本が好き♪図書館ブログ

私立高等学校図書館からの
メッセージ&日常のあれこれ

読書週間

2019-10-30 | 本の紹介
10月27日~11月9日(文化の日を中心にした2週間)は「読書週間」
本校図書館にもポスターを貼りました。
標語とポスターは毎年公募され、最優秀賞がこのポスターになります。
今年の標語は「おかえり、栞の場所で待ってるよ」秋らしくホッとするようなポスターです。

〈作者のことば〉
標語:「日々の時間と環境は、時には私を置いて行ってしまうほど早く過ぎ去ってしまうときもあるけれど、
ほっと開いた本の世界は、私の帰りを待ってから進んでくれる…
一人暮らしをはじめて、昔以上に本が好きになりました。」

ポスター:「常になにかに追われる毎日、疲れちゃいますね。
その中でいつも待っていてくれるのが本です。
開いてあげれば、笑わせにきたり、泣かせにきたり、さまざまな感情に連れていってくれます。
そんな本のことが、私は好きです。」

日常から読みかけの本の世界へ戻る時に、手掛かりにするのが栞、
そうか、栞は自分を待っていてくれたのだ、と改めて気づかされました。

読書週間に合わせて、様々な団体等から高校生向け「おススメ本」のリーフレットも届きます。
読売新聞 中高生新聞より「君に贈る本大賞」(キミ本大賞)は、
全国の中学・高校の先生たちが生徒に読んでもらいたい本を投票して決めています。
第5回目となる今年のテーマは「友達とは?」。

・大賞 『友だち幻想 人と人の<つながり>を考える』 菅野仁(筑摩書房)
・2位 『きみの友だち』 重松清(新潮社)
・3位 『友情』 武者小路実篤
・4位 『走れメロス』 太宰治 
・5位 『かがみの孤城』 辻村深月(ポプラ社)

新旧の名作が選ばれました。
思春期は、友達関係の中で一日を過ごす、難しい時期でもあります。
小説の中に悩みを解決する糸口があるかもしれませんので、本の世界へ行ってみるのも良いことです。

明日は、延期になっていた本校第一回目の体育祭!(今まではスポーツ大会でした。)
天気も良さそうなので、ご都合の付く保護者の皆様も是非おいで下さい。
コメント   この記事についてブログを書く
« 映画 『蜜蜂と遠雷』 | トップ | 奥田英朗 著 『罪の轍』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿