Lilac-Garden

四季の花・写真にのせて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ピエール・ド・ロンサール'2010

2012年11月29日 | ピエール・ド・ロンサール日記
季節はずれなんですけど、撮ってあった2010年のピエール・ド・ロンサールです。ご無沙汰している間に結構立派になりました。しかし最近、うちの庭は薔薇や木々が大きくなり過ぎて、手入れも大変だし(汗)、ちょっとジャングル化してます。この頃はすっきりして良かったなあとしみじみ思いました。



手前は新入りのロココさん。フリルの花びらとゴージャスな香りが特徴です。
奥がピエールさんですね。




薔薇ブログ

過去のピエール・ド・ロンサール日記はこちらに。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« “まっくろくろすけ”見つけた! | トップ | 見つけた秋(徳島へのドライ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
頑張って・・・ (yuunee)
2012-11-30 20:42:33
これだけのバラ毎年咲かせるの大変でしょ?
春? 秋のバラ?
うちはマンションだからせいぜいミニバラ一鉢というところ。それでも1.2輪咲くと嬉しいです。
こういう庭見ると妹思い出すけど、丹精したナニワイバラが散るのにあわせるように今春亡くなったんですよ。
手入れしないと、来年は咲かないかなーー。
春バラです。 (lilac)
2012-11-30 23:09:04
つる薔薇はそれほど頑張ることもなく、たくさん咲いてくれますよ。
きちんと剪定して、花を抑えればきれいに咲くのですけど、多くなりすぎて、それが間に合いません。

ナニワイバラのことは覚えています。そうだったのですね。
来年も、きっと満開に咲きますよ。
きっと見てあげてくださいね。

コメントを投稿