s-忌野清志郎
 
 清志郎さん、   若くして生き急ぎすぎたと思う。  それが残念です!
 いがみ合ったり、殺し合ったり、戦争やもめ事が人類の歴史だった。  政治家みたいに駆け引きしたりね。  でも、そろそろそんなのはやめる時期だ。  すべての人々が平和に暮らせる世界をみんなで作るべきだ。  (瀕死の双六問屋/TV Bros/第六十話/2001年4月2日号)
 清志郎:政治に無関心でいいなんて言ってると、自衛隊が軍隊になり、  徴兵制度が敷かれ、君の息子なんかが戦争に行っちゃうわけよ。  太田:そうなりますかね?   清志郎:なります。沖縄の基地問題にしろ、勝手に決めてるんだよ、知らないうちに。  (爆笑問題/TV Bros/1999年12月25日号)
 怖いくらい、先を読む人だから、。。。
 それで、  人をバカにするにも「ほどがある」っていうような、  「寝言は寝てから言え」っていうような、  「冗談は休み休み言え」っていうような、  こんなことがあった。     ▼
 
 冗談にもほどがある!!  人をバカにするにもほどがある!!
 って言うか、  立憲&ミンミンの意図がハッキリと分ってしまったわ。
 そうよ、  奴ら、タロちゃんの「れいわ新選組」を潰す気だわ。  消費税減税もしないってことよ。  精々しても「消費税増税凍結」ぐらいまでよね。  凍結と言うことは、いつか溶けて、「消費税増税しますよ」ってハナシ!
 やっぱり、  奴ら連合の顔色を見てる、財務省の顔色を見てる。
 んで、。。。
 ノブタは記者団に「(与党の)強引な国会運営を許してきたのは(野党の)  多弱という問題があった。  何とか強力な野党第1会派を作りたい」と統一会派参加に意欲を示した。
 アベ一強にさせたのは  ノブタ、おまえやないか!
  ザケンな、ボ ケ ッ !!!

 その上で、  ノブタが言うことは、    ▼  会派運営に関し「意思決定のあり方にはものを言っていきたい」と主張。  社会保障政策について  「財政的な裏付けとして消費税が必要だ。社会保障と税の一体改革の再構築が必要だ」
 先ず、  ノブタに、本来なら引退すべき議員が、  これからの政治のありように関して口を挟む資格は無い!断じて無い!!
 それと、  今の経済状況を見て消費増税を叫ぶのは、  貧乏人は「死ね!」と言ってることと同意語でしょうが。     ザケンな、ボ ケ ッ !!!    
 そのことが分らないようなボケ議員なら、  ノブタともども、  枝豆も、玉木も、政界を引退しろって引導を渡す!
 そして、  参院・社民もナニを考えているのだ?  結局、社民も消費税増税派だったと言うことを晒したわけか。  社民までもが、貧乏人は「死ね!」と言ってるわけかーーーーーっ。  もうねぇ、社民も救いようがないなぁ、残念と言うより無念です!!!
 今、  私しゃねぇ、  額には マークが一杯でブチ切れてるわ。
  ザケンな、ボ ケ ッ !!!  

 タロちゃん、  一切の遠慮は無用です。  立憲とミンミン票を総取りする覚悟で、  9月からの全国行脚に出向いて欲しい!!!  そして、来る衆議院選挙で野党第一党になる気構えを見せて欲しい!
 大河の一滴ではあるけれど、  一日一食にして、  余った食費代はタロちゃんに寄付します。  立憲、ミンミン、社民、ふざけるなって、…。    私、自分でも分るんですよ。  私、相当、怒ってるなって、自分でも分かってるねん。    みんな力で、
  「死にたくなるような社会を変えよう !」     「死にたくなるような社会を変えよう !」  
  「死にたくなるような社会を変えよう !」
 
●毎日新聞2019年8月22日 19時51分(最終更新 8月22日 19時56分) 立憲・国民の統一会派、衆院・社保、参院・社民も参加へ https://mainichi.jp/articles/20190822/k00/00m/010/272000c
統一会派結成についての党首会談と記者会見を終えて握手する立憲民主党の枝野幸男代表(中央右)と国民民主党の玉木雄一郎代表(同左)=国会内で2019年8月20日午後1時3分、川田雅浩撮影  衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」(社保)は22日、国会内で会派総会を開いた。立憲民主、国民民主両党が結成する予定の統一会派への参加に向けて、両党と具体的な調整を進める方針を決めた。
 これを受け、社保の野田佳彦代表は23日、国会内で立憲の枝野幸男代表と会談し、会派運営のあり方などを協議する。野田氏は記者団に「(与党の)強引な国会運営を許してきたのは(野党の)多弱という問題があった。何とか強力な野党第1会派を作りたい」と統一会派参加に意欲を示した。
 野田氏は会派運営に関し「意思決定のあり方にはものを言っていきたい」と主張。社会保障政策について「財政的な裏付けとして消費税が必要だ。社会保障と税の一体改革の再構築が必要だ」と強調した。
 また、既に立憲と参院で統一会派を組んでいる社民党は22日の常任幹事会で、参院で立憲、国民と統一会派を組むことを了承した。立憲からは衆院の会派合流も呼びかけられたが、衆院の統一会派には参加しない。
 又市征治党首は記者会見で「参院の統一会派に国民がそのまま加わることはいい」と容認する一方、衆院の統一会派については「党の存在感を消滅させることはあってはならないという立場から丁重にお断り申し上げた」と明らかにした。【野間口陽、浜中慎哉】
 
  当  ブ  ロ  グ  へ  の   皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!  晴天とら日和ブログ