曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

日航ジャンボ機墜落事件炭化遺体と軍用燃料

2017年08月17日 18時26分54秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

                                

 

「                               植草一秀の『知られざる真実』」

                                      2017/08/17

              日航ジャンボ機墜落事件炭化遺体と軍用燃料

                     第1822号

   ウェブで読む:http://foomii.com/00050/2017081700144440645
   EPUBダウンロード:http://foomii.com/00050-41231.epub
────────────────────────────────────
『日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る』
(河出書房新社・最新刊)
https://goo.gl/auvNJY

「日航機墜落事故 米軍幻の救出劇 (米軍パイロットの証言)」
https://www.youtube.com/watch?v=65krBx_Bblg

「日本航空123便墜落事故を検証する」
http://www.link-21.com/JAL123/index.html

などの情報を総合すると、1985年8月12日に発生した日航ジャンボ機1
23便墜落事件の全体像がかなりはっきりと浮かび上がってくる。

元日航客室乗務員の青山透子さんが123便墜落で犠牲になられた方の33回
忌に合わせて、この8月に刊行された上記新著

『日航123便墜落の新事実』
https://goo.gl/auvNJY

には、タイトルにもあるように、墜落に関する新事実が散りばめられている。

ジャンボ機が墜落した直後、長野県南佐久郡川上村に在住する中嶋初女さんと
いう女性が、午後7時05分に、長野県南佐久郡臼田警察署に、墜落現場の正
確な情報を伝えていた。

「NHKスペシャル 日航ジャンボ機事故 空白の16時間 ~“墜落の夜”30年
目の真実~」(2015年8月1日放送)

https://www.youtube.com/watch?v=uq2GkTouyCE

1時間22分20秒以降の部分

また、米空軍の輸送機U130パイロット、マイケル・アントヌッチ中尉が重
大な証言を公表した。

「当機は、陽が長くなった夏の夕日が沈みかけていたころ、機首を北北西に進
路を取った。午後7時15分、航空機関士が1万フィート付近で雲の下に煙のよう
なものが見えるのを発見したので、ゆっくり左に旋回し、そちらへ方向を向け
た。御巣鷹山の周辺はとても起伏が多かった。地表からおよそ2000フィートま
で降下する許可を得た。墜落機残骸を発見したのは、あたりはだんだんと暗く
なり始めていた時だった。山の斜面は大規模な森林火災となり、黒煙が上が
り、空を覆っていた。時刻は7時20分だった。」



米軍輸送機は午後7時20分に墜落現場を確認している。

そして、この輸送機が米軍の救援ヘリを視認したのが午後8時50分。

ヘリは地上に救援隊員を降下させようとしたが、横田基地から「直ちに基地へ
帰還せよ」との命令が下された。

救援ヘリは救助続行を希望したが、横田基地は機関命令を下した。

米軍輸送機は午後9時20分に日本の自衛隊機が現地に到着したのを確認して
帰還した。

上記2015年8月15日放送のNHKスペシャルは、墜落当日夜にヘリコプ
ターで墜落現場を視認した自衛隊パイロットの証言も収録している。

https://www.youtube.com/watch?v=uq2GkTouyCE

(31分05秒以降の部分)

自衛隊は現地に2機目のヘリコプターを13日午前零時36分に入間基地から
派遣している。

機長の金子正博氏は、このフライト墜落現場を上空から確認したことを証言し
ている。

同時に、陸上からは長野県警の大澤忠興氏がぶどう峠から航空自衛隊ヘリコプ
ターが墜落現場を上空から確認し、サーチライトを当てている場面を正確に伝
えていた。

航空自衛隊の金子正博氏が墜落現場の報告の際に、地上の警察照明の位置を

「北北西30度4マイル」

と伝えるべきところ、

「北北東30度3マイル」

と誤って伝えたとNHK報道は伝えるが、にわかに信じ難い話である。



自衛隊は墜落後、午前零時36分にかけて、二度にわたって墜落現場を空から
確認している。

米軍は墜落から20分後には墜落現場を確認している。

当局が墜落現場を特定できなかったというのは、完全なフェイク=虚偽情報で
ある。

実際に救援活動が始まったのは翌日13日の午前7時以降である。

この間に一体何があったのか。

そして、なぜ、早期の救援活動が行われなかったのか。

きわめて深刻で深い闇がある。

その闇の正体を多くの探求者が、すでに探り当てているのである。

青山氏の著書はきわめて重大な事実をも発掘している。

群馬県警察本部発行の昭和六十年十月号『上毛警友』冊子が日航機墜落事故特
集号となっており、その122ページに

「日航機大惨事災害派遣に参加して」

と題する自衛隊第十二偵察隊一等陸曹M・K氏の手記が掲載されている。

このなかに次の記述がある。

「八月十二日私は、実家に不幸があり吾妻郡東村に帰省していた。午後六時四
十分頃、突如として、実家の上空を航空自衛隊のファントム二機が低空飛行し
ていった。その飛行が通常とは違う感じがした。「何か事故でもあったのだろ
うか」と兄と話をした。午後七時二十分頃、臨時ニュースで日航機の行方不明
を知った。」

つまり、この日の夕刻午後6時四十分頃に群馬県上空を自衛隊のファントム2
機が飛行していたのである。

同時に青山氏はもうひとつの重要な目撃証言を掲載している。

8月12日午後6時30分頃に、静岡県藤枝市の上空を日航ジャンボ機が傾き
ながら飛行し、その約5分後にファントム2機が日航機の後を追うように北の
方向に飛び去ったのを目撃した人物が紹介されている。

日航ジャンボ機が尾翼を失い、この日航ジャンボ機を追尾するように自衛隊
ファントム2機が追尾するという事実が存在した可能性が極めて高いのであ
る。



日航ジャンボ123便の機長である高浜雅己氏は、異常音が発生した直後に
「スコーク77」を発信している。

同時に発した言葉が「オレンジエア」である。

この間に副操縦士が「これ見てくださいよ」と述べている。

その後機関士が「オレンジエア」と発している。

https://www.youtube.com/watch?v=amA1rwyiuAY

ジャンボ機最後尾56G席に搭乗していた小川哲氏が撮影した写真には、ジャ
ンボ機に接近する飛行物体が映し出されていた。

その飛行物体を専門家が解析すると、円錐または円筒状の物体でオレンジ色の
色味を帯びているもの、さらに飛行機の方向に接近しているものであるとの結
果が得られたという。



コックピットはこの飛行物体を視認しており、衝撃音があったのち、直ちに
「スコーク77」を発信し、その原因について

「オレンジエア」

と表現したのだと思われる。

「日本航空123便墜落事故を検証する」
http://www.link-21.com/JAL123/index.html

は、すべての状況からひとつの推論を提示している。

http://www.link-21.com/JAL123/022.html

「123便に衝突したのはファイヤー・ビーとチャカ2」

分析は次のように記している。

「事故当日、事故現場の相模湾では、相模湾内で護衛艦「まつゆき」が試験航
行していた。すでに指摘されているように、誘導レーダーの実験演習が行われ
ていて、123便の衝突したのは実証実験中の誘導ミサイルと考えることは自然
である。

ネット上での説は、無人標的機のファイア・ビーが犯人であるとしているが、
ボイスレコーダーに衝撃音が2度あることから、無人標的機のファイア・ビー
とそれを追尾していた誘導ミサイルのチャカ2が連続して123便に衝突した
と考えるべきである。」

「日本航空123便は、離陸から12分後の18時24分、相模湾上空を巡航高度の
7,200mを南西方向に機首を向けて上昇していた。

同時刻に、誘導ミサイルの実証実験をしていた護衛艦「まつゆき」から発射さ
れた。

無人標的機のファイア・ビーとそれを追尾する模擬誘導ミサイルのチャカ2
は、高度7000m付近を南東方向の縦に並んで水平飛行していた。

南東に向けて水平飛行していた「ファイア・ビー」と「チャカ2 」は、南西
に向けて上昇中の日本航空123便クロスするように衝突。

先頭を飛んでいた「ファイア・ビー」は、123便の胴体の中央下部に、「ファ
イア・ビー」を追尾していた「チャカ2 」は、1一秒遅れて水平尾翼に衝突
した。

この時の衝撃音が、18時24分35秒と36秒の衝撃音。

日本航空123便は、胴体中央下部への衝突で油圧系統が損傷。さらに、車輪格
納扉が落下もしくは開放され、機内は着陸警報が一秒間鳴り、同時に急減圧に
よる白い霧が発生し酸素マスクが自動降下した。

一秒後に「チャカ2 」は、水平尾翼に衝突して垂直尾翼が落下。水平尾翼
が、進行方向に対して機尾が九の字の跳ね返り、さらに右舷に傾いた。以降、
123便は、直進の際に、機首が上を向きながら右へ傾くようになる。」



極めて説得力のある推論であると言える。

こうなると、ファントム2機が追尾したことも理解できる。

政府、あるいは自衛隊が事実発覚を恐れたとすれば、現場検証が行われる前
に、証拠物を隠滅すること、別の墜落原因を捏造することなどが必要になる。

墜落原因とされた圧力隔壁は現場からそのまま搬出されなかった。

自衛隊が日米合同の事故調査委員が来る前日の8月15日に大型電動カッター
で5分割にしてしまったのである。

最重要の事故原因検証の証拠物を自衛隊が破壊したのである。



生存者である日航CAだった落合由美氏は、

「墜落の直後に、「はあはあ」という荒い息遣いが聞こえました。ひとりでは
なく、何人もの息遣いです。そこらじゅうから聞こえてきました。まわりの全
体からです。

「おかあさーん」と呼ぶ男の子の声もしました。」

「救助ヘリコプターが上空で回っているのがわかった。手を振ったが気付いて
くれなかった。自分の周りでは数人の子どもたちの声が聞こえたがそのうち聞
こえなくなった」

と証言している。

墜落直後には多数の乗客が生存していた。

しかし、救援活動は行われなかった。

救援活動に着手しようとした米軍ヘリは、横田基地の命令で強制帰還させられ
ている。

そして、自衛隊ヘリコプターは墜落直後に2度も墜落現場を確認しながら救援
活動を行わなかった。

さらに、米軍に救援要請もしなかったのである。



そして、より恐ろしい仮説が存在する。

青山氏の新著137ページ以降に記述されている

「ガソリンとタールの臭いが物語る炭化遺体と遺品」

である。

乗員4名と乗客1名の司法解剖を担当した群馬大学医学部の古川研教授が、

「(機体)前部の遺体には損壊や焼損が目立ち、衝撃のすさまじさと主翼の燃
料タンクの火災の影響を受け、焼損遺体の中には部位も判然としないものがあ
り、通常の家屋火災現場の焼死体をもう一度焼損したように見えた(略)」と
記述しているのである。

青山氏が元自衛隊関係者、軍事評論家、大学の研究者に質問して得られた結果
からは、次のような証言が得られている。

質問 ガソリンとタールの臭いが充満し、長時間燃える物質、その結果、人間
の体が炭のようになる状態のものは何か。

答え ガソリンとタールを混ぜて作ったゲル状燃料である。

質問 これはどこで手に入るのか。

答え 一般にはない。軍用の武器である。

質問 それはどこにあるのか。

答え 陸上自衛隊普通科歩兵、化学防護武器隊で、相馬原普通科部隊にもある
可能性が高い。

相馬原普通科部隊とは、群馬県北群馬郡榛東村に所在する部隊のことである。



安易な推察や断定はするべきでないことがらであるが、恐るべき真相が隠され
ている可能性を否定はできないのである。

松本清張氏が「日本の黒い霧」によって多くのことがらを闇から現実に引き戻
された。

私も「平成の黒い霧」を告発し続けてきたが、「日航ジャンボ機墜落事件」も
また、決して迷宮に送り込んではならぬ重大事案である可能性が極めて高いも
のであると考える。

 


https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 〇 時局妙観 (民進党内の... | トップ | 小池新党であってはならない! »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事 (日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事)
2018-08-04 19:29:47
日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事では、
昭和天皇もご搭乗されているJAL123便が不時着し、全員 問題なく生存していたので救助を待っていたところ、日本の埼玉県警の警察官らを中心とした一団が襲いかかり、乗客乗員天皇陛下を虐殺した点が遺憾な状況と言えます。
木にくくりつけて焼き殺すなど、埼玉県警察らしい残忍な犯行で、大変いたましい事態が おすたか にて発生したのでした。

日航ジャンボ123を御巣鷹に不時着させるとともに日本人を中心とした乗客乗員天皇陛下の救援に最大限の尽力を行ったのは米国のみであります
日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事 (アッキードF19で小沢一郎を撃退希望)
2018-08-15 22:43:42
日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事では、
昭和天皇もご搭乗されているJAL123便が不時着し、全員 問題なく生存していたので救助を待っていたところ、日本の埼玉県警の警察官らを中心とした一団が襲いかかり、乗客乗員天皇陛下を虐殺した点が遺憾な状況と言えます。
木にくくりつけて焼き殺すなど、埼玉県警察らしい残忍な犯行で、大変いたましい事態が おすたか にて発生したのでした。

日航ジャンボ123を御巣鷹に不時着させるとともに日本人を中心とした乗客乗員天皇陛下の救援に最大限の尽力を行ったのは米国のみであります。
撃墜された米軍機及び国連機は、現在も尚、近くの乙女湖に沈められたままです

2018年08月15日 09:58
5.   
日本政府が自国民を虐殺することに夢中で、
アメリカが必死で日本人を救出しようとしていたのが皮肉だよな。
やはり、アメリカに併合された方が良かったのかも。

2018年08月15日 11:39
Unknown (アッキードF19で小沢一郎を撃退希望)
2019-06-11 06:46:08
日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事における たくさんのJAL123便の元気な生存者及び、ご搭乗の昭和天皇が、日本の埼玉県警察の警察官らの襲撃(日本語で おまわりさん?らの手により)により
http://www.marino.ne.jp/~rendaico/ainugakuin/e0011938_16494167[1].jpg
といった惨憺たる虐殺死体と化した

一方、救助に奔走したのは米国のみであった


なお、御巣鷹の尾根の報道写真でも散見される74と尾翼にかかれたU2の残骸は、8月15日に横田から改めて8月12日へ時空ワープで米軍が救助に入ったものの日露により撃墜されたものである

コメントを投稿

政治経済、社会・哲学、ビジネス、」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事