ゴルフィーライフ(New) ~ 龍と共にあれ

目指すはスクラップ・ブックか、はたまたビジョン・ボードか。
隠れ家CLUBゴルフィーにようこそ♪

エルトン ジョン ~ 映画「ロケットマン」

2019年08月24日 | 日記

ボヘミアン・ラプソディーに続いてエルトン ジョンの映画がやって来た❗️

8月初旬に無理を押して参加したピアノ発表会で弾き歌いに取り組んだのは
奇しくもエルトンのユア・ソング。

ピアノ弾きおじさんへの道] 第4回大人のピアノ発表会で間違えながらもユア・ソングを完奏するの巻。

私は今、癌との闘いの最中、
2013年4月にステージⅣの肺腺癌との確定診断を受けてから6年目になります。
癌になってから取り組み始めたピアノ弾き歌いも、
4回目の発表会の前になって、右腕に気持ちを込めるのに難儀するようになり、
思ったように愉しめない日々。

そんな折、あのスーパースターのエルトンでさえ、
絶頂の最中にあっても苦しみに満ち満ちていたという実話に接し、
勇気を与えてくれた。
幸せとは何なのか、それはきっと、どんな心持ちでいられるかということであって、
成功とかそのようなモノサシとは別の物だ。

  

Elton John - Rocket Man (Remastered 2017 / Lyric Video)

 Elton John: Voice Changes

*******************( ↓ )過去記事からあちこちに散らばっていたエルトンの曲を使っているものを集めてみた。**********

エルトン・ジョン/ The One/believe

 (腹上死のテーマ ~ burning buildings

 (行く夏を惜しむ歌~Sweet PaitedLady)

   (自分の苦しみは口にしないあいつ~One more arrow)

   (夏が来れば ~ 裏磐梯の遠い空~Return to Paradise)

 (Elton John I Need You To Turn To 1970

 (なんで、人がこれをブルースっていうのか分かったブルースはお好き?

 (ピアノの吟遊詩人~エルトン・ジョン

 (ハードボイルド風のバラッド

 

 (セニョリータ、もっとギターを♪

黒のカーペット~Daniel)

 

 (ある意味、人間は音楽だ。~ the One
⇒ この頃からだろうか、エルトンが(髪の毛含めて)若々しくなったのは。)

超弦理論 ~ モナリザはいつも微笑しているわけではない

ルーベンスとフランダースの犬 Just Like Belgium

深淵なるスパニッシュ・ギター~ A Word in Spanish)

(↓)エルトンの数あるアルバムの中でもポップだと思うのは「JUMP UP」。

 

 **********( ここまで)過去記事から************************************************

( ↓ ) 右腕が上手く使えなくなってきた私、車を運転するのが怖々になってきました。
MRIでは異常所見が見られないのだが、CEA(腫瘍マーカー)値は閾値を超えて上昇を続けている。

cancer sleeps,Curled up in my father  ~ 癌が眠っているんだ、父の中で
and that means something to me 

BELIEVE ~ Elton John (lyrics)

 ( ↓ ) 弾き語ってみようかなと思わせる堂々たる弾き姿です。

Elton John - Believe - Live at the Greek Theatre (1994)

 ( ↓ ) 映画でもラスト近くで効果的に使われていました。
この曲でエルトン ジョンにハマった私は、以降暫くの間エルトンを聴き続けたのでした。

Elton John - I'm Still Standing (Remastered 2016 / Lyric Video)

コメント   この記事についてブログを書く
« 深淵なるスパニッシュ・ギター | トップ | タケカワ ユキヒデさん♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事