本が好き♪図書館ブログ

私立高等学校図書館からの
メッセージ&日常のあれこれ

水無月

2019-06-01 | ブルーベリー
6月になりました。
2019年になってから5ヶ月、令和になってから1ヶ月が過ぎ、あまりの早さにちょっと慌てています。

我が家のブルーベリーが、この1週間でこんなに熟しているものがあり、
畑をすべて廻ってこれだけの初物のブルーベリーが採れました。
1年ぶりのフレッシュブルーベリーは、上品な甘さで何と美味しいこと!!
この初物の貴重なブルーベリーは、ブルーベリー大大大好きな2歳のチビ姫に送ってあげましょう♪
 
でも、ほとんどの実はまだこんな状態なので、お客さんはまだまだ呼べません。

我が家の庭の紅いバラが、今年はとても綺麗です。
 
この地では、やっと田植えが始まったところ、季節の移り変わりを感じます。

先月の読書は以下の8冊、控えようと思っても読書は進み、やろうと思う運動は進まず・・・

・『日本人と日本文化-対談』 司馬遼太郎 ドナルド・キーン 中央公論社
・『この川のむこうに君がいる』 濱野京子 理論社
・『続 横道世之介』 吉田修一 中央公論新社
・『傲慢と善良』 辻村深月 朝日新聞出版
・『鹿の王 水底の橋』 上橋菜穂子 KADOKAWA
・『死にがいを求めて生きているの』 朝井リョウ 中央公論新社
・『ひとりじゃない 自分の心とからだを大切にするって?』 遠見才希子 ディスカバー21
・『遺伝子はダメなあなたを愛してる』 福岡伸一 朝日新聞出版

すでに紹介済みの作品も多いですが、この夏に講演会へ行く予定の福岡伸一さんの本も面白かったです!
家庭や職場など、日常生活で生じるさまざまな疑問と悩み、その解答を生物学者の著者に聞いてみたらー?
平明で優しい文章から温かい人柄を感じ、上品なユーモアと深みのある考察から生き物への愛情が感じられました。
コメント   この記事についてブログを書く
« 性教育講演会 | トップ | 伊勢正三 LIVE2019 ~Re-born~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿