曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

「鵺の民進党・連合」裏側本尊はCIA

2017年12月23日 09時33分41秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

                                

                             「植草一秀の『知られざる真実』」

                                     2017/12/23

        「鵺の民進党・連合」裏側本尊はCIA

              第1926号

   ウェブで読む:http://foomii.com/00050/2017122308551043151
   EPUBダウンロード:http://foomii.com/00050-43712.epub
────────────────────────────────────
民進党から立憲民主党への移籍者が急増している。当然のことである。民進党
の大塚耕平代表が12月17日、三重県津市の講演で、
「「あいつと一緒になるのがイヤだ」とか、また衆院の中で議論が行われてい
るんです。もう勘弁してほしい。」
と述べたと伝えられているが、問題の本質をまったく理解していない。

私は民進党の分離・分割を提唱し続けてきた。その理由は、民進党内に基本政
策が真逆の勢力が同居しているからである。そもそも政党とは、基本政策を共
有する者の集まりである。国会で多数議席を確保し、政権を樹立する。そし
て、その基本政策を実現する。そのための存在だ。

背後にあるのは国民主権だ。主権者国民に選択権がある。主権者国民の意思を
現実政治に反映するために政党が存在する。政党は基本政策方針を明示して、
この方針に賛同する主権者国民の支持を得る。政党の根幹は基本政策方針なの
である。

私たちの目の前には、国民の未来を左右する重大な問題が横たわっている。憲
法・戦争、原発、消費税の問題はまず重要だろう。さらに、TPPや基地の問
題がある。

民進党内に、これらの基本テーマに対する正反する二つの政治勢力が同居して
いるのだ。戦争法制賛成・原発推進・消費税増税推進の勢力と戦争法制反対・
原発廃止・消費税増税中止の勢力が同居している。

これは、主権者国民に対する冒涜である。基本政策において真逆の二つの勢力
を保持しながら、主権者国民に支持を呼び掛けるのは、あまりにも不誠実であ
る。



この事実が9月に実施された民進党代表選で明らかになった。私は、この時点
で民進党を円満に分離・分割することが二人の代表選候補者の責任ある行動だ
と訴えた。しかし、この時点では二人の立候補者は動かなかった。

その後、代表に就任した前原誠司氏は希望への合流を提唱した。民進党全体で
希望の党に合流することを表明しながら、裏側で、意見の異なる者を排除する
ことに同意していた。そして、希望の党への合流を強行した際に、排除された
人々が集団で離党する事態を招いた。このことについて、前原氏は「想定内」
と述べた。

前原氏の行動は政治家以前の人間としての信頼の問題である。立場を利用して
同志に対して背信行為を示して何の疑問も感じない。そのような人物であるこ
とが明らかになった。前原氏の政治生命は完全に終わったと言ってよいだろ
う。

しかし、この軽挙妄動により民進党が結果として分離・分割の第一歩を記した
ことの意味は極めて大きい。旧民主党、現民進党内に二つの政党が同居し、民
進党が正体不明の「あいまい政党=鵺(ぬえ)」であることが、主権者国民の
政治選択を妨害してきた。

安倍政治に賛同する者がいても当然だ。しかし、それが当然であることは、逆
に安倍政治に賛同しない者がいても当然であることを意味する。安倍政治が示
す基本政策方針に賛同する者がいる一方で、安倍政治の基本政策方針に反対す
る者がいる。

大事なことは、主権者国民の前に、明確な選択肢を提示することなのだ。



民進党が上記の主要政策課題に対する基本方針の相違により分離・分割しつつ
あることは望ましいことであるし、同時に当然のことである。遅ればせなが
ら、ようやく事態は正常化する方向に動き始めた。

戦争法制賛成・憲法改定賛成、原発推進、消費税増税推進の勢力と戦争法制反
対・憲法改定阻止、原発廃止、消費税増税中止の勢力が同居していることがお
かしかった。前者の勢力は自公との差異がない。だから、積極的な存在理由が
ない。

そのことが、現在の政党支持率に表れている。民進党も希望の党も支持率は1
%程度しかないのだ。民進党の分離・分割が実現していないのは参院である。
参院は2019年夏に通常選挙を迎える。自公補完勢力の民進党、希望の党は
次の参院選でほとんど当選者を出すことができないだろう。

したがって、多くの者が民進党から立憲民主党に移籍することになる。このこ
とは明白だ。問題は、その際に、民進党に残存する政党交付金残高を適正に分
割することだ。

このお金の拠出者は主権者国民である。国民が政治活動資金を提供している。
民進党が分離・分割されるべきことは上記の理由から当然のことである。その
場合、政党交付金残高は議員数で按分して分離・分割するべきなのだ。

現在の民進党執行部は自公補完勢力が務めている。彼らは、反自公勢力のメン
バーが自発的に民進党を離れることによって政党交付金をすべてかすめ取るこ
とを目指しているのだと思われる。

このお金をかすめ取って、自公補完勢力の新党の活動費に充てることを目論ん
でいる。おそらく、希望と民進党、さらに無所属議員が合流して新党を作るだ
ろう。

あわよくば、野党第一党の地位を狙うのだと思われる。極めて狡猾なやり口で
ある。しかし、主権者はこの勢力に力を与えてはならない。主権者は安倍政治
路線と反安倍政治路線の二つの選択肢から選択すればよいのだ。

だから、安倍自公補完勢力をまったく必要としていない。

主権者国民が拠出する政党交付金を不当に強奪しようとする勢力が力を持って
よいはずがない。この勢力は消えゆく存在であると言ってよいだろう。



民進党から立憲民主党に移籍した江崎孝参院議員は自治労の組織内議員であ
る。この江崎氏が民進党を離党して立憲民主党に移籍した意味は極めて大き
い。なぜなら、「鵺の民進党問題」の裏側にあるのが「鵺の連合問題」である
からだ。

連合そのものが矛盾の存在なのである。連合は旧総評と旧同盟が合体して創設
された組織である。政権交代自体が目的であった局面では連合の存在意義が大
きかったと言える。まずは政権交代の実現というのが、日本政治刷新運動の第
一歩であったからだ。

しかし、現在は違う。現在の最重要の政治課題は、戦争・憲法、原発、消費税
になっている。この政治課題について、「鵺の民進党」と同様に、連合におい
ても二つの正反する勢力が同居する状態になっている。戦争法制容認・憲法改
定容認、原発推進、消費税増税容認の勢力と戦争法制廃止・憲法改定反対、原
発阻止、消費税増税阻止の勢力が同居している。

現在の連合で主導権を握っているのは、電力、電機、自動車、鉄鋼の労働組合
とゼンセンである。これらのすべてが、基本的に「御用組合」なのだ。労働者
の代表ではなく、経営の意向を労働者に押し付けるための組織なのである。



旧同盟が主導権を握っていると言ってよい。旧同盟を支持母体に創設された政
党が民社党である。民社党は日本における社会主義運動が拡大するなかで、左
派勢力が拡大し、日本の政治路線変更の危険が高まるなかで、これを阻止する
ためにCIAが創設した政党である。もともと、左側の防波堤、偽装勢力なの
である。

与党の方針に対して反対する主権者が存在する。その反対勢力が政策路線を明
確にして正反する政策路線を明示する。ここに主権者の支持が集まると政治路
線が正反する勢力が政権を樹立する可能性が高まる。米国・官僚・大資本が支
配する政治体制そのものが根底から破壊される危険が現実のものになる。

この危機意識から、反権力の勢力が結集することを阻止するために、「鵺」の
存在を人為的に創設した。これが「民社党」であり、その民社党の支持母体が
同盟だった。

民進党を「鵺」の存在として残留させ、反権力の勢力が結集、大同団結しない
ように仕組んできた主体はCIAなのである。民進党が鵺の存在であること、
自公補完勢力の第三極政党が次から次に創設されて、これらの影響で選挙の際
に反自公の票が割れて自公が多数議席を確保している背景にあるのは、CIA
の対日政治工作なのである。



この点に気付けば、日本政治を刷新するために何をすればよいのかが分かる。
すべて、その逆をやればよいのだ。いま一番必要なことは、民進党の分離・分
割を完遂すること。これと同時に、その裏側にある、連合の分離・分割するこ
とである。

連合内で与党補完勢力の電力・電機・自動車・鉄鋼・ゼンセンに対して、旧総
評系組合として距離を置いているのが、自治労、日教組、JR総連などの組合
である。この二つの勢力が決別して、連合の分離・分割を実現すること。これ
が極めて重要である。

10月22日の衆院総選挙では、自治労や日教組が立憲民主党候補の支援に
回った。民進党を分離・分割して、同時に連合も分離・分割する。これが日本
政治を分かりやすくして、主権者国民の政治への関心を高める最良の道であ
る。

この流れを強く警戒しているのがCIAであり、日本支配勢力の米国・官僚・
大資本である。反自公勢力が結集すると、次の選挙で政権交代が実現するだろ
う。そして、日本の基本政策方針を大転換することになるだろう。

これは実現しそうにない希望を述べているものではない。十分に実現可能な青
写真である。主権者国民の広範な支持を集めるには、政策路線が純化されるこ
とが必要不可欠だ。自公と変わらぬ政策路線を提示する勢力が集まって第二自
公勢力を構築しても主権者の支持は得られない。



主権者国民の半数が求めているのは、政治路線の刷新なのだ。もちろん、いま
の政治路線継続が望ましいと考える主権者もいるだろう。それはそれで当然
だ。大事なことは、主権者国民の前に明確な選択肢が提示されることなのだ。

戦争・原発・消費税について、これに賛成する選択肢と、これに反対する選択
肢が主権者国民の前に明確に提示される。その選択肢のなかから選ぶのは主権
者国民だ。戦争法制・憲法改定、原発、消費税に反対する主権者国民の層は厚
い。この路線を明確に示す政治勢力が出現すれば、次の選挙で政権を獲得する
可能性は極めて高いと判断される。

このような二項対立図式、明確な選択肢が提示されることを誰が恐れているの
か。誰が恐れてきたのか。これを考える必要がある。既述したように、この危
険を正確に察知して、反対勢力の結集、大同団結を妨害、阻止してきた本尊は
CIAなのである。

日本を支配する米国。正確に言えば、米国を支配する巨大資本が日本を支配し
てきた。そして、その巨大資本の対日工作を請け負ってきたのがCIAなので
ある。

このことを理解すると、民進党がなぜ「あいまい状況」を続けてきたのかが
はっきりと分かる。2009年に樹立された鳩山由紀夫政権は、米国が支配す
る勢力ではない勢力が実権を握った政権だった。だからこそ、すべての力を動
員して、この政権を破壊する活動が展開された。

そして、その破壊活動の中心を担った悪徳10人衆のメンバーが現在の「鵺の
民進党」の中核に居座っているのだ。政党交付金残高は日本政治刷新を実現す
るための貴重な資金源になるが、彼らは1円も渡さないとの構えを示してい
る。

万が一、この国民資金が彼らに強奪されても、日本政治刷新は必ず実現しなけ
ればならない。こちらの勢力が拡大すれば、やがて政党交付金も増加する。そ
れまでの辛抱とも言える。

民進党と連合の完全分離・分割を実現して、日本政治の本当の刷新を主権者国
民の力によって成し遂げようではないか。

 


https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)
 
 

コメント   この記事についてブログを書く
« 最大の政治テーマであるべき... | トップ | 日本初の国民と戦う総理大臣... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治経済、社会・哲学、ビジネス、」カテゴリの最新記事