本が好き♪図書館ブログ

私立高等学校図書館からの
メッセージ&日常のあれこれ

2018サッカーワールドカップ

2018-06-25 | いろいろ
ロシアで開催中のサッカーワールドカップ、予選リーグ第1戦のコロンビア戦に勝利し、
昨夜第2戦のセネガル戦では引き分けるという予想以上の好成績に日本が沸いています!
「オッサンズイレブン」などと言われ、注目度も関心もあまり集めていませんでしたが、
日本代表選手たちの頑張りに元気をもらい、皆が明るい表情で話題にしています。
私も当初はあまり気に留めてはいませんでしたが、昨夜は試合終了までTV観戦してしまいました!

出場チームの中で、日本は選手の平均年齢が最高齢なのだそうで、
日ごろ大してサッカーを見ていない私でもわかる、前回も出場した選手がたくさんいます。
埼玉県からは、西野朗監督がさいたま市出身、浦和西高卒業であるのを筆頭に、
埼玉県熊谷市出身で元浦和レッズの原口元気選手(ハノーファー96)、
さいたま市出身で浦和東高卒業の川島永嗣選手(メッス)、浦和レッズの槙野智章選手と遠藤航選手と、
4人が選ばれています。

この中で、ずっと注目していたのは原口元気選手!
私は小学校を3つ変わっているのですが、原口選手はその中のひとつの小学校出身です!!
なんと後輩!?(しかも応援団の自治会長は親戚の方…)
そして、我が息子がスポーツ少年団でサッカーをやっていた時、
原口選手と練習試合で一緒になりました。
その時、息子たちチームは全員6年生、全国レベルの相手チームの中に4年生の原口選手が!
4年生ながら抜群に上手と全国的に有名で、4年生の原口選手に6年生チームはメタメタにやられました。
小学生の頃から本当に凄かった!6年生の時には所属チームが全国優勝していました。
流行語になっている「大迫ハンパねぇ!」の言葉の通りに、
選手たちは皆、小さい頃から今までずっと日本の中でもピカイチだった選手たちなのですね。

木曜日のポーランド戦、ここまで来たら予選リーグ突破を期待しちゃいます!
日本の代表として世界で戦っている選手たちに、熱いエールを送りたいです。
コメント   この記事についてブログを書く
« 古事記を学ぶ 第2回 | トップ | 小田和正 ツアー2018 ENCORE!!  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿