本が好き♪図書館ブログ

私立高等学校図書館からの
メッセージ&日常のあれこれ

卒業式の歌

2010-03-25 | いろいろ
昨日、地元の小学校の卒業式に地域の役員として出席してきました。
先々週の土曜日は、中学校の卒業式へ。
いずれも、厳粛で感動的なとても良い卒業式でした。

二つの卒業式で卒業生が歌ったのが偶然にも同じ歌で、
いきものがかりの「YELL」(エール)。
子どもたちの歌を聞きながらあらためてじっくり歌詞を味わいましたが、
とてもいい曲ですね。
年配の来賓の方の中には
「いきものがかりって何の係り?」とおっしゃっている方もいらっしゃいましたが。。。
卒業式に歌われる歌も、時代の変遷とともに変わってきたなぁと思います。
「蛍の光」や「仰げば尊し」が歌われることはあまりないのでしょうね。
歌詞が文語のため意味がわかりづらく、気持ちを込めにくいのもあるかもしれません。
保護者の方でさえ、年代的に歌わなかったという方もいらっしゃるかも。

「卒業写真」「贈る言葉」「卒業」「BELIEVE」「さくら」・・・etc・・・
皆さんは卒業式に何を歌いましたか?
秩父の中学校の先生方が作った「旅立ちの日に」は全国的に広く歌われるようになりましたね。
13日の中学校の卒業式では、全校生徒で歌っていました。

いきものがかりの「YELL」が今年多く歌われたのには、
もう一つ理由があったようです。
それは、今年度のNHK全国学校音楽コンクール中学校の部 課題曲だったということです。
昨年度は、アンジェラ・アキの「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」でした。
高校時代、音楽部に所属していた私は、
このNHKコンクール入賞を音楽部の皆で目指して連日ハードな練習や合宿をし、
3年生の時に埼玉県で2位になりました。
大変なコンクールです!
その仲間との同窓会は3年おきにずっと続いています。

動画に歌詞が付いていたので、聴きたい方はこちらをどうぞ。
「YELL(エール)」コンクール用の混声三部合唱です。



本校の卒業生にも、小中学校の卒業生にも「頑張って夢へ飛ぼう!!」とエールを送ります!
コメント   この記事についてブログを書く
« ダン・ブラウン著 『ロスト・... | トップ | 検査 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿