lib_blog

図書室のコト、情報処理技術者試験のコト、それから小説。いろいろです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スペシャリストとジェネラリスト?

2004-05-07 | Library(MyWork)
なんでもできるジェネラリストか、何か1つのことに特化したスペシャリストか

一番いいのは質の高いジェネラリストですよね。何でもハイレベルにできる人...まぁ滅多にそういう人にはお目にかかりませんがね。

うちの図書室に必要なのはジェネラリストです。何でもそこそこできなければなりません。カウンター業務がメインですけれど、コンピュータもできなくてはいけませんし、それから神経衰弱かカルタが得意でないといけません(笑...でも笑い事じゃないです、本当なんです)そのほか雑多な仕事をこなさなくてはいけませんから。なんていっても3人で北館の2階分と部屋2つを管理しているのですからね。

お隣の生命図に必要なのはスペシャリストです。目録、雑誌、カウンター、参考調査...と掛が決まっていますから、それだけをやっていればいいわけです。シンプルでいいですね。きっと効率も良いのでしょう。

私自身がどちら向きかという話をすると、間違いなくスペシャリスト向きです。だから今の職場は若干ズレてます。目録関係のことをコンピュータを使って効率よく片付けるといった感じの業務なら完璧なんですけど(笑)。

でも、それしかできない職場よりはいろいろできる職場の方がいいですよね。以前の図書室では、いろいろな業務をこなしていました。自分が行っていた業務は雑誌と目録の一部ですが、ほかの人の仕事も見えますよね。詳しくは分からないけれど、こういうことをしてるというのは何となく分かります。よほど、無視していない限りは、です。そういうのを見ていると、業務の流れが分かりますよね。これがここからきて、こう流れて、ここへ来るとかいう感じで。この流れが分かって初めて自分の仕事の位置づけや意味づけが分かるというものです。

さて、某友人は生命図で働いております。ILL関係の事務系作業をしておるようです。でも彼女はそこしかしません。きっと非常勤だからそれ以外の職場に変わることもないのでしょう。彼女はこの書類がどのように流れてきたものかを把握することが困難です。そこにはカウンターもないし、端末とかもあまりないそうですし。

こうして書いてみるとジェネラリストの方がよいと主張しているようですが...

職場として全体が見渡せる環境で、仕事としては専門的なものができるというのが理想かしら? ある意味ではそうなっていますね。一応3人の中では、コンピュータの専門家ということになっているようですから。それほどでもないのですけれど、まぁそういうことで採用されたようなものですからね、仕方ないです。

日々スペシャリストになれるよう精進していきたいと思う今日この頃です。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実は誕生日 | トップ | おおランクイン? »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
パピバスデ\(*´∇`*)/ (´`ゝ○)
2004-05-07 11:14:09
ぼすたんぞうびオメオメ━━━(ノ>ω<)ノ :。・:*:・゜'★,。・:*:♪・゜'☆━━━!!!!一日遅れだけどスマソ( p_q)こっちのHPは毎日更新してんのね(●´д`●)ポ はぷもグーでつくろっかなぁ。。。今スキルみがいてるとこ、あは。んじゃまたきまっしゅ(´・ω・`)ノシ 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Library(MyWork)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事