lib_blog

図書室のコト、情報処理技術者試験のコト、それから小説。いろいろです。

センセ

2004-07-13 | 徒然
センセの記事に、TBです。
センセ、無口なのはCPUがトロクサイからでしょう。稼働率を100%にしても追いつけない、ただそれだけです。すぐフリーズするんです(笑)それが硬直状態なのでしょうね(笑笑)

最近は、
同じことしか聞かれない
分からないことに関しては分館に聞けばよい
電話しなくてもメルという手段がある
滅多に知らないメンバーには出くわさない
という理由から、CPUがフリーズすることはあんまりないですが。どんなアホなCPUでも、学習能力はあるんですね。

文章を書く時は、ゆっくり考えながら、「あーでもない、こーでもない」と書き直せるので、比較的きちんとしたものになるのです。
自分の考えをきちんとまとめられますしね。

だからセンセの目には賢そうな感じに見えるんですな、多分。先生方が見るのはテストの回答かレポートですからね。そーゆーのは得意なんです。

センセの前で硬直するのは、もう1つだけ理由がありますがね。
センセにはどう足掻いても勝てないから。勝てる分野がないから、っていうんですかね。センセに勝てる分野があれば、多分、1時間でも2時間でもしゃべり続けるんじゃないっすかね
センセが迷惑ですよね、それでは(笑)
そう、数少ない友達であるFやんさんとは、夜を徹しておしゃべりできるんですから。きっとできるはずです。

最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Mu)
2004-07-13 21:47:54
Libさんや

 君も人知れず、フリーズしながら、なやんでおったんですね。

 こんど、センセの前でフリーズしかかったら、お湯をかけてあげましょう。

 冬場の電池なんか、お湯をかけると蘇生するんです。

 さらに、CPUは一般に高温に弱くて、人肌が最適らしい。50度越えると暴走して、お釈迦。

 なぜ高温に弱いかは別にして、なぜ電圧をあげて高温にするのか、一席。

 つまり、トロクサイCPUも電圧を上げると、高速になる。数年前までは、CPUの規格も同一ネーミングなら、500MHZ、800、1GHZ・・・値段で1万、2万、3万の違いがあっても、全部同じ内容だったらしい。検査ですっと通ると3万円、次が2万円、なんとなくギクシャクするのが1万円というわけ。

 全部、電圧を上げると高速になる・・・

 だから、電圧をあげて、その分強制冷却する。

 (なんだか、話が収拾付かなくなってきたぞ)



 ところがな、氷点下近くになると、マシン全体が逆のことでおかしくなるらしい。作動部分が氷結するのかな?

 そんな時こそ、お湯をじゃぼじゃぼ。

 だから、フリーズ秀才も、おゆに浸けたらもとにもどるでしょう。

 以上につき、信憑性は、はなはだ……

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。