本が好き♪図書館ブログ

私立高等学校図書館からの
メッセージ&日常のあれこれ

第161回芥川賞・直木賞候補作発表

2019-06-18 | 図書館
一昨日、第161回芥川賞・直木賞候補作が発表されました。

■第161回芥川龍之介賞 候補作(掲載誌)※作者五十音順

今村 夏子 『むらさきのスカートの女』(小説トリッパー 春号)
高山 羽根子『カム・ギャザー・ラウンド・ピープル』(すばる 5月号)
古市 憲寿 『百の夜は跳ねて』(新潮 6月)
古川 真人 『ラッコの家』(文學界 1月号)
李 琴峰  『五つ数えれば三日月が』(文學界 6月号)

3度目の芥川賞ノミネートとなった今村さんと古川さん、2度目の高山さんと古市さん、
李さんは初めて候補に選ばれました。
前回受賞を逃した社会学者の古市憲寿さん、今回は少しおとなしめに発表を待つようです。

■第161回直木三十五賞 候補作(出版社)

朝倉 かすみ『平場の月』(光文社)
大島 真寿美『渦 妹背山婦女庭訓 魂結』(文藝春秋)
窪 美澄  『トリニティ』(新潮社)
澤田 瞳子 『落花』(中央公論新社)
原田 マハ 『美しき愚かものたちのタブロー』(文藝春秋)
柚木 麻子 『マジカルグランマ』(朝日新聞出版)

5度目の直木賞ノミネートとなった柚木さん、4度目の原田さん、3度目の澤田さん、
2度目の大島さん、窪さん、初ノミネートの朝倉さんと、
私も良く読んでいる30代から50代の人気女性作家ばかり6名のノミネートとなりました。
これは直木賞84年の歴史で初めてのことだそうです!
今度こそ、柚木さんか原田さんの受賞なるか?!注目されます。

先週たまたま借りた作品がまさに候補作の1冊、朝倉かすみ『平場の月』(光文社)
まだ途中ですが、分別ある大人の恋愛感情や友情、命への想いが切なく胸に迫ります。
その他の直木賞候補を早速図書館に予約しました。
受賞作は本校図書館に入れます♪
コメント   この記事についてブログを書く
« クリムト | トップ | チコちゃん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿