Just Moved!


太陽の日差しがポカポカの日曜日、ヘリテージの剪定をしました。



洗濯、布団干し、掃除、上履き洗いをさっさと済ませ、切って切って切りまくりました。
全体的に伸びすぎで下の方に花が付かなくなってきたので、前面にある枝は少し低い位置で剪定して全体的にリフレッシュを図ったつもりではあるのですが、作業が終わって1歩引いて見てみるとまだ甘かったかな~という感じです。


ところで、遅ればせながら、「英語漬け」始めました。

妹が今はまっているのですが、ちょっとやらせてもらったらオモシロイ!
土曜日にソフトを買ってきて、空いた時間にせっせとdictation(=聞きとって書く)しております。
出てくる単語自体はまだ中1程度のレベルですが、英語を書くという習慣は仕事を辞めて以来10数年ないので、たまに迷うものもあって焦ります。
今までゲームには全く興味がなかったのですが、そんな私でも何故かこれにはハマリました。
トレーニングを続けてレベルアップしていくと、面白いイベントがあったりするらしいので楽しみです。

*** お知らせ ***

気分を一新したくなりまして、この度ブログをお引越し致しました。
引越し先はこちらです。 → Tiny Garden

今まで通りのんびりな更新になりそうですが、よろしければどうぞ遊びに来てください!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

イングリッシュデイジー

太陽の日差しが当たり始めると花びらを開かせるイングリッシュデイジー。
バラの花壇で今たくさん咲いていて、やっぱり原種は強いんだなと驚かされています。
こんな風に小さな花びらの先が薄いピンク色に染まっているものもあって、なんでもない平凡な花だけれど、この冬、妙に気に入っている花です。

初めて小豆を煮てみました。
母が、ごく薄味で煮たものを食事の後などに出していたのを見て、煮方を教えてもらいました。
が、聞いて驚き。
一晩水に浸けておく必要もなく、本当に簡単だったのですね。
私もお砂糖を控えめにして、薄味のお汁粉にしました。
それでもかなりの分量のお砂糖を入れたので、市販のものにはどの位のお砂糖が入っているのかと想像しただけでぞっとします。

清楚な白いクリスマスローズが開き始めています。

先日、メジロと思われる鳥がやってきて、花の中をくちばしでつついている姿を見かけました。
蜜を吸っているのでしょうか。






コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

サラダ用の寄せ植え

冬は虫の心配が少ないので、葉物野菜を育てるには絶好の季節。
パセリ、タイム、チャイブが植えてあるコンテナにスペースが空いているので、サラダ用の苗を買ってきました。
紫色のレタス・ロロロッサと水菜、ビオラです。
このビオラはハーブとして売られていて、食用のいわゆるエディブルフラワー。
もっとたくさん花がついてきたら、サラダに散らしてみようと思います。





この作業をしていると、どこからか甘い香りが漂ってきました。
その香りの主は11月に作った寄せ植えに入っているネメシア。
これまでネメシアの香りを感じたことはなかったのですが、これは特別な種類だったのでしょうか。
ピンクの小花がとってもかわいいし、おまけに香りまでするなんて、脇役から主役へと昇格しちゃった感じです。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今年もまた


クリスマスローズの蕾が膨らみ始めています。
1年ぶりの再会がもうすぐそこに。

今年は傷んだ葉をだいぶ整理しました。

ヘリテージ、アイスバーグ、フランシーヌオースチン。
フランシーヌはこれが最後の花だったので、剪定を済ませました。







いつもの純生ロールです。
ぽかぽかの陽ざしを受けて、お庭を眺めながらのんびりと。
その時息子が、「今度チェリーパイを食べてみたいなぁ。欧米って感じだよね~。」だって。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

あけましておめでとうございます


今年もスローペースではありますが、更新を続けて行きたいと思っておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

今日は、息子がお年玉で買いたい物があるからと夫と一緒に出かけて行ったので、大量の洗濯物やお布団干しの後に午前中少しだけ庭に出て植物達の手入れや観察をする事ができました。

かわいいピンクのバラはコーネリア。
細長くとんがった薄いピンクの蕾はアイスバーグです。

バラの剪定や誘引はまだ途中です。
このアイスバーグもまだ蕾がかなり残っているのでそれが終わってからにしようと思っています。
剪定した枝はパチンパチンと短く切って、バラの花壇に撒いています。
土に混ぜなければ害はなく、こういった方法を有機物マルチと言うそうです。
土の中の微生物などが活性化して土が豊かになってくれるらしいので、昨冬から実践しています。
黒点病になっていない葉もちぎって撒いているので、ゴミの量が圧倒的に少なくなりました。


ピンクの濃さを増したヘリテージに寄り添っているのは、真っ赤な葉を落としたばかりのブルーベリーの小枝。
もう次の花芽が膨らんでいます。






コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

冬の景色


とっても久しぶりの更新になってしまいました。
ちゃんと仕事をしている皆様よりもひと足お先に先週末が仕事納めだったのですが、お休みに入った途端に脱力感に襲われ、毎日ダラダラと過ごしております。
かろうじて今日、年賀状を作り終えました。

ところで、うちの前に植えてある木がすっかり葉っぱを落とした先日、楽しいものを発見しました。


真ん中のあたりに見える黒いかたまり。

そうです。
鳥が巣を作っていたのです。
うちのまん前の木に巣を作るなんて、なんだかわくわくしてしまいます。
いったいどんな鳥の巣なのかなぁ。


こちらピーナッツのリースには、毎日シジュウカラがやってきます。
一生懸命にピーナッツをつつくシジュウカラをぼんやりと眺めていると、30分位はあっという間に過ぎてしまいます。








コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

カレンデュラ・コーヒークリーム、そして蜂蜜漬け


花びらの後ろ側がこんな風に濃いオレンジ色のカレンデュラ。
従って、蕾の時はもちろん濃いオレンジ色をしています。

開くと優しいクリーム色に。
シックでちょっとクラシカルな雰囲気も感じられるし、”カレンデュラ・コーヒークリーム”という名前もなんだかいい感じ。
今とても気に入っている花です。


昨日は午前中にインフルエンザの予防注射をしてきました。
本当はもっと早くにするべきですね。
去年のブログを見てみると、12月7日でほぼ同じ頃。
何でもぎりぎりにならないと実行しない私の性格がここにもちゃんと表れていました。

ところで、先日テレビで生姜の蜂蜜漬けを取り上げていたのを見て、冬の冷え対策と風邪対策として私も初めて作ってみました。

こちらが生姜の蜂蜜漬け。
漬けて3日目です。
蜂蜜がさらさらのシロップ状になりました。
紅茶に入れて飲むと足の先までポカポカになります。
でも生姜は辛いままなので、お料理などに使った方がいいようです。


蜂蜜が余ったのでさらに柚子も蜂蜜漬けに。
韓国のゆず茶がはやりましたが、同じ様に冬のHOTドリンクとして楽しめそうです。
こちらは今日作ったばかり。
生姜と違って出来上がりまで少し時間がかかるそうです。

次は金柑も蜂蜜に漬けてみようかともくろんでいます。






コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )

アイスバーグと天然酵母のパン工房

お天気が良かった週末、久しぶりに少しだけ庭に出ていると、お隣の方がこのアイスバーグとヘリテージを「綺麗に咲いているわねぇ」と声をかけてくれました。

気温が下がってきたので蕾がピンクがかっていて、花びらの数はひらひらと一重に近いくらいの少なさです。



下北沢にあるチクテ・カフェで出されているパンを作っている工房、チクテ・ベーカリーが町田にあります。
ごく普通の住宅地にある一軒家の一部が工房になっていて、お店の中はお客さんが2人入るともういっぱいになるくらいの小ささ。
シンプルで素朴なお店です。
若い女性達が自家製の天然酵母でパンを焼いていて、そんな様子もとても良い感じなのです。
デジカメも携帯も持っていなかったのでお店の画像はないのが残念。


今回は、カンパーニュを半分にしてもらって、クレームフロマージュのプチパンと大好きないちじくのフィセルを買ってきました。


カンパーニュはアボカドとカッテージチーズなどをはさんでサンドイッチに。
噛めば噛むほど味わいのあるおいしいパンです。


ちょうど、一番人気のイングリッシュマフィンを銅板の上で美味しそうに焼いているところでしたが、今注文すると3月以降の受け取りになるそうです!
う~ん、どんな風においしいのかなぁ。
とってもとっても気になります。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

鳥へのプレゼント

毎年11月になるとピーナッツのリースを庭の何箇所かに取り付けています。
今年は少し遅くなってしまいましたが、先日2つ作ってトレリスとフェンスに取り付けました。

今日はようやく日が差して明日からはしばらく晴天の日が続きそうなので、鳥達が遊びに来てこのリースを発見するのもきっともうすぐです!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ジュリアが咲きました


今日は一日どんよりとしたお天気でしたが、おそらく今年最後になると思われるジュリアの花が見られて、気分はちょっとだけうきうきです。
まるでシルクフラワーのように整った花びらはいつ見てもため息ものです。

こちらは、先日作った黒いビオラの寄せ植え。
花苗はビオラとピンクのネメシアだけで、あとはカラーリーフでシックな感じになるように作りました。

茎が倒れてしまうネメシアを支えるために、小枝を挿しました。
剪定したナツツバキの枝です。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ