本が好き♪図書館ブログ

私立高等学校図書館からの
メッセージ&日常のあれこれ

高校図書館ブログへようこそ!

Welcome to Honichi Library Blog♪ 私立高校図書館ブログへようこそ! 司書教諭の私が、学校のこと、図書館のこと、本のこと、その他日常の生活・・・etc・・・ 気ままに綴っております。 お気軽にコメントくださいね。

Bunkamuraでの一日

2011-05-06 | 映画
連休中のある日、渋谷のBunkamuraで一日を過ごしました。

ここは、コンサートホール・舞台・美術展・映画館のある複合文化施設、
今までも、いろいろ見に来ました。
今回は、楽しみにしていた映画と美術展へ。

まずは、映画館のチケットを買ってから(いきなり!)早めのランチ♪
Bunkamura内の「ドゥ マゴ パリ」へ。

フランス パリのサンジェルマン・デ・プレの中心にあり多くの芸術家に愛された老舗カフェ、
その海外業務提携店です。
地下1階から6階までの吹き抜けにあるオープンテラスなので、のびやかな雰囲気~。
ここはコーヒーがポットで出てきます。

まずはル・シネマで「ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路」フランス映画です。
音楽家のヴォルフガング・モーツァルトには
マリア・アンナ・モーツァルト、愛称ナンネルという姉がいました。
彼女もまた弟と一緒にヨーロッパ各地を回り、
宮廷や音楽会では姉弟で演奏し賞賛を浴びていたのです。
でも、その時代の女性には「芸術家」としての地位はありえなく、
結局は豊かな才能と情熱を開花させることなく一生を終えてしまいます。

どこの国も同じですね・・・

次はザ・ミュージアムで「フェルメール 《地理学者》 と オランダ・フランドル絵画展」♪



本当は3月の特別公開日に行けるはずだったのですが、震災の影響で中止に・・・
でも、どうしても見たくて行って来ました!
フェルメールの絵は1点だけですが、綺麗な色遣いと光に魅了されました。
その他はフランドル地方の絵画ですが、フランドルといえばベルギー・オランダ・ルクセンブルグです。
ベルギーの風景、懐かしいなぁ。。。

その後、隣接している東急百貨店本店の美術画廊へ。


Bunkamuraとのコラボなのか「オランダ・ベルギーのリアリズム絵画展」でした。

デパートの画廊、良く見に行きます。
絶対に買い(え)ませんが、無料で著名な画家や陶芸家の作品を見ることができます。

帰りに東武池袋店に寄ったら、ナント「藤田嗣治作品展」をやっていました!ワーイ♪



パリで画家として認められフランス政府よりレジオン・ドヌール勲章まで授与されたレオナール・フジタ。
版画、リトグラフが多かったですが、ポスターに落書きしたものや油彩もありました!
ピカソ、シャガールの作品も売っていましたが、フジタの絵の方が高いものもありました!!
(この辺なら小さな家が建つぐらい!!)
猫のリトグラフ、家にあったらいいなぁ~~~♪
コメント (2)   トラックバック (1)

映画 「英国王のスピーチ」

2011-05-04 | 映画
映画を観に行って来ました。
何を見ようかと迷って、アカデミー賞受賞の「英国王のスピーチ」に。
最近、ちょっとイギリスづいています。

先週、イギリスのロイヤルウェディングがありました。
祝日だったので私も見ていましたが、全世界で20億人がTV等で見たそうです!
それに向けてなのか、
先週はNHK BSプレミアムでイギリス王室関連の映画を連日放映していて、
夜遅くまで楽しみました♪

「エリザベス・ゴールデンエイジ」
「Queen Victoria 至上の恋」
「クイーン」

以前に見た映画も思い出しました。

「ブーリン家の姉妹」
「恋に落ちたシェークスピア」

今日映画を見るとしたら、ここはやっぱりイギリス王室でしょう!
ということで、アカデミー賞受賞というのが何となく胡散臭かったのですが行って来ました。
祝日で、レディスデイ(水曜日)ということもあってか驚いたことにほぼ満員でした。
ビックリ!

ストーリーは、現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記です。
きつ音障害を抱えた内気なジョージ6世が、言語療法士の助けを借りて障害を克服し、
第2次世界大戦開戦にあたって
国民を勇気づける見事なスピーチを披露して人心を得るまでが描かれています。

王室に生まれたからといって、
みんながスピーチ上手だったり王にふさわしいとは限らないのですね。
兄のエドワード8世は国王であった父亡き後、王として即位しますが、
アメリカ人女性との結婚のためにすぐに王座を弟に譲ってしまいます。
(「王座をかけた恋」と呼ばれています。)

言語療法士と王妃の励ましや訓練、信頼と友情によって、
ジョージ6世は吃音を少しずつ克服していきます。
悩んだり、苛立ったり、苦しんだり、喜んだりする等身大の王にとても好感が持てます。
そして、親身になって訓練する言語療法士が、温かくてとてもいいです。
最後のスピーチの時には心の中で思わず「頑張って!!」と応援してしまいました。

小説が原作の映画も、今放映中です。
「阪急電車」
「八日目の蝉」
「まほろ駅前多田便利軒」
もうすぐ「プリンセス トヨトミ」も。
これらの小説すべて読んでいてどれも面白かったですが、映画はどうかなぁ~?
コメント (2)

ひと足早く

2011-05-01 | 美味しいもの
実家の母に、母の日のプレゼントを持って行きました。
写真はプレゼントのお花「サンパラソル」、色はミルキーピンク♪

あまり見かけない花だと、とても喜んでくれました。

実家へ行く途中、ショッピングセンターに寄ったら人だかりが出来ていました。
お笑いの「響」のライブだそうです。

人混みの中に紛れ込んで、写真を撮りましたー!

私は二人姉妹の長女ですが、私も妹も結婚して家を出てしまったので、
実家の両親は二人だけで暮らしています。
震災の後、母の調子があまり良くなく心配していましたが、
綺麗な花のおかげか今日はとっても元気でホッとしました。
良かったよかった♪

お食事にも行って来ました。
今日は日本料理。。。またまたお腹いっぱいです!




コメント (4)