曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

スウェーデンが40年まで全電力を再エネへ!脱原発世界ニュース2016vol.47

2016年12月11日 10時35分02秒 | 脱原発!原発のない社会の実現を目指せ

         

 

スウェーデンが40年まで全電力を再エネへ!
 

Nuclear Free Now 脱原発世界ニュース2016vol.47
http://npfree.jp
2016.12.10
世界の原発の動きはここでチェック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆注目のトピックス
【核兵器特集】今も続く健康被害
【記事要約】米国発「50年前の原発事故から考える安全」
【記事要約】ウクライナ発「ウクライナで再び原発事故が起こるのか?」
【世界の脱原発】スウェーデンが2040年までに全電力を再エネへ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

原子炉を10基持つスウェーデンが、原発を段階的に減らし、2040年までに全電力を再生可能エネルギーに移行する計画を立てています。また、近隣国のデンマークは昨年使用電力の140%を風力発電で生み出し、その余剰電力をドイツやスウェーデン、ノルウェーなどに輸出しています。また、アイスランドではほぼ100%が水力や地熱発電で作られています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【核兵器特集】今も続く健康被害
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■「広島の1300倍、実験場となったウイグルで核汚染被害 臓器収奪も」(10月17日 Epoch Times in Japan)
http://www.epochtimes.jp/2016/10/26272.html

■「フランス核実験開始50年 ムルロア/上 仏政府、影響を機密化」(7月19日 毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20160719/ddf/012/030/003000c

■「『核実験の島』から避難させた船長が語る、住民の健康被害の実態」(5月2日 ハーバービジネス)
https://hbol.jp/92677

■「カザフスタンはなぜ核兵器を廃絶したか(カイラト・アブドラフマノフ・カザフスタン国連大使)」(2014年8月29日 IPS)
http://www.international-press-syndicate-japan.net/index.php/viewpoints/2152-opinion-why-kazakhstan-dismantled-its-nuclear-arsenal

■「アメリカ最大級の核汚染『ハンフォード』:解雇された技術者の証言」(2013年11月5日 ハフィントンポスト)
http://www.huffingtonpost.jp/2013/11/05/walter-tamosaitis-hanford-site_n_4216693.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 記事要約 米国発「50年前の原発事故から考える安全」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(10月5日 Monroe News)
http://www.monroenews.com/news/20161005/anti-nuclear-groups-remember-melting-incident-50-years-ago
1966年10月5日、米国のミシガン州にあるエンリコ・フェルミ1号炉で炉心溶融が起こった。この炉は1973年に再び動き始めた。あるエネルギー専門家は、これは50年前の事件でたった1%しか流出されなかったと主張をしたが、市民は原発に対する安全を不安視する声を出した。事件が起こった原発周辺で多数の脱原発市民団体などが集まり、この事件を思い出す集会を開催し、安全なエネルギーの重要性や脱原発への必要性を訴えた。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 記事要約 ウクライナ発「ウクライナで再び原発事故が起こるのか?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(11月14日 New Eastern Europe)
http://www.neweasterneurope.eu/articles-and-commentary/2186-nuclear-power-development-in-ukraine-deja-vu         
1986年、全世界に衝撃を与えたチェルノブイリ原発事故。この事故により近隣のウクライナやベラルーシの住民約2万5千人は撤退させ、事故処理に60万人が投入された。短期的には200人が被曝により緊急治療を受け、1,800人は入院した。現場に投入された人々の10%は、被曝で死亡した。その事故から30年にたった2016年、ウクライナでは原発の再建設の意見が出ている。天然ガスなどエネルギーが豊かであるウクライナがなぜ原子力に注目しているか?その背景はEUの強い影響がある。これにより、ウクライナが老朽化した原子炉の稼働を延長するよう圧力をかけている。人類最大の災難だったチェルノブイリ原発事故。原発の再建設は、未来の原発事故のデジャブではないか?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 世界の脱原発 スウェーデンが2040年までに全電力を再エネへ!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■「チェルノブイリ 鋼鉄の覆い 原発事故 石棺老朽化で設置」(11月30日 東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201611/CK2016113002000133.html

■「ウクライナ ロシアへの核廃棄物処理代支払いを拒否」(10月22日 Sputnik)
https://jp.sputniknews.com/russia/201610222931948/

■「1月までに議論開始 食品の放射性物質濃度『国際基準』」(11月10日 福島民報)
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2016/11/post_14416.html

■「スウェーデンが25年以内に、全電力を再生エネルギーで賄うことを視野に入れる」(10月30日 Irorio)
http://irorio.jp/daikohkai/20161030/360430/


****************************

※「脱原発世界ニュース」バックナンバーはこちら↓↓↓
https://www.unfinishedemail.com/bm/p/bn/list.php?i=antinuclear_2&no=1

世界の脱原発に向けた最新情報を「脱原発世界ニュース」という形でみなさんにお届けしています。

※「脱原発世界ニュース」配信ご希望の方は、以下の登録フォームよりご登録いただく事ができます(無料)
http://npfree.jp/emailmagazine.html

<連絡先>
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1 B1
ピースボート
Tel: 03-3363-7561 (担当:越智など)
Fax: 03-3363-7562
Twitter ID:DATSUGENPATSUtw
facebook:脱原発世界会議
Web:peaceboat.org/projects/npfree

当メールの送信アドレスは送信専用となっております。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。
http://npfree.jp/contact/

****************************




http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 経済金融市場変動と政治の不... | トップ | TPP交渉に見る許されざる安倍... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

脱原発!原発のない社会の実現を目指せ」カテゴリの最新記事