life-archi(ライフ・アーキ)blog

株式会社ライフ・アーキのブログです。建築やその他の話題をのんびり更新中。

こだわり その1

2011-02-10 23:55:29 | 仕事

明けまして、と言ったと思ったらもう2月ですね。
一日が早すぎる~。って、単に仕事が遅いだけですね。(;^ω^)

さてさて、今日は真面目なお話。
って、いつもいつもフザケテル訳じゃないですよ。ヾ(;´▽`A``アセアセ いや、ほんとに。
ほんとほんと。 ほん・・・・・・・・ごめんなさい。(人;´Д`)
でも、でも、今日は本当に真面目なお話。

当社の数あるこだわりの1つなんですが、

当社では、新築される全ての壁・天井に、普通の石膏ボードでは無く、
ハイクリンボードを使用しています!!!!!!!!!!!。m9っ`Д´) ビシッ!!
     
え?  何が凄いのか全く伝わってません??

はい、キチンと説明致します。 

まず、石膏ボードとは = 一般的に内装仕上げ材の下地となっているボードで、
構造耐力面材でもあります。(←いわゆる、お家を丈夫にする部分)
『タイガーボードは火に強い~♪』と、口ずさんだ事がある方も沢山いらっしゃると
思いますが、まさしくそれです。歌の通り火にも強いです。

住宅作りには、欠かせない材料の1つなんですが、当社が使用している石膏ボードは、
更~~に!!ホルムアルデヒド(&アセトアルデヒド)を吸収・分解してくれる性能を持った
石膏ボードなんです。 再びm9っ`Д´) ビシッ!!

『ホルムアルデヒドなんて、今は使われていないんじゃないの?』と思われた方。 もっともです。
シックハウスが問題となってから、建築材料のホルムアルデヒド含有量は、ほぼゼロとなりました。
でも、ゼロではないんです。 ほぼ(←ここ重要。)なんです。
(そして、代わりにアセトアルデヒドの含有量増加中。)
もちろん、以前に比べれば含有量は激減していますので、住宅からのホルムアルデヒド発生は微量なものでしょう。
しかし、『家から発生しなければそれで良い』で、終わりにしていいのでしょうか???

新居にあわせて家具も新しく!!なんて事もありえますよね。
(家具やカーテンのホルムアルデヒド規制は、まだまだ建築資材より、ゆるいんです)
折角、ホルムアルデヒドのほぼ無い家を作っても、後から住宅に持ち込んでしまう可能性もあるんです。
なので当社では、最初の『ほぼ』も無くす事はもちろん、
後から(望まないのに)持ち込んでしまうかもしれないアレルギー物質を
きちんと吸収・分解できるハイクリンボードを、全ての壁・天井に標準採用しています。
はい!!! 再びm9っ`Д´) ビシッ!!!!!!!!!!!!!!!

仕上がってしまえば見えなくなる部分です。でも、だからこそ。当社のこだわりです。
(ただ・・・内覧会では、気付く人いませんよね。これからもっとアピールさせて頂きます!!!!)


コメント (2)