曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

「安倍政治を許さない!」の連帯強化が第一

2016年05月10日 21時31分32秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

                 

 

イメージ 1
 

                     「植草一秀の『知られざる真実』」

                             2016/05/09

  「安倍政治を許さない!」の連帯強化が第一

               第1431号

   ウェブで読む:http://foomii.com/00050/2016050919340433036
   EPUBダウンロード:http://foomii.com/00050-33643.epub
────────────────────────────────────
参院選の争点に私たちは何を据えるべきか。

安倍政権が推進する政策に対して、

「安倍政治を許さない!」

と考える主権者が多数存在する。

安倍政権与党は衆参両院で多数議席を占有しているが、このことは国民多数が
安倍政権を支持していることを意味していない。

選挙の結果、多数議席を獲得したに過ぎない。

2014年12月の選挙で、安倍政権与党に投票した主権者は、主権者全体の
24.7%に過ぎなかった(比例代表)。

自民党単独では、17.4%である。

つまり、この選挙で安倍政権与党に投票した主権者は4人に1人。

安倍自民党に投票した主権者は6人に1人だった。

それでも、選挙制度の特性で、安倍政権与党が衆議院議席定数の7割弱を占有
することになった。

安倍政権与党でない政党に投票した主権者は、主権者全体の28.0%いた。

したがって、「安倍政治を許さない!」勢力が連帯して選挙を戦っていれば、
選挙結果は大逆転していたことになる。

もうひとつ重要な問題がある。

投票率が52.66%にとどまったことだ。

主権者の半分が選挙に行かなかった。

4月24日の北海道5区の衆院補欠選挙では、出口調査で無党派層の7割が反
自公候補に投票したと伝えられている。

選挙に行かなかった5割の主権者のうち、7割は反自公=反安倍の考えを有し
ているということも十分に考えられる。



この場合、安倍政治は主権者多数の意思に支えられたものではないということ
になる。

民主主義は多数の意思に基づく政治を実現することを目的とする制度であるか
ら、この現状は望ましいものではない。

主権者多数の意思に基づく政治を実現することを目指す必要がある。

そのためには、

「安倍政治を許さない!」

という一点に絞り込んで、選挙を戦うことが必要になるだろう。

3月18日に開催された、

オールジャパン平和と共生
「安倍政治を許さない!参院選総決起集会」

に、反原発運動を続けてこられた小出裕章氏がメッセージを寄せてくださり、
これを読み上げさせていただいた。

そのメッセージのなかの、いま私たちが取るべき行動に関する部分を紹介させ
ていただく。

「次の国政選挙はとても大切だと私は思います。

昨年7月18日に、私は「アベ政治を許さない」のポスターを掲げて、今私が
住んでいる街・松本の駅前に立ちました。

11月3日以降は毎月3日に立っています。

次の選挙では何としても安倍自民党を退陣の方向に行かせたいと願います。

そのためには、ただ一点それだけのために連帯する必要があると思います。

この集会にご参加くださっている皆さんがそれぞれの個性を生かして活動して
くださることを願います。」



つまり、

「安倍政治を許さない!」

の一点に絞り、主権者が連帯することが大事なのである。

そのための、一つの行動が参院選1人区における候補者一本化の取組みであ
る。

候補者を一人に絞り込むのは、

「安倍政治を許さない!」

一点で主権者が連帯するための方策なのだ。

しかし、衆議院総選挙が行われる場合、反自公陣営の候補者調整は容易でな
い。

いまのところ、大きな進展は見られない。

だからこそ、安倍政権は衆議院総選挙を前倒しする可能性が高いのだ。

これを既存の政党だけに委ねても、迅速な結果を得るのは難しいだろう。

そのときに行動しなければならないのは主権者である。

「安倍政治を許さない!」

意味を具体的に考え、この考え方にもっとも近い候補者を、主権者が1人に絞
り込み、その候補者に主権者の投票を集中させる。

政党に委ねて難しいからこそ、主権者が主導して、この作業を実現しなければ
ならない。

具体的な問題とは、

原発であり、消費税であり、TPPだ。

もちろん、戦争法、辺野古基地、格差の問題も重要だ。

しかし、数が多くなるとアピール力が弱まってしまう。

地震が多発して、日本滅亡の危機が現実化しつつあるなかで、原発稼働阻止は
最重要テーマのひとつになる。

経済低迷が長期化するなかで、消費税再増税は主権者の死活問題だ。

そして、国民のいのちとくらしを根幹から揺さぶるのがTPPである。

原発、消費税、TPPを前面に打ち出すことが重要だ。

そして、主権者がこの政策を基軸に、オールジャパンで支援する候補者を各選
挙区にただ一人ずつ絞り込んでゆく。

この作業を進めてゆかざるを得ない。



オールジャパンの力の結集が必要なときに、

共産党を除外する勢力の構築を推進することは有害である。

それこそ、敵の狙うところだ。

「安倍政治を許さない!」

具体的な政策提言をする政治勢力の中核が共産党になっている。

この共産党を除外して

「安倍政治を許さない!」

闘いはあり得ない。

だからと言って、共産党単独で政権樹立を狙うことは現実的でない。

共産党の綱領そのものに主権者が全面的に同意しているわけではないからだ。



共産党はこれまで、各選挙区に独自候補を擁立してきた。

そのために、反自公投票が分散してしまう結果が生じていた。

このことは、自公の獲得議席を増大させる効果を有した。

「安倍政治を許さない!」

と叫びながら、安倍政治を助長する結果を招いてきてしまったのだ。

この現実を踏まえて、共産党が行動を転換した。

独自候補の擁立を取り下げてでも、「安倍政治を許さない!」連帯を構築しよ
うとしているのである。



この提案を最大限、活かす行動が求められる。

共産党を含む

「安倍政治を許さない!」

大連帯の構築に抵抗しているのは、

民進党の一部であり、民進党の裏側に存在する連合である。

この勢力が、なぜ、共産党を含む大連帯の構築を拒絶するのかと言えば、

この勢力が、

原発推進

TPP推進

消費税増税推進

であるからだ。

辺野古基地建設も容認だろう。

集団的自衛権行使も容認なのだと思われる。



大事なのは、これらの重要政策課題について、私たちがどのような決定を下し
てゆくのかである。

基本政策課題について、正反対の主張を示す勢力が、一つの政治勢力のなかに
併存することがおかしいのだ。

しかし、民進党は現状でこの問題を自ら解決できていない。

そのことが、日本政治刷新に向けての主権者の希望にとって、どれほど大きな
障害になっているか分からない。

この問題を民進党に委ねても、永遠に答えを出すことはできないだろう。

だからこそ、政党ではなく、主権者が主導して、明確な線引きをしてゆくこと
が重要になる。

政策を基軸に主権者が主導してこちら側とあちら側に区分することが重要だ。

そのときに、政策を基軸に考えれば、共産党はこちら側であり、原発推進、消
費税増税推進、TPP推進の民進党候補者があちら側に位置することは明らか
だ。

共産党を含まない市民連合を構築しようとすれば、それが弱小勢力にしかなら
ないことは自明なのである。


イメージ 1


http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)




コメント   この記事についてブログを書く
« [緊急速報]小林節 新政治団... | トップ | 過去ブログ 民主制に必要な「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治経済、社会・哲学、ビジネス、」カテゴリの最新記事