本が好き♪図書館ブログ

私立高等学校図書館からの
メッセージ&日常のあれこれ

性教育講演会

2019-05-28 | 学校のこと
昨日の全校HR時間である「響生の時間」に、産婦人科医である遠見才希子先生から
「自分と相手を大切にするって?~えんみちゃんからのメッセージ~」と題して性教育の講演をいただきました。
先生のブログでも紹介されていました!

とても暑い中、性感染症や若年期における性行為のリスク等をわかりやすく、又ユーモアたっぷりでお話いただき、
私は聴きにいかなかったのですが、生徒や同僚から「とても良かった!!」と聞いて行けばよかったと残念に思いました。
ご著書『ひとりじゃない 自分の心とからだを大切にするって?』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
をご寄贈していただいたそうで、装備する前にちょっと読ませていただきました!

小さな頃から現在に至るまでのご自身のことが赤裸々に、飾りのない文章で書かれています。
その中で、望まない性行為をしてしまう女性がいかに多いかに衝撃を受け、
ただ大人の代わりに正しい知識を説明するだけでは、聞く人の心を動かせないことに気づきます。
自分や友人の経験談などを本音で語る‘もっと気軽に楽しくまじめに性を考える場’を作ることを決意し、
“えんみちゃん”のニックネームで、2006年より単独での講演活動をスタートさせます。

日本では話題にしにくいことに、ズバッと切り込んでいくのが若者の共感を呼ぶのでしょう。
こんなふうに話してくれる大人はいなかった、という感想がとても多いようです。

この本の大きな帯に書かれている文章に、えんみちゃんの言いたいことが凝縮しています。
「男の子は女の子を大切にしてほしい。
そして、女の子は、まず自分を大切にしてほしい。
これから先は、無関心な恋愛やセックスで傷ついたり、傷つけられたりすることは、
もうしないでほしい。」

命はこの世界で誰もがたった一つだけ持つかけがえのないもの。
今日も、衝撃的で猟奇的な事件が起こり、
家庭を持つ優しいパパと、これから限りない将来が拡がっていた女の子の命が、突然絶たれました。
悲しみとやりきれない思いでいっぱいです。
コメント   この記事についてブログを書く
« 朝井リョウ 著 『死にがいを... | トップ | 水無月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿