本が好き♪図書館ブログ

私立高等学校図書館からの
メッセージ&日常のあれこれ

映画 『翔んで埼玉』

2019-03-04 | 映画
話題を呼んでいる映画『翔んで埼玉』観てきました。
いつもの近隣の映画館に入った途端、大キャンペーン中で、老若男女大変な人の入りでした!

生まれも育ちも、小・中・高・大学も、就職も住居もずっと埼玉県である私の埼玉愛、
以前の記事はこちらですが、この映画もとても面白くて楽しかったです♪
県北の方言や銘菓のCMキャッチコピー、名産を使っての踏み絵、大宮と浦和の確執、等、
県民にとっては笑いどころが満載で、映画館はクスクス笑いでいっぱいでした。
大真面目な茶番映画、埼玉ディスリ映画を笑い飛ばしてしまうのが埼玉県民、
大らかでこだわりがなく、別に埼玉が一番じゃなくてもちっとも構わないのです。
2月22日の初日には地元「埼玉新聞」が1面表裏を使っての特別号を出し、
 
協賛企業が「埼玉県民が愛する“高級野菜の種”」を上映館で配布するなど県は歓迎一色♪

原作となる30年前の復刻マンガ 魔夜峰央『翔んで埼玉』は売上55万部以上となり、
2月23日~2月24日の全国映画動員ランキングでは第1位だったそうです。
また、今日の「関東住みたい街ランキング2019」では第4位大宮、第8位浦和と大躍進♪
でもきっと埼玉県民は「だから何?別にどうでもいいけど。」と言いそうです。
一年を通して天気が良く、都心・TDL・軽井沢・横浜へ日帰りで行け、天災が少なく安全、
住むにはとても良いところ、なので全国5位の人口なのでしょう。
(せめて我が家が、もうちょっと県南だったら・・・駅に近かったら・・・)

昨日は五節句の内の、上巳の節句(桃の節句)でしたね。
我が家はタペストリーと「歳時記シリーズ」の飾り皿を出すにとどめました。(簡単!)
 
それでも、お菓子はしっかりいただきました。
桜餅といえば、やっぱりこの薄皮タイプが好き♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 古市憲寿 著 『平成くん、さ... | トップ | 樹木希林 著 『一切なりゆき ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿