曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

来月は福島の教訓を世界に発信![世界原発ニュース]

2015年02月21日 12時31分27秒 | 脱原発!原発のない社会の実現を目指せ


Nuclear Free Now 脱原発世界ニュース2015vol.7
http://npfree.jp
2015.2.21
3月に向けた脱原発イベントの準備が着々と進んでいます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆注目のトピックス
【ブックレット】「福島 10の教訓~原発災害から人々を守るために~」
【保養】福島の子どもたちがアジアを巡る~自然と歴史を学ぶ旅~
【記事要約】ツバル発「省エネと再生可能エネルギーへ大きな一歩」
【世界の原発】韓国「国内初の脱原発教材発行」
【イベント】3/4 国際シンポ「自然エネルギー拡大のための日本の挑戦」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在、来月行われる脱原発イベントの準備が東京、福島、仙台で着々と進んでいます。福島の原発事故の教訓を伝えるブックレット「福島 10の教訓~原発災害から人々を守るために~」は英語、フランス語、中国語、韓国語などに翻訳され、3月13日の「市民が伝える福島 世界会議」で発表される予定です。

◆ブックレット「福島 10の教訓」:http://urx.nu/hBD7
◆3/10「脱原発でつかながる日本と世界」@東京:http://urx.nu/hBDU
◆3/13「福島の教訓を世界に伝える」@福島:http://urx2.nu/h4EH

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
ブックレット 「福島 10の教訓~原発災害から人々を守るために~」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
福島の教訓を世界に伝える目的で、原発周辺地域住民など一般市民にも分かりやすい簡潔な情報が、福島の住民の視点から書かれています。原発事故はどうのようなものか、どのような対応や予防が可能か、知っておくべき10の教訓です。

第1章 原子力とは、放射線とは何か
第2章 福島で起きたことと10の教訓
第3章 国際法と防災フレームワークー私たちを守るために使えるツール

◆詳細:http://fukushimalessons.jp/booklet.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
保養 福島の子どもたちがアジアを巡る~自然と歴史を学ぶ旅~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
国際交流NGOピースボートは、福島の子どもたちを対象に保養と国際交流の体験を通した支援をこれまで行ってきています。今年の春は、南相馬の中学生12人がピースボートの船に乗り、沖縄や韓国で大自然を体感し、広島では戦争の歴史や平和の大切さを学びます。期間は3月26日~4月3日です。

◆詳細:http://urx.nu/hyq1
◆支援のお願い:http://urx.nu/hyqn
プログラムの運営費は、個人や団体のみなさまからのご支援によりまかなわれています。福島の子どもたちの希望ある未来のため、ぜひご協力ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
記事要約 アルジェリア発「再生可能エネルギーの生産量を倍増へ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(1月27日 Agence Ecofin)http://urx.nu/huFc
アルジェリアのエネルギー大臣は、同国が2011年に決めた再生可能エネルギー生産量を12000MWから2倍の25000MWに改定したことを発表した。それに向けた新しい計画は近々発表される予定だ。この改定により、アルジェリアでは再生可能エネルギーが国全体の3分の1以上もの電力を補うことが2030年までに可能になるとされている。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
記事要約 ツバル発「省エネと再生可能エネルギーへ大きな一歩」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(1月29日 Scoop World)http://urx.nu/huG2
世界銀行の理事会は、ツバル世界エネルギー業界開発プロジェクト(Tuvalu Energy Sector Development Project)に700万ドルの補助金給付を承認した。これを受け、ツバル政府は2020年までにすべてのエネルギー源を再生可能エネルギーにし、エネルギー効率を30%引き上げるという目標の実現を後押しすることになるとした。目標実現に向けて、ツバルエネルギー公社と政府の職員は専門的技術の訓練を受ける予定である。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
世界の原発 韓国、台湾、米国など
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

韓国 「国内初の脱原発教材発行」
(2月2日 レイバーネット)http://urx2.nu/gZJ5

台湾 「台湾の反原発運動~息の長い民主化闘争」
(2月13日 Huffington Post)http://urx.nu/huH0

米国 「『新規原発』が苦悩する、建設遅延と大幅な予算超過」
(2月9日 Wired)http://urx.nu/huHP

米国 「原発廃炉:米国で相次ぐ 安いシェールの火力拡大」
(2月14日 毎日新聞)http://urx.nu/huHy

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
イベント 3/4 国際シンポジウム
「REvision2015 自然エネルギー拡大のための日本の挑戦」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
COP21の開催を年末に控え、野心的な気候変動政策と自然エネルギー目標が国際的にも期待される中で、日本がどのような自然エネルギー政策を進めていくべきか、内外の専門家の方々とともに議論します。※日英同時通訳あり

◆日時:3月4日(水)10:00‐17:40(開場9:30)
◆会場:イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1 4F)
◆主催:公益財団法人 自然エネルギー財団
◆参加費:無料(事前登録が必要)
◆申込み:http://urx.nu/huJ5

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
イベント 3月上旬「福島の教訓を世界に伝える」脱原発イベント一覧
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
3月10日から脱原発活動に関わっている海外のゲストが来日し、東京-福島-仙台で一連の原発に関するイベントが行われます。ぜひ海外の人と福島に思いを寄せ、これからの脱原発を考えましょう。

【1】3/10「脱原発でつかながる日本と世界」@東京
■詳細:http://urx2.nu/heqJ
日時:3月10日(火)19:00~/会場:日比谷コンベンションホール
参加費:一般 1000円、若者(30歳以下)無料(事前申込:http://urx.nu/hyNG)
主催:ピースボート、FoE Japan

>3/10のカンパ呼びかけ<
開催費用が不足しており、カンパを呼びかけています。
◆郵便振替口:00130-2-68026 口座名:FoE Japan
※通信欄に、「3・10集会寄付」とご明記の上、住所、氏名をお忘れなくご記入ください。
※カンパは会場費やゲストの交通費の不足分などに充てさせていただきます。

【2】「福島の教訓を世界に伝える」@福島
■詳細:http://urx2.nu/h4EH
◆3/13「市民が伝える福島 世界会議」
日時:3月13日(金)09:30~21:00/会場:福島県文化センター2階
参加費:無料(事前申込:http://urx.nu/hyNj)
主催:福島シンポジウム実行委員会(東京:ピースボート、福島:ふくしま地球市民発伝所)

【3】国連防災世界会議でのイベント@仙台
■詳細:http://www.bosai-sendai.jp/
◆3/14「市民参加による原子力災害の予防と対応」
日時:3月14日(土)09:15~/会場:東京エレクトロンホール宮城 602中会議室
主催:日本イラク医療支援ネットワーク (JIM-NET)
詳細:http://urx2.nu/h4T6

◆3/14「原子力防災と自治体の役割~その教訓と課題~」
日時:3月14日(土)17:30~/会場:TKP ガーデンシティ仙台勾当台 ホール5
参加費:無料 ※先着順
主催:脱原発をめざす首長会議
詳細:http://urx2.nu/h4EU

【4】その他@東京
◆3/14「どうする!?タイ・バングラデシュの原発~福島でみんなで考えた~」
日時:3月14日(土)15:00~/会場:早稲田大学11号館701教室
参加費:無料
主催:ふくしま地球市民発伝所、日本国際ボランティアセンター、シャプラニール=市民による海外協力の会、早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター
詳細:http://urx.nu/hBFa

◆3/18「原発輸出を考える~トルコとリトアニアの現状」
日時:3月18日(水)18:30~/会場:常円寺 地下ホール
参加費:500円、FoE Japanサポーターは無料
主催:FoE Japan
詳細:http://urx.nu/hBEA


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


****************************

※「脱原発世界ニュース」バックナンバーはこちら↓↓↓
http://www.unfinished.jp/email_v2/backnumber.php?uid=antinuclear2012&pid=2

※「脱原発世界ニュース」配信ご希望の方は、
以下の登録フォームよりご登録いただく事ができます(無料)
http://npfree.jp/emailmagazine.html

<連絡先>
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1 B1
ピースボート内 「Nuclear Free Now」事務局
Tel: 03-3363-7561 (担当:越智など)
Fax: 03-3363-7562
Twitter ID:DATSUGENPATSUtw
facebook : 脱原発世界会議

当メールの送信アドレスは送信専用となっております。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。
http://npfree.jp/contact/

****************************

コメント   この記事についてブログを書く
« 小沢一郎代表と山本太郎とな... | トップ | 絶望の日本政治に分け入り希... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

脱原発!原発のない社会の実現を目指せ」カテゴリの最新記事