本が好き♪図書館ブログ

私立高等学校図書館からの
メッセージ&日常のあれこれ

高校図書館ブログへようこそ!

Welcome to Honichi Library Blog♪ 私立高校図書館ブログへようこそ! 司書教諭の私が、学校のこと、図書館のこと、本のこと、その他日常の生活・・・etc・・・ 気ままに綴っております。 お気軽にコメントくださいね。

松方コレクション展

2019-07-25 | アート
夏休みのお楽しみ第二弾は上野の国立西洋美術館で開催中の「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」、
直木賞候補作となった原田マハ著『美しき愚かものたちのタブロー』を読み終えて以来、この日を楽しみにしていました♪

友人と待ち合わせて、いざ展覧会へ。
作品の展示方法として、一般的な展覧会は年代順やテーマ順に作品を展示しますが、
それとは少し違い、松方氏がコレクションした国順、画廊ごとになっていました。

松方コレクションの一部は常設展でいつも見ることが出来ますが、
今回楽しみにしていたのは、散逸してしまった作品や返還してもらえなかった作品がコレクションと並ぶこと。
オルセー美術館に残されてたゴッホの「アルルの寝室」、ゴーガンの「扇のある静物」、
セザンヌの「調理台の上のポットと瓶」、バーゼル美術館のマティス「長椅子に座る女」、
ベルン美術館のマネの「嵐の海」、等、世界でも一流の作品ばかりです。
また、「これがミレーの作品?」と思うような一般的に知られる作風以外のものもあり、
確かな作品をコレクションしていたことが良くわかります。

また、2016年にパリ・ルーヴル美術館で発見され、国立西洋美術館に寄贈されたことで大きな話題となった
モネ「睡蓮、柳の反映」が現存部分の修復を経て、初めて公開されるのも楽しみでした。
上半分が失われた状態で発見された作品、1年間にわたる懸命な専門家による修復にAIの力が加わり、
その一部が美しい姿となって再現され、損失してしまった部分を想像しながら見るのも楽しかったです。
半世紀を経たこの「幻の睡蓮」は、20世紀の激流を乗り越えてきた松方コレクションの象徴的存在です。

松方コレクションがたどった月日は、関東大震災、金融恐慌、第一次世界大戦、第2次世界大戦、敗戦、
と、歴史的な困難とともにありました。
購入した西洋画約2,300点のうち手元に戻ってきたのはわずか375点、
芸術を純粋に楽しめるというのは、平和で安全な社会であるということなのだとつくづく思いました。

ランチは、老舗すき焼き専門店で個室をお願いし、友人の節目の誕生日を祝いました♪
 
 
「ランチ限定 旬彩すき焼きコース」
前菜、小吸物、お造り、季節の一品、極上肩ロースと極上赤身の合盛り!、すき焼き、
食事(たれを使った玉子丼が美味)、デザート
お肉が最高に美味しかったーーー!!元気出ました!
コメント