本が好き♪図書館ブログ

私立高等学校図書館からの
メッセージ&日常のあれこれ

浸水!川の博物館

2019-10-17 | いろいろ
日を追うごとに台風19号による被害が明らかになり、まだ被害の全容はわからない感じです。
昨日の新聞で、寄居町の県立川の博物館も大きな被害を受けたことを知りました。

そこへは、8月に孫と一緒に遊びに行ったばかり。
この博物館は「埼玉の母なる川-荒川-を中心とする河川や水と人々のくらしとのかかわり」を、
様々な体験学習をとおして理解する「楽しみながら学べる体験型博物館」です。
誰でも水に親しみながら憩い、楽しく治水と川の利用を学べる博物館なのですが、
皮肉なことに、すぐそばを流れるその荒川の増水で広範囲に浸水してしまったそうです。

子どもたちが水を使って楽しく遊べる「荒川わくわくランド」や「荒川大模型173」「水車小屋広場」
「渓流魚の観察ルーム」駐車場、など屋外のすべてが水没し、土砂や流木で覆われてしまったそうです。
最高水位は普段の水面から7~8メートル上まで達し、高台にある本館のすぐ下まで水が迫ったとのこと!

夏に行ったときには、こんなに楽しく遊べたのに・・・
 

7月に完成したばかりの、木製水車としては日本一の大きさ直径24.2mの大水車本体は無事でしたが、
ポンプ室が水没して動かなくなっているそうで、当分の間、臨時閉館とのこと。
大きな川の決壊は詳細に報道されていますが、
このように報道しきれない越水・冠水・浸水被害はたくさんあるのでしょうね。
広い地域にわたって100名近くが亡くなったり行方不明になっている、辛く厳しい現実です。
とともに、都心の被害はあまり聞かれず、やはり首都は厳重に守られているのだなと思いました。

校地のキンモクセイが満開、甘い香りを漂わせています。
彼岸花と同じように、今年は開花がとても遅かった・・・自然世界に「例年通り」はないのですね。
 
コメント   この記事についてブログを書く
« 新井紀子 著 『AIに負けない... | トップ | 初誕生日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿