有難うございました

 

 湯田温泉駅に到着。    前日に気がついていなかった大きな白狐のモニュメント、ゆう太くん。

湯田温泉のマスコットキャラクターとのことでした。

   

 湯田温泉での「松田屋ホテル」が大満足で素敵なホテルだったのが本当に良かったです

 

 次回は錦帯橋観光に続きます。     つづく・・・


SL「やまぐち」号で、ラッキーなことが・・・♪ (復路編)  ④

2018年06月09日 | 旅行

 

 (5月27日)

 SL「やまぐち」号の復路の出発時間が15時45分なので余裕をもって

 津和野散策を終えて「津和野駅」に着きました

 SL「やまぐち」号の復路で私達は湯田温泉まで行きます

 津和野から湯田温泉には約1時間半で到着とのこと。

 

 息子はSくんをモデルにシャッターを押していました。     息子たち家族を。

    

 SL「やまぐち」号に乗車して少しして車窓を見ると往路の時と同じようにSLの走る時間を見計らって

沿道にはカメラを構える人や手を振る人たちが沢山見えました

 

 風情のある景色も魅力だし、大勢の人たちとの一期一会の出会いが感じられSLの旅の楽しさが倍増です

 

 SL「やまぐち」号の車両の中で息子夫婦が選んだ車両は往路、復路とも3号車です。

 

 

 上のパンフレットには3号車には座席のほかにフリースペースを設け実際の山口線の映像で

 SL運転を体験できるシミュレーター『機関士体験、走れSL「やまぐち」号』や

 投炭ゲーム『走れSL缶焚き(かまたき)ゲーム』

 SLの仕組みや歴史を紹介するパネル展示などSLフアンからお子様連れまで学びながら楽しんでいただける

 コーナーが設置されています。

  運転シミュレーター、投炭ゲームは車内抽選、当選された方のみがご利用となります。

 ご了承ください。と書かれていました。

 往路の時は残念ながら当たらなかったです

 

 1時間ぐらい走った頃に抽選です。

 なっ!何とSL復路で3組しか当たらないのに息子家族が当選しました

 息子達が当たったのは機関士体験の方です。

 お嫁ちゃんが「お母さん、当たりましたよ。」声を弾ませて喜んでいました

 

  早速、体験コーナーへ

 Sくん、両手にハンドル握り張り切っています                お父さんに抱っこして貰い父子二人が機関士です。  

   

  息子も女の人の指導に従って親子で機関士体験、素晴らしい旅の思い出ができました

   

    SLのパネル展示

 

 楽しい機関士体験して間もなく「湯田温泉」に到着です。

 

下車した後、Sくんも息子もSLに名残惜しんでいました。

    

当初 SL「やまぐち」号のブログUPは往路だけのつもりでしたが幸運にも

機関士体験が当たったので、復路もUPすることにしました

 

    記念スタンプを押して。                         湯田温泉で下車する時に乗車券をいただきました

                                           記念に貰いました。

   

 SL「やまぐち」号に乗れて本当に良かったわ

 

 次回は湯田温泉「松田屋ホテル」宿泊へ   つづく・・・