本が好き♪図書館ブログ

私立高等学校図書館からの
メッセージ&日常のあれこれ

高校図書館ブログへようこそ!

Welcome to Honichi Library Blog♪ 私立高校図書館ブログへようこそ! 司書教諭の私が、学校のこと、図書館のこと、本のこと、その他日常の生活・・・etc・・・ 気ままに綴っております。 お気軽にコメントくださいね。

コミック 『 聖☆おにいさん 』 中村光

2010-03-05 | 本の紹介
前から気になっていたコミック、ついに買ってしまいました♪

『聖(セイント)☆おにいさん 1~4』 中村光

2007年から講談社の漫画雑誌『モーニング2』で連載中で、
宝島社「このマンガがすごい! 2009」オトコ編1位、
2009年手塚治虫文化賞短編賞受賞、と評価されている作品です。

この二人は、目覚めた人ブッダ、神の子イエスなのです。
世紀末を無事に越えた二人は、東京・立川でアパートをシェアし、
下界でバカンスを過ごします。

家事全般が得意で、主婦のようにお金を気にするブッダ。
でも、漫画喫茶で漫画の神様手塚治虫が描いた自分の人生の物語『ブッダ』を読み、
感動して全巻を衝動買いしてしまいます。
ネットゲームやミクシィにはまり、衝動買いが多いイエス。
何かしらの理由で感情が高まると「奇跡」を起こし、
石をパンに、水をワインに変えてしまう。。。

作品中のネタは歴史的(伝説的?)事実に基づいていますが、
それがまた面白いのです♪
ブッダがお腹がすいたと言えば、
猫が自らお皿の上に横たわって歓びの涙を流しながら身を捧げる・・・
イエスが苦悩の顔で手を横に広げると、
天使たちが空からやってきて昇天させようとする・・・
ミカエルなどの大天使やユダなどの弟子たち、
アナンダや梵天などブッダの弟子たちも登場します♪

信者の方が見たら、不真面目で許せない部分もあるのでしょうか。
年末1週間の間に、クリスマスを祝い、寺で除夜の鐘つき、神社に初詣をするという、
日本人の無宗教ぶりがこの作品を可能にしているのかもしれませんね。
作品中では、
イエスとブッダがとても仲良しでお互いのいいところを認め合っているのですよ。
それがまた癒されます。
いろいろな宗教の信者みんながそうなればいいのに。。。
コメント (2)