曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

山本太郎(れいわ新選組代表)街頭記者会見 千葉県舟橋駅南口 2019年12月9日

2019年12月11日 17時46分19秒 | 政治

 

山本太郎(れいわ新選組代表)街頭記者会見 千葉県舟橋駅南口 2019年12月9日

※千葉県といえばどうしてもおもいだすことがある。旧民主党時代の野田佳彦氏である。国民に向かって国会でも街頭演説でも声高らかに消費税増税を反対していたことである。それが菅直人首相から引き継いで首相になったとたんに、国民になんの理由も告げることなく、増税をしたのである。国民を裏切るにもほどがありすぎるのである。本来的に日本の武士道精神から言って、切腹ものなのである。切腹してしまえばそれで終わりだが、欧米流に国民に向かって懺悔をして改めなければならないのである。それもしないでは国民の信頼を回復することは困難である。それでも千葉県では古いしきたりのしがらみで、議員としていること可能であるから、今でも政治に悪影響を及ぼしていることを本人はきずかずにいるようである。まさに政治家として失脚ものなのである。

 話が変わるが、安倍政治の暴虐極まりない政治は暴政独裁なのである。それらしきは

現状のマスゴミは政権の完全に奉仕機関化さてしまっているので、政権の都合の悪い報道は一切していないので国民はほとんどが知らないでいるのである。安倍政治の目指しているのは、1%の資本、大企業、グローバルに世界的に極大化を進めている多国籍企業の極大化なのである。それを日本の大企業に向かっても宣言している「世界で一番企業が活躍しやすい国を目指しますと大企業に約束しているのである。

 このまま安倍政治が続けば国民は暴走する資本の奴隷化されてしまうのである。

早く政権交代を果たす必要があるのす。

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« アベノミクス下株価が堅調推... | トップ | 「週7日勤務でも手取り15万円... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事