曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

森友学園疑惑は国有地払い下げにあるが、その他の懸案もありそれをしっかりと検証することが必要であろう安倍首相の進退はそれなくしてはっきりしない、その際には潔さが必要であろう。

2018年02月09日 10時03分27秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

森友学園疑惑は国有地払い下げにあるが、その他の懸案もありそれをしっかりと検証することが必要であろう安倍首相の進退はそれなくしてはっきりしない、その際には潔さが必要であろう。

 
 下記の記事は、植草一秀氏の「知られざる真実」ブログからの一部の転載であるが、安倍首相は当たり前の事を答弁して過ぎないのである。どんなバカでも自分が共鳴していてる。学校法人に直接担当部署に便宜を図るように働けなどはかけるはずがない、だが直接働け掛けなくても、担当の部署は安倍首相が応援している学校であることを十分心得ている。森友学園元理事長としても時の総理大臣に気にいられたということで、得意になっていたのである。それらを裏付ける、安倍首相の夫人と写した写真が数多く公表もされている。国有地払い下げの直接便宜は図らなくても、側面的に便宜的な応援をしていた事は隠しようもない事実なのである。安倍首相は極端にも
国有地払い下げ問題が表に出て問題化したとたんに、手の平を返すがごとくに森友学園とは何らかかわりがないと発言しだしたが、誠に不見識極まりない事なのである。
安倍首相は森友学園の戦前型教育の共鳴者あることまぎれもなき事実であり、教育勅語を暗唱している学校の場面を夫人が訪問して際に感銘を受けらということなども報じられてもいる。主人も感銘するでしょうとも語ってもいる。このように森友学園とのかかわりが安倍首相直接ではなく昭恵夫人を通してであるいも関わらず、何らかかわりがないと言い切ることができるのであろうか、夫人が勝手にかかわつていたとも白を切るのであろうか、そうだとしたら、不自然極まりない。
 
 国有地払い下げ問題とは別である森友学園小学校開校にあたっての寄付金の件であるが、森友学園元理事長籠池泰典氏は、偽装罪に問われる国会での証人喚問で証言証言している、安倍昭恵夫人から、主人からの寄付金100万円を受けてると、大変名誉なことでしたと明らかに述べているのだが、そてに対して昭恵夫人は渡していないと言っているが、それが確かなものであれば何故に籠池氏を偽装罪で訴えないのかも、不思議なのである。また野党は昭恵夫人の国会での証人喚問を何回となく要求しているようであるが、いまだに応じていない、渡してなければ国会に出て堂々と渡していないことを証言すればそれで済むことなのだが、一つ勘ぐられることは、籠池氏の証言が事実である証明になってしまう、可能性が出てくるのであるがいかようなのであろうか、そうなれば、国有地払い下げ問題で直接関りがないとしても、昨年の2月17
日の衆議院予算員会における。安倍首相の発言を実行しなければならないということになるであろう。今や国民の80%が安倍昭恵氏が事実を証言することを望んでいるのだが。

 
※下記は、植草氏のブログ転載
昨年2月17日の衆議院予算委員会における民進党衆議院議員福島伸享議員の
質問および安倍首相の答弁は次のものである。

福島議員が次のように質問した。

「あえて言いますけれども、この小学校の名誉校長とされているのが安倍昭恵
先生という方で、右を見ると、安倍晋三内閣総理大臣夫人と書いております。
この理事長の籠池先生の教育に対する熱い思いに感銘を受け、このたび名誉校
長に就任させていただきましたと。

この事実、総理は御存じでしょうか。」

この質問に対して、安倍首相は次のように答弁した。

「この事実については、事実というのはうちの妻が名誉校長になっているとい
うことについては承知をしておりますし、妻から森友学園の先生の教育に対す
る熱意はすばらしいという話を聞いております。
 
ただ、誤解を与えるような質問の構成なんですが、私や妻がこの認可あるいは
国有地払い下げに、もちろん事務所も含めて、一切かかわっていないというこ
とは明確にさせていただきたいと思います。

もしかかわっていたのであれば、これはもう私は総理大臣をやめるということ
でありますから、それははっきりと申し上げたい、このように思います。」

さらに、安倍首相は次のように繰り返した。

「いずれにいたしましても、繰り返して申し上げますが、私も妻も一切、この
認可にもあるいは国有地の払い下げにも関係ないわけでありまして、なぜそれ
が当初の値段より安くなっているかということは、これは理財局に聞いて、も
う少し詳細に詰めていただきたいと思いますし、認可においては、大阪府です
か、小学校、中学校ですから大阪市になるのかな。(福島委員「府です」と呼
ぶ)ああ、府ですか、に確かめていただければいいことであって、私に聞かれ
てもこれは全くわからないわけでありますし、繰り返しになりますが、私や妻
が関係していたということになれば、まさに私は、それはもう間違いなく総理
大臣も国会議員もやめるということははっきりと申し上げておきたい。」



https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)



 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
«  究極の売国協定TPP&日欧... | トップ | 政治を分かりやすくするため... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治経済、社会・哲学、ビジネス、」カテゴリの最新記事