ライフ&キャリアの制作現場

主に「人生の午後」からの暮らし、仕事、生き方を充実させたい人、リセット、リメイク、再スタートを考えている方も応援します。

117.一緒に働きたい人(再掲)

2019-09-04 18:03:56 | 仕事 職業 働く
 あなたが「一緒に働きたい人」はどんな人でしょうか。職場の上司や先輩なら、尊敬できる人や面倒見の良い人でしょうか。同僚なら、気の合う人でしょうか。部下や後輩なら・・・?人それぞれ好みや考え方の違いはあるでしょう。そもそも一緒に働きたいとか、一緒に働きたくないとか、考えたことはないという人も多いでしょう。職場の人間関係は選べませんから、好き嫌いや気が合うか否かなど、わがままを言ったら仕事はできません。

 それでも、職場は人の集まりですから、なるべくなら周囲に「一緒に働きたい人」が多い方が働きやすいでしょう。自分自身も「一緒に働きたい人」と周囲から思われた方が居心地良いのが人情ではないでしょうか。決められた仕事を一人でこなしているように見える人でも、企業の一員として働く以上、職場で人との関わりが全く無いことはありません。

 このコラムを読んでおられる方が就職活動をされているならば、ご自身が応募先の面接担当者や職場の人から「一緒に働きたい人」と見てもらえそうか、考えてみましょう。「大丈夫」と思えるなら、それで良いです。考えたことがないという方。特に、正社員や長く働くことを目指している場合は、その視点は必要と思います。
 
 それほど難しい事ではありません。自分がどう見られているか、採用担当者になったつもりで想像してみましょう。求人募集している仕事に対する適性や能力、意欲はもちろん大事ですが、視点はそれだけでしょうか。
 
 採用したい人材に関する企業アンケートでは、「コミュニケーション能力」が常に上位です。挨拶や気遣いができる人、自分の意見を言うだけでなく、人の話も聞いている人。八方美人ではなく、誠意が感じられる人です。また、自分の仕事に責任感を持って働いている人。私は、そんな方と長く一緒に働きたいと思います。皆さんはいかがでしょうか。

※当ブログ98回に同様の記事を掲載しています。下記の「おしごとコラム」の中で最もアクセス回数が多かったので、原稿のまま再掲しました。


ワークネットコラム(おしごとコラム)第17回

コメント   この記事についてブログを書く
« 116.目線 | トップ | 118.古民家で感じたこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

仕事 職業 働く」カテゴリの最新記事