曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

森友学園疑惑追及は安倍昭恵氏の証人喚問で追及することで安倍政権を打倒することができる。何故に強硬に追及する手をこまねいているのか。

2018年01月31日 14時54分31秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

森友学園疑惑追及は安倍昭恵氏の証人喚問で追及することで安倍政権を打倒することができる。何故に強硬に追及する手をこまねいているのか。


 応じなければ籠池泰典氏の国会での証人喚問で証言したことが事実であり、昭恵氏が喚問に応じられないということなので。その事実とは安倍首相からの学園開設にあたっての寄付の100万円の事である。籠池氏は喚問で真実の証言しなければならない立場で、噓の証言をするはずがない。事実であることを学園関係者、子息なども証言もしている。おかしいのはそれに対して事実でないということをそれでは証言して下さいと、野党も国民も望んでいるにも関わらずに、今一度も事実でないということを、昭恵氏は一回も公の場で証言していないのはおかしい事なのである。事実でなければ堂々と国会等の公の場で反論すればそれで済む話である。今国会でも野党は国民に代わり昭恵氏の証人喚問を要求しているようだあるが、政府はそれを避けることは野党みならず国民を愚弄していることになる。堂々と証人喚問に応じて事実を証言して疑いを晴らすべきであろう。国会は国家の最高機関である。疑いを晴らすのが国会の場の役割でもある。それなくして前には進めないのである。そのことを政治は十分と心すべきである。
イメージ 1

書庫その他の最新記事

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 準強姦は無罪放免で推定無罪... | トップ | 現憲法をすでに破壊している... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治経済、社会・哲学、ビジネス、」カテゴリの最新記事