あなたの未来をわくわくハッピーに~長崎在住の保険系ファイナンシャルプランナー~

あなたの心とお金と健康を満たして、わくわくハッピーな未来を創造するお手伝いをします。

「わたしがカフェをはじめた日。」

2019年01月12日 | 読書は心のお風呂

六珈にあるこの本を読むのが楽しみだ。



あとがきのようなつぶやきより

今回の取材の過程で少しずつ気づいてきたことがあった。

それは皆、ある日、突然変異のようにカフェに目覚め、その準備を始めているということ。

子どもの頃からの夢ではない。
社会に出て、初めてその存在が見えてくる夢。



彼女たちが選んだのは、職業ではなく、本当は自分の居場所なのかもしれない。



働くこととは、
居場所つくりなのかもしれない。


おかわりいただきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「賢者の書」喜多川泰 to 六珈 | トップ | とにかく楽しいマネーセミナ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書は心のお風呂」カテゴリの最新記事