曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

【参院選挙での「社会現象」の「れいわ新選組」のことをまったく報じないNHKが、私的な小泉進次郎と滝川クリステルのできちゃった婚を官邸で行い それをニュース速報で報道 尋常ではない】

2019年08月08日 17時54分15秒 | 政治

 

【参院選挙での「社会現象」の「れいわ新選組」のことをまったく報じないNHKが、私的な小泉進次郎と滝川クリステルのできちゃった婚を官邸で行い それをニュース速報で報道 尋常ではない】 ※すこし、タイムラグがあるが、忙しくてアップがおくれました。  昨日、高校野球を見ていいたら、急に画面が代わり、「小泉進次郎と滝川クリステルのできちゃった婚を官邸で行ってる姿と合わせて、「速報」と書いてあった」映像が写り、驚いた。そして、直ぐに違和感を感じた。  なぜ、小泉進次郎議員の結婚が速報で報道されるのか?しかも、場所は官邸と書いてある。
イメージ 1
 
イメージ 2
 
 公私混同も甚だしいではないか?まあ、おそらく最初から仕組まれていたNHKの報道なのだろうと思ったが、大きな違和感を感じた。   【なぜ一政治家が、私的なことをわざわざ首相官邸で結婚発表会見をするのか。過去にこのような前例はあったのか?】  小泉進次郎と滝川クリステル、結婚はおめでたい話で水をさしたくははないが、38歳の男と41歳の女なら、世間の常識をわきまえているはずである。  なぜ、自民党のいち議員が結婚というプライベートの事柄について、公の場の官邸で私人婚約者の女性を連れていってまで、一緒に記者会見するのか。 大きな違和感を感じた。  NHKも午後3時のニュースのトップでこれを大々的に速報し、何度も高校野球放送は途切れた。
イメージ 3
イメージ 14
 
【この前の参院選挙で社会現象となった「れいわ新選組」のことをまったく報じないNHKが、小泉進次郎と滝川クリステルのできちゃった婚は大ニュースか!?】  これは、公の場所である官邸まで押しかけて「いち政治家のできちゃった婚」をNHKが堂々と何度も報道していた。  これは尋常ではない。ついにNHKもここまでも「完全劣化した公共放送局」と成り果ててしまったのだ。
イメージ 4
NHKの報道基準は「安倍自民党の宣伝になるかどうかで決まる」ってのはわかっていたが、あまりにも酷いことである。
この前の参議院選挙前も後にも話題に上がってる「山本太郎・れいわ新選組」についてNHKと読売系テレビだけが報道をまったくしていない。  他の局は大きく特集を組んで「社会現象」となった「山本太郎・れいわ新選組」を報道してるのに、NHKはまったくのスルーであるのだ。 2019/8/1(木) 午前 6:05の記事ーー。

【「れいわを報道しないのはNHKと読売TVだけとなった」ー7月30日「フジテレビの”とくダネ”」が「れいわ新選組」をたっぷり50分報道した。しかも、内容もとても好意的。どういう風の吹きまわしなのか?】

 
イメージ 15
▼なぜか、NHKが「あさいち」っていう番組のゲストで出演して、厳しくNHKの報道姿勢を批判したのだ。 2019/7/20(土) 午前 7:18アップの記事から

【昨日の朝のNHK「あさイチ」見なかった人へ 久米宏氏がNHKあさイチにゲスト出演でNHKを猛烈批判!「NHKは民放になるべき。人事と予算で政府や国会に首根っこつかまれている。絶対に間違っている!】

イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 16
 
メディアの劣化は尋常じゃない。安部政権になってからNHKの政治報道の酷さは、どれだけ外から批判しても全く変える気配もない。
Twitterの反応ーー。 ●異邦人@Beriozka1917 せいぜい自民党本部でやるべき極めて私的な小泉進次郎議員と滝川クリステル氏の結婚報告なるものを、行政機関たる首相官邸において執り行われた越権行為に対して非常に違和感を覚える。自民党は「党は国家なり」とでも思っているのだろうか。そして、その点を指摘もせず祝意を表するメディアの劣化。 ●きっこ@kikko_no_blog 官邸で首相と個別に面会するには、緊急事態を除いて、たとえ閣僚であっても1カ月以上前から打診して、官邸側が決めた日時に従わなくてはならない。つまり今日の小泉進次郎の結婚会見は、すべて安倍官邸のシナリオに沿って行われたと言うこと。 ●こたつぬこ@sangituyama 完全なる「政局結婚」。小泉進次郎、内閣改造直前に、首相官邸で婚約発表だってさ。 ●諸岡浩太郎@memento_moreau 小泉進次郎と滝川クリステルの結婚発表が首相官邸で行われた。まるで2人が将来、ここの主になるかのような演出だ。誰が考えたのだろう。CSISと深い関係にある進次郎。選挙の応援はいつも基地や原発やイージスアショアを押しつける側につく。アメリカの国益に忠実な人間は露骨な特別扱い。属国なのだ。 ーー以下略ーー
【これは、安倍自民党とNHKの共同しての、演出だったのだろう。小泉進次郎氏は自民党の看板に利用されたのだ】  最初はたしかに「小泉議員は公私混同してる。その切り分けや自制するのも国会議員の責務であることくらい分からないのだろうか」とも思ったが・・。これは、最初から仕組まれていたNHKの報道であろう。 小泉進次郎議員は何故か人気がある。  本人もいつかは「総理大臣」になりたいと思ってるはずだ。自民党で生きて行く以上、安倍自民に従っただけなのだろう。  つまり、「小泉進次郎はこの結婚」を大きなネタと思った、自民党と電通によって利用されたのだ。そのためか滝川クリステルさんが、嬉しがってるような感じを受けなかった。  ネットでもこれは騒げている。 まあ、オメデタイ結婚であるが、これまでも自民党は、進次郎氏を党の宣伝として使っている。  
イメージ 7
 
【父親の小泉小泉純一郎元首相と安倍政権は「大企業優先」は同じだ。 派遣労働者を作り、地方は大店舗が参入し、今ではシャッター街になっている】  父親の小泉小泉純一郎元首相は「脱原発」を訴えて、安倍政権とは一線を画するように見えているが、当然ながら師弟の中である。下では繋がっているのだ。 息子を頼むと自民党内で動いてることも否定はできない。  小泉進次郎氏も所詮は「世襲議員」である。本当に国民の苦労や生き辛さを熟知してるとは、とても思えない。  将来、総理大臣になるのなら、「国民生活のことを肌で感じるような庶民の声を聞く行動で政治をやってほしい。 父親の小泉政権の印象は「郵政民営化」の印象が深いがーー。 竹中平蔵と組んで、今の安倍政権の原点である「国民軽視」で「大企業優先」の魁でもあった
三位一体改革の名の元に「大企業優先」で竹中平蔵を内閣に起用して、日本国民の労働環境、地方の経済劣化を招いた「規制撤廃」で、今の、地獄のような日本になっている。
イメージ 8
 
イメージ 9
ご存じのように、この頃からも「デフレが続いている日本経済」である。
小泉政権では竹中平蔵は閣僚に入った。
イメージ 11
 
①やったことは、「派遣労働者が完全解禁」になったことだ。  若者は就職に失敗すると「派遣労働者」になってしまう、一度なるとなかなかそこから這い出せないのだ。  生活が安定しないのは当然のことになる。これは、今も続いてる。貧困社会を作ったのはこれが原点でもある。
イメージ 17
 
大規模小売店舗法(大店法)は2000年に廃止して大規模小売店舗立地法(新大店法)が成立させたこと。 地方は田んぼを開発して「中央の資本の大手店舗が参入してる」このため、昔からの商店街は、今ではほとんどがシャッター街になり後継者もいない。空き店舗が凄く増えているのだ。
イメージ 12
イメージ 13
 
これらはどちらも「大企業優先」「庶民切り捨て」で安倍政権の思想と同である。 ●若者は、「派遣労働者」「契約社員」の非正規雇用者に多くが成り果てた。そして、貧困者になった。
イメージ 18
●地方都市でも「小規模事業者」は切るてる政策である。
イメージ 19
イメージ 10
小泉政権と安倍政権は、派遣大手のパソナの会長の竹中平蔵の言うことを聴いて政治をしてるし、経団連。大企業の言うことを優先させている
 国民には「政府に金がない」「赤字財政が」ということばかり言ってその観念を植え付けている。そして、有権者である「国民の生活」はまったく考えていない。
だから、10月には「消費増税10%」になる。日本経済は酷いことになるだろう。しかし、自民党を支持者は沢山いるのだ。
 

コメント   この記事についてブログを書く
« 腐敗が進む日本社会日本政治... | トップ | 日本の政治はれいわ新選組と... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事