曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

なぜ「小沢一郎」を野党4党のリーダーにしないのか

2016年06月27日 10時19分25秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

                  

 

下記のブログで、野党共闘のリーダーには小沢一郎氏以外にいない、正にその通りである。野党共闘とともにそれを打ち出して戦うならば、国民の絶大なる支持を得る事ができるであろう、野党共闘の勝利への道を大きく開くことにもなるであろう。

下記は、生き生き箕面通信ブログの「転載」である。
 

2722 ・なぜ「小沢一郎」を野党4党のリーダーにしないのか

2016-06-26 09:16:44 | 政治
 
おはようございます。生き生き箕面通信2722(160626)をお届けします。
・なぜ「小沢一郎」を野党4党のリーダーにしないのか
 自民党を叩いても、安倍首相はどこ吹く風です。自分のやってきた“成果”を誇るだけです。何が足りないか。結局、安倍首相に代わる次のリーダーがないからです。
民進党の岡田克也氏ではど うあがいたって安倍首相と相性が悪い。だから、仮に民進党になったとしても、「また、岡田かよ」となるだけで、新鮮味がない。第一、首相していることに迫力がありません。
その点、小沢一郎氏なら、少なくとも新鮮味がある。というより、いよいよ本物が出てきた、という驚きがあります。もちろん、その主張にも新鮮味があります。たとえば、共産党と組んで政権をつくることにも、なんら躊躇しません。民進党の岡田氏は、「共産党とは一緒にやるつもりはない」と、現下にことわっています。こんなへなちょこでは、現在の政権を打倒するなど、到底無理です。選挙民自身がそのことをはっきりすべきです。



http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)
 

コメント   この記事についてブログを書く
« [2016年6月25日]小... | トップ | 小沢一郎氏、「生活」の存続... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治経済、社会・哲学、ビジネス、」カテゴリの最新記事