いまから ここから

趣味のこと・家族のこと・ワンコのこと、
日々の生活を思いつくままに綴っていきたいと思います。

二人の友

2015年03月27日 | 友人

 今回は私のブログに何度か登場している私の大切な、お友達お二方との

それぞれ久々のデート模様を記したいと思います

今は偶然にも友達二人も私も小さい孫がいて良く似た環境で、とても忙しくしています。

と 言う訳でお互いの時間調整がつかず電話での交流こそ頻繁にあるものの

会うことは中々実現出来なかったのです

 

一人目は結婚して最初に出来た結婚生活同様45年の付き合いになる

7歳年下のお友達でMさんとのデートの話しを

Mさんとは年に2,3回の日帰り観光が恒例になっていたのに最近はお互いが忙しく

会うことすら、ままならなくなりました。

「それでは何時まで経っても会えないから会えると思える日を強引に決めては・・・」と

昨年末に彼女が提案、Good  ideaだわ

 

お互いの都合がいけそうな日を昨年末時点で2ヵ月後の2月13日と決めていたのが実現しました。

二人の家から中間地点にある30分もあればいける距離での再会。

予約していたお店“がんこ寿司”で待ち合わせしランチコースを注文です

会うのは1年半振り、まずは「お久し振り」とお茶で乾杯をしました

 ランチと言っても幾種類もの小鉢・サラダ・天ぷら・お造りにおまけに

デザートと珈琲まで付いていてお腹が満腹になりました。

“がんこ寿司”でコーヒーも飲んだけれど、最初の予定通り雰囲気がお気に入りで

ゆっくりできるお店“英国屋”に続けてお茶しに行きました。

会えば心許せる友とのデートは、とっても楽しい時間を過ごすことが出来ました

  

少し前にデザート食べているのに、ここでも好きなチーズケーキを注文

美味しかったぁ

電話とは違って会うことの良さは話が次々と出てきて止まることがありません。

近所友達だった人が今では、かけがえのない友の一人になっています

お互いがこうした近距離で会う事にすれば、もっと会う回数が増えるので

出来る限り二人の時間を作ろうと結論に達し別れました

楽しい時間を有難うね 

 

                                                 

 

Mさんとのデートで気を良くした私は親友(今で言うママ友)Fさんにも

前もって会う日を決めようと話を持ちかけました。

Fさんも私より6歳年下と私の友人は学生時代の友達・OL時代の友達以外

殆どが年下の人が多いのです

お互いが都合いいと思われる日を1月の時点で3月12日と決まりました

Fさんとは家が近いのでお茶ぐらいはしていますが、少し遠出は久し振りです。

 

奈良県内にある「梅の花」へFさんが昼食を予約していてくれたので彼女の運転で直行

主人の許可を得て家を出た途端、二人はルンルンです

Fさんとも、30年位の付き合いになります。

子供を通して友達になったことや家も近いこともあって家族ぐるみの付き合いと言う事で

Mさんとも分け隔てない友人ですが一応親友と称しています。

                           感じのいい個室に通されました

  

 Fさんはノンアルコールのビール、私は普通のビールで乾杯 

 桜の季節限定のコースを注文

 山盛りのお料理にお腹パンパンです。 どれも美味しかったわ

美味しそうに食べてられるFさん

Fさんはボランティアを20年以上も続けていらっしゃいます。

子供さんは4人、孫さんが5人の内3人が小さい孫ちゃんなので毎日大忙しの彼女。

彼女のスケジュール張はぎっしり詰まっています。

そんな中、二人での時間を作ってくれて有難う

一ヶ月違いで二人の親しき友とのデートは私にとって至福の時でした

何時も友情に感謝しています

 

 

 

 

 


  サファイア婚 ☆

2015年03月18日 | 祝い事

私が22歳の時に主人と出会い、縁あって28歳の時(昭和45年2月22日)に結婚。

長すぎた春(?)にピリオド。  当時としては遅い年齢の結婚でした

それから月日が流れて価値観の全く違う私達夫婦がどうにか持ちこたえ

今年は45周年の結婚記念日を迎えることが出来ました

 

結婚も遅く子供が授かるのも遅く孫が授かるのも遅かったのですが

有り難いことに子供も授かり孫も授かりました

子供達からは事ある毎に祝って貰っています。

 

結婚40周年の時は平成22年2月22日と珍しく2並びの日

その時も子供達からお祝をして貰いました。

結婚40周年はルビー婚とお祝い袋に書かれていたので知りました

 

子供達が14日(先週末)に45周年の結婚記念日の祝いを実家で

開催してくれるとの事と電話が娘からありました

娘とKくんは、Kくんが幼稚園に行きだしたら連泊出来ないからと11日からお泊りです。

婿は接待ゴルフの後に我が家に来る事に

息子夫婦は父方(主人)の祖父母のお墓参りを済ませて実家にと

それぞれバラバラに集合でした。

今回のイベントの為の料理、飲み物とも娘夫婦、息子夫婦が親に内緒で何もかも

準備してくれていたのです

 

全員揃ったところで今回のメインイベント

私達親夫婦の結婚45周年を祝う会の始まりです

     まずは乾杯

息子が娘に指をさしたので乾杯の音頭は娘がしてくれました。

「お父さん、お母さん結婚45周年おめでとう。 乾~杯」の言葉で

全員がビールやお茶やジュースを持ちカチッカチッとあてっこです

Kくん、この乾杯が大好きなので大喜び

乾杯の後は我が家名物、全員集合写真です

手の指にご注目、結婚45周年と言う事で誰が言い出したか全員が右手で左手は

乾杯して間もなく子供達からお祝い金を貰いました

 

「お父さん、お母さん、好きなことに使って」と和紙の風合いがステキな祝い袋には

サファイア婚・御祝と書かれていました。

有りがたくいただくね。  二組の子供達のサラリーからのプレゼントに申し訳なくて

結婚40周年の時に祝袋でルビー婚と知ったように

結婚45周年はサファイア婚と言う事を初めて知りました

このお祝いにはお嫁ちゃんのお腹にいるベビーちゃんも参加してくれてるいると

娘が言っていました

 

 私達とKくんとワンコ

娘家族 

 息子夫婦

今回は特別なお祝いと言う事で“今しか飲めない限定醸造”のビールまで準備

子供達の計らいでした

本当に し・あ・わ・せ だなぁ と思わず言葉が出るくらい幸せを満喫

美味しく食べて楽しく飲んで、家族揃って賑やかに和やかに食事タイムを過ごしました。

 

 食事をして少し時間が経った時に今度はケーキが出てきました

ケーキはお嫁ちゃんが選んでくれたとのこと

               

私達とKくんとでローソクに息を吹きかけて消しました。 そしてケーキカットです。 

  

ケーキとっても美味しかったです 

 娘家族が祝袋を手配、息子夫婦がケーキを手配と二組の子供達が

サファイア婚を祝ってくれました

気がつけば時計は午後9時半

妊婦のお嫁ちゃんのこともあるので息子夫婦は帰って行きました

 

「到着しました。 

改めまして、結婚45周年おめでとうございます。

山あり谷ありかと思うけれど、今日みたいな楽しい時間もあるし

前向きに過ごしましょう!」と息子からメールがありました

翌日の15日の午前中に娘一家は帰って行きました。

駅まで送りKくん達とバイバイです   又ね。

 

子供達にも感謝ですが子供達の配偶者の婿とお嫁ちゃんには

表現出来ないくらい感謝しています

Kくん、お嫁ちゃんのお腹でスクスク育っているベビーちゃん、

母(おばあちゃん)は本当に幸せです

みんな みんな 有難う

 

 

お父さん(おじいちゃん)、これからも出来る限り子供達に

迷惑かけないよう二人ともに頑張ろうね 

 

 

 

 

 

 

 


孫の入園準備

2015年03月09日 | 

先月に3歳の誕生日を迎えたばかりの孫が早生まれと言う事で4月には幼稚園に入園します

娘は切り絵とか美術関係は得意だけれど縫い物が大の苦手 

ボタンすら付けることも出来ないので、おばあちゃんの出番です

 

前もって頼まれていた入園準備用品は名前付けまでを、合い間をみては可愛い孫の為

おばあちゃんはセッセと自分家で縫っていました

☆ 上靴入れ&絵本バッグ

 

  ↓                              ↓

  

 ☆ 給食袋&コップ入れ&ランチマット(妖怪ウォッチ柄)    ☆ 体操服入れ(妖怪ウォッチ柄)

 

☆ 座布団カバー( 替えように2組作りました)   ☆ ●手拭きハンドタオル

左 トイ・ストーリー柄  右 妖怪ウォッチ柄        ● トイレタオル(両タオルともフックに掛ける紐付き)

  

大まか出来たけれど、この他にまだやるべき事が沢山あるので主人に了解を得て

3日麻雀教室の帰りに2泊3日の予定で娘の所に行きました

 

 

Kくんが起きている時間は、もっぱら遊び相手です

 

こんなカゴの中に入ったり、しゃぼんだま遊びの相手をしたり、おばあちゃんは大変です

  

Kくんが寝てから、おばあちゃんは夜なべの手仕事です

上靴・体育館シューズの後ろに履きやすいようにゴム紐を付けたり

体操服上下の名前付けから小さいKくんが自分の物と判るように

目印のアップリケを付けたりと、3日間孫の寝ている間は縫い物に勤しんでいました

 

 娘宅の朝食、大人はパン食ですが Kくんはおかず入りの小さなおにぎりが朝食でした

左利きではないけれど、この時は左手で食べていたのね。

4月入園に間に合わせる為には、どうしても今回仕上げて帰りたいので足りない布などを買いに

娘の住まい近くのショッピングセンターに行き私は手芸店へ

娘親子はKくんが本が好きなので本屋さんへLet go

 手芸店での買い物を終えてKくんのところへ行くと「こぶとり じいさん」が

気に入ったとのことでお買い上げ熱心に見入っていました

   

 この日は帰る日だけど入園用品のやり残しを全部仕上げて帰ることにしました。

縫い物に関しては娘は私を頼らなくてはいけないので仕方ありません

やっと仕上がったのが午後5時、一番ラッシュの時間帯になったけれど

もう家を留守する訳にいかないので娘孫とバイバイです

 

娘宅から我が家まで片道2時間かかるのは、やはり高齢者の私には しんどくてキツイ 

今更どうしょうも無いけれど娘宅が近かったらとつくづく思います

 

でも私が必要とされていることは、役に立っていることであり

喜ぶべきことなんだと思わなくてはいけないわ