曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

アベノミクスの失敗を覆い隠す、抵所得年金受給者に3万円の臨時給付金

2016年01月27日 10時02分17秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

       

今進めている安倍政権のアベノミクス3本の矢は何となく聞こえが

よいが、その源は、資本が儲けるためには何でもやる。それを防止す
るものがあれば、排除して進めて行き先ずは、大企業、富裕層、多国籍
企業、既得権益者、闇の支配者の僅か1%の資本の儲けのための政策
であり、そのおこぼれがいずれ貧困層に行き渡れば良しとする政策であ
る。物貨上昇を設定することは低所得層の益々の貧困化をもたらす政策である。新自由主義政策よりも、より過激な「市場原理主義」である。あくまでも資本の自由をである。その自由とはもっぱら企業の自由であり、それを守るためには何百人の生命も惜しくないという過激な政策を遂行してゆくことにある。危険性の高い原発再稼働を進めているのは、その一つの
らわれでもあるようだ。TPP協定などは、多国籍企業が儲けやすいように
協定国の制度の変革を求めて、資本が儲けやすくする貿易制度である。
日本などは、農業、漁業、医療、医薬品、地方の零細中小企業などは、
壊滅的打撃を受けて、農業漁業者などは廃業に追い込まれてしまうであろう。医療制度の改変では、医療を受ける患者が思うように負担の面で
受けられなくなるなど、生命の維持が難しくなってしまうであろう。
資本のための自由を進めてゆうためのTPP協定であり。「市場原理主義」の制度の一つでもある。
 このような制度を進めていて一時的な給付金などで、個人消費がよく
なるはずがない。夏の参議院選があり何かと不思議な給付金である。
 ※下記は、参考のために引用掲載しておく。

低所得年金受給者に3万円の臨時給付金、個人消費の促進なるか

そk
 
SUUMO介護編集部
2016年01月06日(水)
 
 
政府は、低所得の年金受給者を対象に1人当たり3万円の「臨時給付金」を支給する方針を示しました。給付対象者は約1250万人で、総給付額は約3900億円が見込まれています。

支給対象者は?

具体的な支給対象者は以下のとおりです。

A. 65歳以上の年金受給者で住民税が非課税の世帯。
単身の場合は、年金などの収入が年155万円程度の人(生活保護受給世帯は除く)
B. 65歳未満の.障害・遺族基礎年金を受給している人

Aは約1100万人、Bは約150万人が見込まれており、給付時期は、65歳以上は2016年4月以降、65歳未満は10月以降を予定しているそうです。

支給の目的は?

 
2013年度末現在、公的年金の受給者は約6800万人で、重複のない実受給権者数は約3950万人です。そのうち3割以上の人々が臨時給付金の対象となります。

政府の発表によると、臨時給付金配布の目的は2017年4月に予定されている消費税率10%引き上げによる低所得者への経済的影響の緩和です。もともと政府は、年金などの収入が年87万円以下の人と、障害・遺族基礎年金を受給している人を対象に、1人当たり6万円を支給する計画を立てていました。今回の臨時給付金は、目安となる年収の金額が変動しているものの、同計画の前倒しと位置づけています。

同様の目的の臨時金は「臨時福祉給付金」として2014年度に1万円 ~1万5000円、2015年度に6000円 が、いずれも住民税非課税者を対象に支給されています。

臨時福祉給付金を受け取るには、住民票がある市町村への申請が必要となり、申請方法や期間は市町村により異なっていました。申し込みの手間も影響してか、申請率が伸び悩む市町村も目立ち、申請期間を延長するケースも見られました。

暫定的、臨時的な措置として給付される給付金

 
臨時給付金を支給する政府の方針については、「ばらまき」との批判も相次ぎ、反対意見も多く出ています。給付金が個人消費の促進につながるのか、疑問が残りそうです。
年金受給者の3割に3万円 参院選前後、1250万人に
http://www.asahi.com/articles/ASHD76SDPHD7ULFA032.html

3万円臨時給付金、1250万人に…対象者決定
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151214-OYT1T50012.html

高齢者3万円給付金を自民了承 進次郎氏「高齢者優遇」などと反発
http://www.sankei.com/life/news/151217/lif1512170032-n1.html


【グラフ元】
厚生労働省年金局 平成25年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/nenkin/nenkin/toukei/dl/h25a.pdf
SUUMO介護編集部
2016年01月06日(水)




http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
参加しています。クリックをお願いします

コメント   この記事についてブログを書く
« <宜野湾市長選>官房長官が... | トップ | 「緊急事態」条項は不要で危... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治経済、社会・哲学、ビジネス、」カテゴリの最新記事