しあわせのタネを蒔きました
きっと笑顔の花が咲くでしょう・・・たぶん・・・(⌒▽⌒)アハハ!
 



ここまできたらやっぱりー!


あ、でも電波がないわ

アップは後程かな。





ちうことで、只今下山しました
二日間お疲れさまでしたーー!

本当に疲れた!
しかし、帰宅まではがんばらねば!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨夜から素晴らしい景色を見せてくれました

今朝もはっきりくっきり!

来てよかった!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ミーちゃん?
ワタクシが触ると嫌がる…
さっきおじさんには触らせまくったのに

なぜだ?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




塔ノ岳を目指すべくやってきたら
まさかの本降りです
心が折れそうになりせうな山頂の空

やっぱりワタクシはワタクシなのだ!と
自分の運命にガッカリしていると
虹が出た

この一年ワタクシはどれだけ成長したのでしょうか


アタックしてきます




でも、ものすごい不安!

山小屋デビューだもの

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




直前でとんでもない事実に気がついたワタクシ
しかし、前に進むしかないでしょう
明日の天気を信じて!

明日の月はどんなかな?





って、見えなかったりするのかな
ワタクシだしね

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




キタキタキタキター!

って、あれ?なんか色が想像と違う?

しかも、キツイぞ?
お店で別のカラー試着したときはなんともなかったのに?
ありー?

ま、ピチピチでも普段着だからいっか。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




先ほどの一瞬の地震で昼間何気に口にした一言を思い出した!

今日買い物で行ったホームセンターのペットショップで
いつものように飼うあてもないのに小動物コーナーを見ていた

可愛らしいテグー(大型のネズミみたいなもの)が一生懸命に回し車をまわしていた

「わーかわいー!ものすごい回してるよね」
と言うと、母が
「こっちも回してるよ」と、別のカゴ指して言った

あまりにも早く回してるから、よくもまあ足が絡まないものだ!と感心したぐらい

回し車のないカゴにいたテグーは、カゴの開ける柵をこれまた物凄い勢いでかじりついていた

そんなテグーに手をかざして遊んでいると
隣のカゴにいたチンチラも近寄ってきた

こんな光景に違和感を覚えたワタクシ

「いつもみんな寝てるのにおかしくない?
こんなに動いてる姿初めて見るじゃん。
地震がきたりしてねぇー( ´∀`)」
そう言った。
母「そうだね、いつも寝てるよねー」

チンチラなんかいつも毛玉状態でまともに顔すら見たことない
今日は顔をじっくり観察し動く姿すら見られた

そして先ほどの地震

マジで?
テグーやチンチラで予想できる?
飼ったら便利かなぁ…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




去年はレディースで欲しい色がなくて
仕方なくメンズのダウンを購入したが

今年こそ欲しい色をゲットするぜー!!

と、午前3時にパソコンの前に座りました
別に午前3時じゃなくても良かったのだけど
万一にも、全国にいるライバルに負けてはならぬと頑張りましたー

オンラインショップより欲しいダウンをゲットできた
あんパンもフリースブランケットももらえないけど満足満足で4時に眠りについた



ちうか、そこまでする必要あったかなぁー?

そこは、お祭り好きということかな…

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




富士山
大山
丹沢山塊
高尾山


写真の右にポッコリ出てるのが大岳山だって

今日は良く見える日だよ!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




リハビリに北の山へ向かおうと思ってたが
北風の強さにハシゴと鎖場は良くない気がして
原点である日和田山へ

一年前と全然違う自分がいた!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




たかが巻き爪と思っていたよ

昨年から職場でサンダルが禁止になり
足の親指の巻き爪がひどくなってきた
先日、ネットで調べると爪の厚さを解消すると良いとの噂を聞き(見て?)
試したらば激痛を伴って炎症を起こしてしまった
おかげで靴が履けず
職場では許可を取ってサンダルで過ごした

しかし、このままでは山歩きもできない

外科手術は怖いし、リスクもある
たち仕事で繁忙期に入った今はサクサクと歩かなくてはならない

かといって、保険適用外の矯正にかかる高額な(っても、数万円?)費用も出せない

ナイナイづくしのワタクシにできる事といったらこれぐらい
しかし、解決するわけでない
ただの気休め程度

歩きたいのに歩けない
山へ行くための連休は迫っている

身体は1日、1日と鈍っていく

焦る

何故に山は遠くなってしまうのだろうか

そして、何故にこのセットは片足分しか入ってなかったのか!!

下調べが甘かった…
ワタクシのバカバカバカ!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




気がつけばワカサギ釣りも解禁している
釣りも行きたいし、登りたい山はまだまだあるし
しかし、やらねばならないこともあるし
気持ちだけ焦って前に進めない

イライラしながらも毎日はあっという間に過ぎて何も解決しない

ふう・・・人間を休みたいな

とりあえず書き終わっている記事でもアップしようかな~
すっかり忘れ去られようとしていたけど

これは10月の登山記録です


10月1,2日と連休を取り
山小屋デビューとして燕岳を目指し
燕山荘に予約を入れたのに

ワタクシの嵐を呼ぶ体質のせいなのか
見事に台風が近づいてくれ
当日の朝には通り過ぎたものの
台風の翌日に登山をするのはどうなのか?とネットで検索するも
あまりよろしくないという印象をうけ
前日まで迷った結果目的地を変更することに

台風が通り過ぎた天気が安定していそうな西よりの場所として
乗鞍岳伊吹山をピックアップ
急いでその山について調べた

天気予報を何度か確認し風の影響が大きそうな乗鞍岳を諦め
さらに西よりの伊吹山にした

暴風雨の過ぎ去った深夜出発し
中央道をトコトコ走った
朝にはやや風があり雲も出ていたが
青空も見えるところから、もしや燕岳登れたのでは?と何度も思った

それでもいい天気で気分良く高速を進み
恵那のトンネルを出たとたん天気は一転
暗い雲が垂れ込めていた
雨もたまにあたる

ま、西へ進めば晴れるでしょうと関ヶ原インターを下り
しばらく走るととうとう雨が・・・
伊吹山も雲の中でどれがその山なのかわからない・・・

この日の登山は諦め琵琶湖を一周して彦根にある前回泊まったビジネスホテルへ入った

翌日、7時過ぎにチェックアウト
下道を使っていこうと思ったら意外にも渋滞しているようなので
すぐに高速へ1区間走って米原で下りた

伊吹山を選んだ理由は
ツーリングマップルでみたこの山を走る伊吹山ドライブウェイの通行料金が
自動二輪車で2100円もするということで
いったいどんだけスバラシイ景色をみせてくれるところなんだ!?
そういう思いとブログの知り合いの方が登られていたので
そのうちに訪れてみようと思っていた
「そのうち」が意外にも早い機会で巡ってきたのだった

調べると、それほど高い山ではないけれど
スタート地点が低いこともあって1000メートルの標高差を登ることになっている
この登り応えが魅力のひとつ



登山口近くの民家の駐車場を利用することになるのだけど
あちこちに駐車場があってどこに止めたらよいかわからないぐらい
1日500円ととてもリーズナブルなところに止めさせていただき
さらに、ハイキングマップをいただいてから出発

登山口にたたずむ看板犬(?)をなでくりなでくりしたらいよいよスタートです


はじめは樹林帯を登る

これがワタクシにはツライ登りだった
道はややぬかるんでいて滑りそう
ひたすら地面を眺めながらじっくりと登って行く

視界があまり開けない樹林帯を越えると1合目に出る


ここはスキー場のふもとになるのかな
1合目を上がると視界が開けて平野が見えてくる
ここから上ははどんどん視界が広がっていくことになる


このスキー場の部分はややゆるやかな斜面になるけれど
2合目からはまたちょいキツイ


実はこの付近からは山頂は見えていない

ゼーハーゼーハーしながらゆるやかにカーブしている登山道を進むと山頂がやっと現れる
その時になって自分の現在地がわかって
弱脚のワタクシの口からは笑いが漏れる

(TwT。)フフフ・・・マジかよ



山頂はもう一山登ったところにある
自分が今、苦労して登った部分はほんの一部にすぎない
これ、白馬乗鞍でも同じように思ったっけ
そして、あの時と同じようにこれから登る斜面を呆然と見ていると
男性ハイカーが後ろからやってきてあいさつをした

少しお話をさせていただいた
彼はこの山は5回目で前の4回はすべてガスで何も見えなかったと言う
しかし、今日のこのスバラシイ天気!期待できそうだとお互いに語った

それにしても、この先のあの斜面がキツイのではないかとしり込みするワタクシに

あの、斜面は九十九折れに登るので見た目ほどきつくはないですよ
ただ、日差しをさえぎるものがないので暑いかもしれません


なるほど、確かに日差しが直接あたるので暑いだろう
半袖でよかった!

頂上が見えた地点から3合目まではススキの原っぱが眺められるゆるやかな道だった
ま、アメとムチのアメ部分かな


そして3合目トイレがあった
先が見えてきた


やや木のある部分を通る最後の木陰かな




ここからは斜面を九十九折れで登って行くことになる
ここの休憩所はなぜか自販機がおいてあって
道具小屋かと思ったところが実はお店だったりした

九十九折れっていいですね!
道が登っている線と平坦な線を結んでいるようで
意外に休める!

正直、つらいのは3合目までで後は割合緩やかに登ることができる
ま、弱脚のワタクシにはゼーハー加減はかわらないけれど・・・


5合目からカウントダウンが始まる・・・
が、6合目が見当たらず7合目


・・・ここでガスがどんどん流れてきた
一気に頂上付近が真っ白に


ありゃ?なんで?

どんどん真っ白になっていく山頂を見上げると
自然と心も足も早くなってくる
なのに全然近づいてこない山頂

つづら折れは負担は少ないけれど
距離が伸びる分、なかなか進んでいないもどかしさがある

そして8合目

まだ8合目?まだ!?

早く!早く9合目!!
↑焦る心

ところが9合目もどこにあるかわからず

やっとそれらしい案内板が現れたので
いよいよ山頂か!と思うが
山頂へのルートが書いてある案内板だった
まぎらわしいよ!



ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

しかし、頂上まではあと少し・・・
ガスで先が見えないが、あと少しで山頂らしい

この山行へ出発する直前にイッテQ登山部を見ていただけに
山頂までの後もう少し的な部分はまさにビクトリーロード

ヽ(´□`。)ノ・゜ヤッタアァァアァン

これまでの歩みを考えると毎回こんなである↑

しかし、油断するなかれ!
この最後の道が実はツルツルしている道なのだ

ツルっ!ヽ(*゜ω。)ノおわっ

そして、とうとう山頂へー・・・・


山頂に着くとどこからやってきたんだ!?というぐらい人がいて驚く
普通の格好でいる人はドライブウェイで上がってきたと思われるが
ハイキングの格好した人は!?
ワタクシと同じように登山道登ってきた???

そんなに歩いてた人いたかな?

不思議に思いながらも山頂からガスの切れた部分の景色を眺める
んー・・・やっぱりいつもと同じ景色だねぇ・・・

山頂の広場の手前で3合目付近で話した男性とすれ違った
お互い苦笑い
5回目もやっぱりガスでした・・・
彼は6回目にチャレンジするかしら?

何も見えない広い山頂でご飯を食べたら下山!
山頂は遊歩道があって周遊できるみたいだけど
そんなにのんびりしている余裕はないかな
なにせ、下山後は埼玉まで帰らねばなりませんから!

この下山がくわせもの!

徐々に徐々に下るのが膝にはいいが
距離がありすぎる!




ただ、山頂直下から景色は広がってスバラシイ!(ガスは山頂だけにうずまいてたもよう)
琵琶湖、平野、小さな山々
まるでジオラマ!
これは平野が広がって作り出す景色
関東ではなかなか見られないんじゃないかな~

イイ!イイ!すごくイイ!(≧∇≦)b

関東だったら筑波山あたりがこんな感じの地形かな~
でも平野がこんな風に見えたっけかな?
・・・てか、いつも曇ってるからわからんな
本当に東京には空がないんだよ!

て、脱線してしまったが

下山には苦しめられた
景色が見られるときまでは良かったが
それ以降は・・・修行かな
膝を鍛えるとかいうような修行


4合目以降は惰性で足を前に出している状態
3合目は疲れて疲れて足が棒のよう
歩くスピードは上りと同じようにノロノロ
ノロノロしているから全然前に進まない

2合目で後ろから朝にあった小柄な若い女性に追い抜かれた
この女子がまたテクテクしっかり足を運んでいる

その姿を見てワタクシは知った
↑知るのが遅すぎたが・・


下山も登山なのだ!

登ってしまえば、後は安全に下るだけ
惰性で転がるように下っていたが
そうではなくて、上りと同様に足を前に運ぶ
しっかりと歩かなくては!

そう気づいた時
再びワタクシは歩き出した
前に向かって進んでみた

惰性で足を出すのではなく
歩く為に足を前に出す

モチロン疲れているから膝は痛いし
ラクに歩けるわけではないけど
ただ、前に進んでいる感は大きくなった
1合目から登山口はなかなか早く歩けたように思う

やっと登山口まで戻ると
朝あったワンコは営業を終えたのかいなくなっていた
非常に残念だ

駐車場に戻ると管理している奥さんが

「おかえりなさい、サービスで麦茶か梅ジュースがありますけど」

なんてウレシイんでしょう!!

ワタクシは手作りの梅ジュースにしました
さっぱりとしてほのかに甘い

うまい!

疲れた体に染み渡る~~~~

そこでちょっとお話をさせていただきました

近くの日帰り湯も教えていただきました

伊吹薬草の湯・・だったかな
人も少なくてゆっくりできました

とても良い思い出の登山になったと思う

しかし、この伊吹山はナイトハイクが有名だそうで
しっかりした登山道だから歩けるのかもしれないが
暗いうちから歩き出して、山頂からご来光を見るのが良いらしい

いつかやってみたいなー。

ちなみに、帰りは高速を休み休み走って
帰宅は深夜1時!
なかなかキツイ行程だけど
これは車だからできたのかも!
バイクだと厳しいよな~


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




ヨックモックのチョコレート
社内販売のみとか言う話

ネットで調べるとオークションにも出てた
そこまで?って思うけど需要があるんだろうなぁ。

これは頂きもの。
貴重なものをありがとう。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




カルーセルエルドラド
105年の歴史あるメリーゴーランド

まだまだ、しっかり動いてるけど
回転が早い気もする。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




雲海がウリなのに残念
雲海は遠くに渦巻いているのが見える
でも気持ち良い朝です

静かだなぁ
静かだ…

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )