本が好き♪図書館ブログ

私立高等学校図書館からの
メッセージ&日常のあれこれ

高校図書館ブログへようこそ!

Welcome to Honichi Library Blog♪ 私立高校図書館ブログへようこそ! 司書教諭の私が、学校のこと、図書館のこと、本のこと、その他日常の生活・・・etc・・・ 気ままに綴っております。 お気軽にコメントくださいね。

おおつごもり

2013-12-31 | 本の紹介
今年も残すところ1時間ほどとなりました。

春先に向けて例年以上に頑張った超大掃除も終わり、(自己満足の画像を載せずにはいられない!)

 

大晦日の年越し蕎麦を食べ、昨日帰省した息子&チコちゃんと紅白を見ながら過ごしております。
(と思ったら、息子は迎えに来た昔の仲間と初詣に出掛けて行きました!庭掃除に疲れた主人はとっくにzzz…。)
福山とSMAP&年越しライブが始まるまでに今年最後のブログを書いています。
審査員の岡田君をもっと映して!

今年を振り返ってみます。

一番の出来事は娘の結婚、そして息子の就職です。
その次が、12月の中学校での講演会、そして夏の終活カウンセラー合格、年明けのタイ旅行、
充実した楽しい1年でした。

今年の読書は80冊でした。
100冊に及ばなかったのは数年ぶり、実に残念です!
いろいろあって時間がなかったのもありますが、それではいけません、時間は作るもの。
最後の本は恒例の絵本で、鈴木まもる著の『おじいさんとヤマガラ~3月11日のあとで』。
先ほど、紅白の紅組司会の綾瀬はるかさんが泣きながら福島会津の皆さんに励ましの言葉を送っていました。
この作品も舞台は福島県。
3.11以降、福島の森では異変が続いています。
原発事故が起きてから、森で鳥がすくなくなったという事実をもとに、構成されています。
人間は東日本大震災による原発事故の後、逃げ出すことが出来ました。
でも、鳥は原発事故が起こったことも、木の実や水が放射線に汚染されていることも知りません。
気が付いていなかった視点から、あらためてあの日のことを思いました。

美術展など、10の展覧会に行きました。
エルグレコ、ルーベンス、など西欧の巨匠から、白隠、仙厓、会田誠、藤田嗣治、祥瑞、など和物まで。
音楽会やミュージカルは、様々な演奏会に9回行きました。
この中でも辻井伸行×アシュケナージの演奏会は素晴らしかったです!!
映画は13本、最後は「かぐや姫の物語」。

家族みんなが無事に1年過ごせたことが何より幸せなこと思っております。
来年は家族が増えます♪♪
コメント (6)