曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

衆院選候補者「協力する」山本太郎代表れいわ新選組インタビューJiji com

2019年08月13日 14時24分29秒 | 政治

 

衆院選候補者「協力する」山本太郎代表れいわ新選組インタビューJiji com
 
イメージ 1
 
                      
イメージ 2
 
 れいわ新選組の山本太郎代表は時事通信のインタビューに応じ、次期衆院選への対応に関し、他の野党と共闘することになれば候補者調整で協力していく考えを示した。消費税率を5%に戻す方向で一致することを条件に挙げた。
 山本氏は先の街頭会見で衆院選への候補100人擁立を宣言。これについて「それは(れいわ)単独でやる場合だ。野党が共闘していくなら協力する」と述べた。ただ、「政策の一致が必要」と強調。「消費税5%(に戻す)減税で一致できるなら共闘に積極的に参加したい」と語った。  首相が狙う憲法改正に関しては「現行憲法も守っていないのに(首相が)改憲を言い出すのは非常に危険だ。寝言は寝てから言ってほしい」と述べ、協力に否定的な考えを示した。  沖縄の基地負担軽減については、米軍普天間飛行場(宜野湾市)閉鎖と辺野古移設中止を主張。在沖米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)に相当する額を日本が一定期間、負担する代わりに、米本土への基地移転を促すよう米側と交渉すべきだとした。
 
※現状の野党は共産党、社民党を除いて安倍政権を国民の為に打倒するとの真の意気込みが感じられない、どうにか議員を維持できていればよしとの考えにあるようだ。
参議院選で政治的要件を満たしたれいわ新選組はその点では国民の為にはっきりと消費税廃止、5%に減税を打ち出して戦い多くの国民の支持を得た。全野党が本気で政権を獲得を決意して戦うならば、れいわが主張するように消費税5%減税、原發即時廃止、最低賃金1500円の公約で、戦うならば自公にか勝つことが出来るであろう。そうでない場合は野党の本気度がないといことで、れいわは単独で100人の候補者を擁立し野党第一党の位置を占めことに全力を尽くし戦うべきであろう、共産党以外の野党は国民の支持を失うはずである。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「消費税はゼロが当たり前シ... | トップ | BS-TBS 報道1930 持ってる人... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事